グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
松浦 直毅(MATSUURA Naoki)
出生年月
1978年12月
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 助教
部屋番号
国際関係学部棟3212号室
Eメールアドレス
n-matsuura@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://babongo.o.oo7.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_03_145.pdf

学歴

2002年3月 京都大学総合人間学部卒業
2008年3月 京都大学大学院理学研究科博士課程修了

学位

博士(理学)(京都大学・2008年)

専門分野

人類学、アフリカ地域研究

担当科目

フィールドワークⅡA・ⅡB(旧・社会調査法Ⅳ・Ⅴ)、英語で読む国際関係入門A(旧・英語で読む国際行動学入門A)、歴史から読み解くしずおか学、国際行動論B

主要研究テーマ

アフリカ熱帯林地域における、
  1. 狩猟採集社会の変容と民族関係の動態について
  2. 人と自然の共生のための保全と開発について

所属学会

生態人類学会(理事)
日本アフリカ学会(評議員)
日本文化人類学会
日本熱帯生態学会
IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences)

主な経歴

2008年4月 京都大学研究員(~2010年3月)
2008年4月 京都産業大学非常勤講師(~2010年3月)
2008年4月 京都教育大学非常勤講師(~2012年3月)
2010年4月 日本学術振興会特別研究員PD(~2012年3月)
2011年4月 龍谷大学非常勤講師(~2012年3月)
2012年4月 静岡県立大学国際関係学部 助教(現在まで)
2013年4月 常葉大学非常勤講師(~2015年3月)
2016年10月 静岡大学非常勤講師(現在まで)

主な社会活動

NPO法人アフリック・アフリカ代表理事
SYNODOS「等身大のアフリカ/最前線のアフリカ」編集委員

主要研究業績

○単著
『現代の<森の民> ―中部アフリカ、バボンゴ・ピグミーの民族誌』、昭和堂、京都、2012年

○分担執筆
  1. 「ピグミーと農耕民の民族関係の再考―ガボン南部バボンゴ・ピグミーと農耕民マサンゴの「対等な」関係―」、木村大治・北西功一(編)『森棲みの社会誌:アフリカ熱帯林の人・自然・歴史Ⅱ』、京都大学学術出版会、京都、159-178頁、2010年
  2. 「森に入ったケータイ―平等社会のゆくえ」羽渕一代・内藤直樹・岩佐光広(編)『メディアのフィールドワーク―アフリカとケータイの未来』、北樹出版、102-117頁、2012年
  3. Human female dispersal and social organization: A case of central African hunter-gatherers. Dispersing Primate Females -Life History and Social Strategy in Male-Philopatric Groups. (Furuichi, T., Yamagiwa, J. and Aureli, F. eds.) Springer, 2015年
  4. 「アフリカ熱帯雨林における文化多様性と参加型保全―ふたつの自然保護区における地域社会の比較から」、山越言、目黒紀夫、佐藤哲(編)『アフリカ潜在力5 自然は誰のものか―住民参加型保全の逆説を乗り越える』、京都大学学術出版会、145-166頁、2016年
  5. 「保全と開発の両立に向けた地域住民との協働─ガボン南西部ムカラバ・ドゥドゥ国立公園における実践から」、竹内潔、柳澤雅之、阿部健一(編)『森をめぐるコンソナンスとディソナンス-熱帯森林帯地域社会の比較研究』(CIAS Discussion Paper Series)、京都大学地域研究統合情報センター、53-57頁、2016年
  6. 「植民地時代のピグミー」、池谷和信(編)『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』、東京大学出版会、217-222頁、2017年
  7. 「困難に直面する森の民―アフリカ熱帯林に住む狩猟採集民の人道危機」、湖中真哉・太田至・孫暁剛編『地域研究からみた人道支援-アフリカ遊牧民の現場から問い直す』、昭和堂、京都、233-249頁、2018年

○学術論文
  1. Sedentary lifestyle and social relationship among Babongo in southern Gabon. African Study Monographs Supplementary Issue 33: 71-93. 2006年
  2. 「ガボン南部バボンゴ・ピグミーと農耕民マサンゴの儀礼の共有と民族間関係」、『アフリカ研究』70号、1-13頁、2007年
  3. Visiting patterns of two sedentarized central African hunter-gatherers: Comparison of the Babongo in Gabon and the Baka in Cameroon. African Study Monographs 30(3): 137-159. 2009年
  4. 「ガボン南部バボンゴ・ピグミーの伝統儀礼を通じた外部世界との関係」、『アフリカ研究』77号、19-30頁、2010年
  5. Historical changes in land use and interethnic relations of the Babongo in southern Gabon. African Study Monographs 32(4): 157-176. 2011年
  6. Eco-anthropologie et primatologie pour la conservation de la biodiversité : un projet collaboratif dans le Parc National de Moukalaba-Doudou, Gabon. (Matsuura, N., Takenoshita, Y. and Yamagiwa, J.). Revue de Primatologie 5 | 2013, document 65. 2013年
  7. 「住民参加」によるアフリカ熱帯雨林の保全と開発に向けて―ガボン南西部ムカラバ・ドゥドゥ国立公園の事例から―『アフリカレポート』52号、88-97頁、2014年
  8. Analysis of Local Livelihoods around Moukalaba-Doudou National Park in Gabon. TROPICS 23(4): 195-204. 2015年
  9. The roles of local associations in rainforest conservation and local development in the Democratic Republic of Congo. African Study Monographs, Supplementary Issue 51: 57-73. 2015年
  10. Dynamics of social changes and relationships with neighbors among African hunter-gatherers: A case of the Babongo in southern Gabon from 2003 to 2012. Senri Ethnological Studies94: 203-226. 2016年
  11. Humanitarian assistance from the viewpoint of hunter-gatherer studies: Cases of central African forest foragers. African Study Monographs Supplementary Issue 53: 117-129. 2017年
  12. 「科学研究プロジェクトと地域社会を架橋するエコツーリズム─ガボン,ムカラバ・ドゥドゥ国立公園における取り組み」(松浦直毅・安藤智恵子・新谷雅徳・竹ノ下祐二)『アフリカ研究』92. 2017年

教育・研究に対する考え方

アフリカ熱帯林の住民を対象に、フィールドワークによる調査をおこなっています。現場で出会うさまざまな人たちと幅ひろく積極的に関わること、その際にはどの相手とも真剣に向き合うことを大切にして、研究を進めてきました。教育に対しても、同様の心がまえで臨んでいます。

研究シーズ集に関するキーワード

アフリカ,熱帯雨林,大型類人猿,環境保全,エコツーリズム,持続的開発,住民参加

モバイル表示

PC表示