グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
紅林 佑希(KUREBAYASHI Yuuki)
出生年月
1986年9月
所属・職名
薬学部薬学科(生化学分野) 助教
薬学研究院(生化学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5720
部屋番号
薬学部棟6408号室
Eメールアドレス
kurebayashi@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/biochem/intro.html
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_004.pdf

学歴

2009年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
2011年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程薬学専攻修了
2016年3月 静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府博士後期課程薬食生命科学専攻修了

学位

博士(生命薬科学)(静岡県立大学・2016年)

専門分野

ウイルス学、生化学、糖鎖生物学

担当科目

生物系薬学実習Ⅰ、基礎薬学・医用工学実習、科学演習、生化学特論、糖鎖生化学特論

主要研究テーマ

  • 糖鎖関連ウイルスタンパク質の機能解析
  • 糖鎖を介したウイルス-宿主細胞相互作用の解析
  • 糖構造を利用したウイルス検出試薬の開発
  • 細胞表面における糖鎖分子の発現機構と生理的意義の解析

所属学会

日本薬学会
日本ウイルス学会
日本糖質学会
日本生化学会

主な経歴

2013年4月 静岡県環境衛生科学研究所 技師
2016年4月 静岡県立大学薬学部 客員研究員
2016年5月 静岡県立大学薬学部 助教
2019年4月~2020年3月 米国ロチェスター大学医学部 Visiting Postdoctoral Fellow

受賞歴

2014年 第13回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2014 優秀発表者賞
2014年 第19回静岡健康・長寿学術フォーラム ポスター賞
2015年 第51回静岡県公衆衛生研究会 優秀演題賞
2015年 糖鎖科学中部拠点 2014年度 奨励賞
2015年 日本薬学会第135年会 優秀発表賞
2015年 第61回日本薬学会東海支部大会 学生優秀発表賞
2015年 第14回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2015 優秀発表者賞
2015年 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015 ベストプレゼン賞
2015年 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会BMB2015 若手優秀発表者賞
2016年 静岡県立大学大学院 学長賞
2016年 静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府 優秀賞
2016年 日本薬学会第136年会 優秀発表賞
2016年 第18回日本感染症医薬品協会奨励賞
2018年 平成29年度コニカミノルタ画像科学奨励賞
2018年 日本糖質学会第20回ポスター賞
2018年 静岡県立大学学長表彰

主な社会活動

2017年 第31回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム 実行委員
2018年 糖鎖科学中部拠点 第15回「若手の力」フォーラム 実行委員
2019年 第18回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2019 実行委員

主要研究業績

○学術論文
  1. The sialidase inhibitor 2,3-dehydro-2-deoxy-N-acetylneuraminic acid is a glucose-dependent potentiator of insulin secretion. Sci Rep. In press.
  2. Green tea catechins adsorbed on the murine pharyngeal mucosa reduce influenza A virus infection. J Funct Foods. In press.
  3. Mitigation of Memory Impairment in Ovariectomized Rats Using Garlic Powder Treated with Subcritical Water. Biol Pharm Bull. 43(3), 546-549 (2020)
  4. Controlled Synthesis of Glycopolymers with Pendant Complex-Type Sialylglycopeptides and Their Binding Affinity with a Lectin and an Influenza Virus. Polym. Chem. 10, 5124-5130 (2019)
  5. Fluorogenic Probes for Accurate in Situ Imaging of Viral and Mammalian Sialidases. ACS Chem Biol. 14(6), 1195-1204. (2019)
  6. 新規蛍光基質を用いた抗インフルエンザ薬耐性株の検出法の検討. 臨床とウイルス. 47(1), 77-82 (2019)
  7. A I131V substitution in the fusion glycoprotein of human parainfluenza virus type 1 enhances syncytium formation and virus growth. Biol Pharm Bull. 42(5):827-832 (2019)
  8. Down-regulation of glutamate release from hippocampal neurons by sialidase. J Biochem. 163(4), 273-280 (2018)
  9. An easy, rapid, and sensitive method for detection of drug-resistant influenza virus by using a sialidase fluorescent imaging probe, BTP3-Neu5Ac. PLoS ONE 13(7), e0200761 (2018)
  10. An α2,3-linked sialylglycopolymer as a multivalent glycoligand against avian and human influenza viruses. J Appl Glycosci. 64, 43-48 (2017)
  11. Substrate specificity of equine and human influenza A virus sialidase to molecular species of sialic acid. Biol. Pharm. Bull. 39, 1728-1733 (2016)
  12. High-efficiency capture of drug resistant-influenza virus by live imaging of sialidase activity. PLoS One 11(5): e0156400 (2016)
  13. Polyacrylamide backbones for polyvalent bioconjugates using “post-click” chemistry. Polym. Chem. 7, 5920-5924 (2016)
  14. Synthesis of well-controlled glycopolymers bearing oligosaccharides and their interactions with influenza viruses. Polym. J. 1-6 (2016)
  15. Easy and Rapid Detection of Mumps Virus by Live Fluorescent Visualization of Virus-Infected Cells. PLoS One 10, e0144038 (2015)
  16. Rapid Fluorescent Detection Assay for Human Parainfluenza Viruses. Biol. Pharm. Bull. 38, 1214-1219 (2015)
  17. A novel method for detection of Newcastle disease virus with a fluorescent sialidase substrate. J. Virol. Methods 209, 136-142 (2014)
  18. Terminal Sialic Acid Linkages Determine Different Cell Infectivities of Human Parainfluenza Virus Type 1 and Type 3. Virology 464-465, 424-431 (2014)
  19. N-glycolylneuraminic Acid on Human Epithelial Cells Prevents Entry of Influenza A Virus with N-glycolylneuraminic Acid Binding Ability. J. Virol. 88, 8445-8456 (2014)
  20. Histochemical fluorescent staining of Sendai virus-infected cells with a novel sialidase substrate. Virology 464-465, 206-212 (2014)
  21. Imaging of influenza virus sialidase activity in living cells. Sci. Rep. 4, 4877 (2014)
  22. Plaque formation assay for human parainfluenza virus type 1. Biol. Pharm. Bull. 34, 996-1000 (2011)
  23. The Low-pH Stability Discovered in Neuraminidase of1918 Pandemic Influenza A Virus Enhances Virus Replication. PLoS One 5, e15556 (2010)
  24. Antiviral effect of strictinin on influenza virus replication. Antiviral Res. 88, 10-18 (2010)

○総説
  1. Detection and Isolation of a Drug-Resistant Influenza Virus Using a Sialidase Fluorescence Imaging Technique. Trends Glycosci. Glycotechnol. In press.
  2. 薬剤耐性インフルエンザの蛍光検出単離法. BIO Clinica 33 (3), 38-44 (2018)
  3. 薬剤耐性インフルエンザの単離法と簡易高感度検出法. BIO Clinica 33 (9), 98-103 (2018)
  4. 薬剤耐性インフルエンザの蛍光イメージング法の開発. アグリバイオ 2 (13) (2018年12月号), 81-87 (2018)
  5. 固体発光性色素を用いたシアリダーゼライブイメージングプローブの開発. 有機合成化学協会誌 76 (12), 1272-1280 (2018)
  6. シアリダーゼを利用したウイルス感染細胞の蛍光イメージング 公益社団法人 日本分析化学会「分析化学」総説論文65 (12), 689-701 (2016)
  7. 抗インフルエンザ薬耐性ウイルスの高感度検出分離法の開発 The Japanese Journal of Antibiotics, 69 (6), 357-366 (2016)

教育・研究に対する考え方

教育:知識を伝達するのみでなく、学生が自分で考える機会を与えサポートをしたいと思います。大学は専門知識を学ぶための場ですが、専門性を高めると同時に広い視野を持ち続けることも重要だと考えています。
研究:専門分野であるウイルス学をはじめ、生物系の実験では普段目に見えないレベルで起こっている現象をどうやって見るかを考えることが重要です。既存の概念や方法論にとらわれず、何を見たいか、何をしたいか、をベースに研究に取り組みたいと思います。

研究シーズ集に関するキーワード

ウイルス,糖鎖,蛍光プローブ,インフルエンザ,シアリダーゼ,感染制御,ウイルス検出,薬剤耐性,衛生検査

モバイル表示

PC表示