グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
酒井 敏(SAKAI Satoshi)
所属・職名
副学長
Eメールアドレス
sakai-s@u-shizuoka-ken.ac.jp
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/sakai_tb2

学歴

1980年3月 京都大学理学部卒業
1981年3月 京都大学大学院理学研究科修士課程中途退学

学位

理学博士(京都大学・1986年)

専門分野

地球流体力学

主要研究テーマ

大気・海洋の力学的構造。 現在は、フラクタル日除けの研究・開発。

所属学会

日本気象学会
日本海洋学会
日本流体力学会
日本ヒートアイランド学会
日本建築学会

主な経歴

1981年4月 京都大学教養部助手
1990年11月 京都大学教養部助教授
1992年10月 京都大学総合人間学部助教授
2003年4月 京都大学高等教育研究開発推進センター助教授
2004年4月 京都大学人間・環境学研究科助教授
2007年4月 京都大学人間・環境学研究科准教授
2009年4月 京都大学大学院人間環境学研究科教授

受賞歴

1992年 日本海洋学会岡田賞

主な社会活動

日本科学協会 笹川科学研究助成事業委員(2011年4月~)
読売新聞 日本学生科学賞中央審査委員(2007年4月~)

主要研究業績

  1. M. onishi, I. Iizawa, K. Umetani, A. Ito, A. Yjima, K. Ono, N. Amemura and S. Sakai Local Effective Thermal Inertia Estimated by Cloud Appearance SOLA, 13, 59-62(2017)
  2. Iizawa, K. Umetani, A. Ito, A. Yajima, K. Ono, N. Amemura, M. Onishi and S. Sakaii Time Evolution of an Urban Heat Island from High-Density Observations in Kyoto City SOLA, 12, 51-54(2016)
  3. S. Sakai; M. Nakamura; K. Furuya; N. Amemura; M. Onishi; I. Iizawa; J. Nakata; K. Yamaji; R. Asano; K. Tamotsu Sierpinski's forest: New technology of cool roof with fractal shapes Energy and Buildings, 55, 28-34(2012)
  4. 中村 美紀, 酒井 敏, 大西 将徳, 古屋 姫美愛 フラクタル日除けによる放射環境改善効果 日本ヒートアイランド学会論文集, vol.6, 8-15. (2011)
  5. Onishi, Masanori; Sakai, Satoshi; Iizawa, Isao Annual and Diurnal Wind Variations Originating from Japanese Islands SOLA, 6, 105-108 (2010)
  6. 酒井敏,中村美紀,大西将徳,飯澤功,古屋姫美愛 「フラクタル日除け樹木の形に学ぶ新発想のヒートアイランド対策」 『日本ヒートアイランド学会誌』5 、17-22 頁 (2010)
  7. 酒井 敏, 梅谷 和弘,飯澤 功, 伊藤 文, 小野 耕作, 矢島 新, 飴村 尚起, 森永 修司 都市熱環境観測システムの開発研究 天気, 56, 5, 337-351 (2009)
  8. S. Sakai; A. Ito; K. Umetani; I. IIzawa; M. Onishi A practical pyrgeometer using the representative angle Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, 26, 3, 647-655 (2009)
  9. Sakai,S., M. Onishi, M. Nakamura, I. Iizawa, H. Tsuiki, N. Nomura, and M. Mitsunaga Fractal dimension of trees and turbulent transfer of heat and moisture. Turbulence, Heat and Mass Transfer 6, K. Hanjalic, Y. Nagano and S. Jakirlic (Ed.) . 881-884 (2009)
  10. 酒井敏 「ヒートアイランド対策技術・シェルピンスキーの森」 『環境浄化技術』 8 (2 )、20-23 頁 (2009) 
  11. 大西将徳;酒井敏 発生源近傍のSPM,CO濃度に及ぼすバックグラウンド濃度の影響 エアロゾル研究, 22, 1, 35-40 (2007)
  12. 梅谷和弘, 酒井敏 局地気象観測のための微気圧計の応用 天気, vol.54, no.3 215-224 (2007)
  13. 酒井敏;飯澤功;梅谷和弘 新世紀型理数科系教育の展開研究 II 手作りの測機で身近な気象を観測し新事実に挑む参加型科学プロジェクト―素朴な科学への挑戦― 化学と教育, 54, 6, 322-325 (2006)
  14. T. Saito, S. Sakai, I. Iizawa, E. Suda, K. Umetani, K. Kaneko, Y. Furukawa, and T. Ohkura A new technique of radiation thermometry using a consumer digital camcorder: Observations of red glow at Aso volcano, Japan EPS, 57, 12, e5-8 (2005)
  15. 酒井 敏 天気予報とカオス (<特集II>生活と自然現象の予測) 人間文化 : humanities and sciences : H&S, 18, 23-26 (2004)
  16. 酒井 敏 回転系の浅水波方程式系における Rossby波とKelvin波の変換 Nagare Multimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/2004/sakai/, 23, 6, 471-472 (2004)
  17. 郡司 博, 石井 秀樹, 斎藤 亜矢, 酒井 敏 ミルククラウンに関する研究 Nagare Multimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/2003/gunji/, 22, 6, 499-500 (2003)
  18. 鎌田浩毅;須田恵理子;斎藤武士;飯沢功;酒井敏 Rock Mechanics. Experimental Analysis for Transporting Mechanism of Debris Avalanches Associated with Volcanic Edifice Collapse and Application for Geological Deposits. 材料, 51, 2, 168-175 (2002)
  19. 須田恵理子, 鎌田浩毅, 飯沢功, 齋藤武士, 酒井敏 セント・へレンズ火山1980年岩屑なだれおよび御嶽火山1984年岩屑なだれへの動圧モデルの適用 火山,vol.47,1-7 (2002)
  20. 須田恵理子,鎌田浩毅,斎藤武士,飯澤功,酒井敏 「セント・ベレンス火山 1980 年岩屑なだれ及び御獄火山1984 年岩屑なだれへの動圧モデルの適用」火山 vol.47 、1-7 頁 (2002)
  21. H. Kamata; E. Suda; T. Saito; I. Iizawa; S. Sakai Experimental analysis for transporting mechanism of debris avalanches associated with volcanic edifice collapse and application for geological deposits Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan, 51, 2, 168-175 (2002)
  22. 川口彰範, 酒井敏 温度依存性粘性率をもつ流体の一次元流れ ―負性抵抗をもつ流れの安定性解析― Nagare Multimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/2001/kawaguti/, 20, 6, 509-510 (2001)
  23. I. Iizawa, S. Sakai, E. Suda, T. Saito, H. Kamata Measurement of Friction Coefficient on a Powder Layer and Fluid Dynamic Study., Nagare Multimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/99/iizawa/ (1999)
  24. N. Otobe, S. Sakai, S. Yoden and M. Shiotani Visualization and WKB analysis of the internal gravity wave in the QBO experiment. Nagare Multimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/98/otobe/ (1998)
  25. Sakai, S The horizontal scale of rotating convection in the geostrophic regime JOURNAL OF FLUID MECHANICS, 333, 85-95 (1997)
  26. 野沢徹, 酒井敏, 余田成男 傾斜対流実験のフラクタル次元解析 天気, 40, 11, 843-853 (1993)
  27. KOBAYASHI, S; SAKAI, S BAROTROPIC UNSTABLE MODES IN ZONAL AND MERIDIONAL CHANNEL ON THE BETA-PLANE GEOPHYSICAL AND ASTROPHYSICAL FLUID DYNAMICS, 71, 1-4, 73-103 (1993)
  28. 酒井敏 モアレ法による内部重力波の可視化 可視化情報学会誌, 10, 38, 203-206 (1990)
  29. 酒井敏 エクマンらせん ながれ, 8, 4, 301-310 (1989)
  30. SAKAI, S ROSSBY-KELVIN INSTABILITY - A NEW TYPE OF AGEOSTROPHIC INSTABILITY CAUSED BY A RESONANCE BETWEEN ROSSBY WAVES AND GRAVITY-WAVES JOURNAL OF FLUID MECHANICS, 202, 149-176 (1989)
  31. 市川 香, 根田 昌典, 酒井 敏 数値計算における誤差の再検討 京都大学教養部地学報告, 29-34 (1988)
  32. SAKAI, S VORTEX FLOW REGIME IN AN INFLOW-OUTFLOW MODEL AT MIDLATITUDE DEEP-SEA RESEARCH PART A-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS, 33, 8, 1107-1125 (1986)
  33. SAKAI, S BIFURCATION OF BAROTROPIC FLOW AND HOMOGENIZATION OF POTENTIAL VORTICITY IN A ROTATING LABORATORY MODEL PROGRESS IN OCEANOGRAPHY, 17, 3-4, 389-399 (1986)
  34. S. Sakai Possible flow regimes for a flow driven by a prescribed inflow and outflow in a circular basin with reference to the Tsushima current and the Kuroshio. Ocean Hydrodynamics of the Japan and East China Seas, 155-165, Elsevier (1984)
  35. S. Sakai and S. Imawaki Thermal oscillation induced by an interaction between sea ice and ocean in a numerical polar ice-ocean model Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue, 24, 246-254 (1982)
  36. S. Sakai and S. Imawaki Fourier Filtering in a Barotropic Polar Ocean Model Memoirs of National Institute of Polar Research. Special issue, 19, 118-125 (1981)
  37. S. Sakai and S. Imawaki Notes on linear and nonlinear barotropic flows in a polar circular basin J. Oceanogr. Soc. Japan, vol.37, no.5, 287-293, 37, 5, 287-293 (1981)
  38. 酒井敏, 今脇資郎  円形海におけるロスビーホロウィッツ波 九十九地学, no.15, 19-26 (1980)

モバイル表示

PC表示