グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:三浦 進司

氏名
三浦 進司(MIURA Shinji)
出生年月
1967年2月
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(栄養化学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
食品栄養科学部長
部屋番号
食品栄養科学部棟5509号室
Eメールアドレス
miura@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/nutrbioc/index3.html/Home.html
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2017_02_076.pdf

学歴

1989年3月 京都薬科大学薬学部製薬化学科卒業
1991年3月 京都薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
1996年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士後期課程修了

学位

博士(薬学)(静岡県立大学・1996年)

専門分野

基礎栄養学、栄養化学、分子栄養学

担当科目

栄養科学概論、基礎栄養学、栄養学総論、栄養機能論、栄養化学、栄養化学実験、栄養科学特論、栄養化学特論

主要研究テーマ

  1. 骨格筋を形成する脂質の質(リポクオリティー)の生化学的解析
  2. 骨格筋機能を改善する物質の探索とその作用機序の解析
  3. 筋線維特性変化が疾病発症におよぼす影響

所属学会

日本栄養・食糧学会(中部支部参与)
日本脂質生化学会(幹事)
日本体力医学会
American Society for Biochemistry and Molecular Biology

主な経歴

1991年〜1992年 第一製薬株式会社
1998年〜2001年 National Institutes of Health, Visiting Fellow(日本学術振興会海外特別研究員)
2001年〜2004年 国立健康・栄養研究所生活習慣病研究部任期付研究員
2004年〜2006年 国立健康・栄養研究所生活習慣病研究部主任研究員
2006年〜2011年 国立健康・栄養研究所基礎栄養プログラム
         脂質・糖代謝プロジェクトリーダー
2010年〜2015年 首都大学東京客員准教授
2011年〜2012年 国立健康・栄養研究所基礎栄養研究部脂質・糖代謝研究室長
2012年〜2014年 静岡県立大学食品栄養科学部准教授
2014年〜現在 静岡県立大学食品栄養科学部教授
2015年〜現在 首都大学東京客員教授
2017年〜2019年 静岡県立大学食品栄養科学部副学部長
2019年〜現在 静岡県立大学食品栄養科学部学部長

主な社会活動

日本栄養・食糧学会 中部支部参与
日本脂質生化学会 幹事
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 委員
静岡県環境衛生科学研究所 研究アドバイザー(顧問)会議委員
静岡県環境衛生科学研究所 倫理審査委員会委員

主要研究業績

最近5年間の業績です。
それ以前の研究業績は栄養化学研究室のホームページを参照してください。
○原著論文
  1. Shimba, Y., Togawa, H., Senoo, N., Ikeda, M., Miyoshi, N., Morita, A., and Miura, S., Skeletal muscle-specific PGC-1α overexpression suppresses atherosclerosis in apolipoprotein E-knockout mice. Sci Rep, in press (2019).
  2. Goto-Inoue, N., Morisasa, M., Machida, K., Furuichi, Y., Fujii, N.L., Miura, S., and Mori, T., Characterization of myofiber type-specific molecules using mass spectrometry imaging. Rapid Commun Mass Spectrom, 33, 185-192 (2019).
  3. Uchitomi, R., Nakai, S., Matsuda, R., Onishi, T., Miura, S., Hatazawa, Y., and Kamei, Y., Genistein, daidzein, and resveratrols stimulate PGC-1 beta-mediated gene expression. Biochem Biophys Rep, 17, 51-55 (2019).
  4. Hashidume, T., Sasaki, K., Hirata, J., Kato, M., Yoshikawa, Y., Iwasaki, Y., Arai, H., Miura, S., and Miyoshi, N., Effects of sanyaku and its constituent diosgenin on the fasted and postprandial hypertriacylglycerolemia in high fat diet-fed KKAy mice. J Agr Food Chem, 66, 9968-9975 (2018).
  5. Fujita, T., Yoshioka, K., Seko, D., Suematsu, T., Mitsuhashi, S., Senoo, N., Miura, S., Nishino, I., and Ono, Y., Zmynd17 controls muscle mitochondrial quality and whole-body metabolism. FASEB J, 32, 5012-5025 (2018).
  6. Hirose, Y., Onishi, T., Miura, S., Hatazawa, Y., and Kamei, Y., Vitamin D attenuates FOXO1-target atrophy gene expression in C2C12 muscle cells. J Nutr Sci Vitaminol, 64, 229-232 (2018).
  7. Onishi, S., Ishino, M., Kitazawa, H., Yoto, A., Shimba, Y., Mochizuki, Y., Unno, K., Meguro, S., Tokimitsu, I., and Miura, S., Green tea extracts ameliorate high-fat diet-induced muscle atrophy in senescence-accelerated mouse prone-8 mice. PLoS ONE, 13(4): e0195753 (2018).
  8. Shiuchi, T., Toda, C., Okamoto, S., Coutinho, E.A., Saito, K., Miura, S., Ezaki, O., and Minokoshi, Y., Induction of glucose uptake in skeletal muscle by central leptin is mediated by muscle β2-adrenergic receptor but not by AMPK. Sci Rep, 7, 15141 (2017).
  9. Inoue, M., Senoo, N., Sato, T., Nishimura, Y., Nakagawa, T., Miyoshi, N., Goda, T., Morita, A., and Miura, S., Effects of the dietary carbohydrate-fat ratio on plasma phosphatidylcholine profiles in human and mouse. J Nutr Biochem, 50, 83-94 (2017).
  10. Yoshida, T., Kakizawa, S., Totsuka, Y., Sugimoto, M., Miura, S., and Kumagai, H., Effect of endurance training and branched-chain amino acids on the signaling for muscle protein synthesis in CKD model rats fed a low protein diet. Am J Physiol Renal Physiol, 313, F805-F814 (2017).
  11. Eshima, H., Miura, S., Senoo, N., Hatakeyama, K., Poole D.C., and Kano, Y., Improved skeletal muscle Ca2+ regulation in vivo following contractions in mice overexpressing PGC-1α. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol, 312, R1017-R1028 (2017).
  12. Ishikawa, T., Kitaura, Y., Kadota, Y., Morishita, Y., Ota, M., Yamanaka, F., Xu, M., Ikawa, M., Inoue, N., Kawano, F., Nakai, N., Murakami, T., Miura, S., Hatazawa, Y., Kamei, Y., and Shimomura, Y., Muscle-specific deletion of BDK amplifies loss of myofibrillar protein during protein undernutrition. Sci Rep, 7, 39825 (2017).
  13. Hatazawa, Y., Minami, K., Yoshimura, R., Onishi, T., Manio, M.C., Inoue, K., Sawada, N., Suzuki, O., Miura, S., and Kamei, Y., Deletion of the transcriptional coactivator PGC1α in skeletal muscles is associated with reduced expression of genes related to oxidative muscle function. Biochem Biophys Res Commun, 481, 251-258 (2016).
  14. Sato, T., Yoshida, Y., Morita, A., Mori, N., and Miura, S., Glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency induces compensatory amino acid metabolism during fasting in mice. Metabolism, 65, 1646-1656 (2016).
  15. Yoshimura, R., Minami, K., Matsuda, J., Sawada, N., Miura, S., and Kamei, Y., Phosphorylation of 4EBP by oral leucine administration was suppressed in the skeletal muscle of PGC-1α knockout mice. Biosci Biotech Biochem, 80, 288-290 (2016).
  16. Senoo, N., Miyoshi, N., Goto-Inoue, N., Minami, K., Yoshimura, R., Morita, A., Sawada, N., Matsuda, J., Ogawa, Y., Setou, M., Kamei, Y., and Miura, S., PGC-1α-mediated changes in phospholipid profiles of exercise-trained skeletal muscle. J Lipid Res, 56, 2286-2296 (2015).
  17. Hatazawa, Y., Senoo, N., Tadaishi, M., Ogawa, Y., Ezaki, O., Kamei, Y., and Miura, S., Metabolomic analysis of the skeletal muscle of mice overexpressing PGC-1α. PLoS ONE, 10(6): e0129084 (2015).
  18. Sato, T., Morita, A., Mori, N., and Miura, S.: Glycerol 3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency enhances exercise capacity due to increased lipid oxidation during strenuous exercise. Biochem Biophys Res Commun, 457, 653-658 (2015).

○総説など
  1. 三浦進司:「健康長寿を支える骨格筋と食品成分」、ILSI Japan、137, 4-9 (2019).
  2. Miura, S.: Skeletal muscle PGC-1α-Isoforms and physiological roles-. Adv Exer Sport Physiol, 24, 7-12 (2018).
  3. 佐山音緒、吉田悠馬、亀井康富、三浦進司:「トマチジンと筋力低下:機能性食品とアンチエイジング」、Modern Physician、38(4), 397-398 (2018).
  4. 三浦進司、只石幹、妹尾奈波、畑澤幸乃、三好規之、守田昭仁、亀井康富、江崎治:「PGC-1αによる筋機能調節:運動を分子レベルから考える」、日本未病システム学会雑誌、23(2), 67-71 (2017).
  5. 亀井康富、畑澤幸乃、三浦進司:「食品に秘められたサイエンス第7回:アミノ酸による骨格筋機能の制御」実験医学、35 (3), 495-499 (2017).
  6. 佐藤友紀、三浦進司:「糖尿病の療養指導Q&A、“経口摂取したアルコール(エタノール)の吸収、分解、代謝の過程と、エタノールによる脂肪蓄積の仕組みについて教えてください”」、プラクティス, 33 (1), 93-95 (2016).
  7. Kamei, Y., Hatazawa, Y., Yoshimura, R., and Miura, S.: PGC-1α, a stimuli-inducible nuclear receptor coactivator: structural features and role in skeletal muscle metabolism gene regulation. RNA and Transcription, 1, 6-9 (2015).
  8. 妹尾奈波、三浦進司:「AMPKを介したミトコンドリア活性化のメカニズム」、Anti-Aging Medicine, 11 (3), 371-377 (2015).

教育・研究に対する考え方

教育:栄養学は、誰もが平等にその研究成果を享受できる、享受できていることを認識できる学問である。そのため、社会的な関心も高く、その一方で誤った情報が一人歩きしやすい分野でもある。そこで、健康科学に関する正確な情報を得て、その情報が何を意味しているのかを正しく理解し、「誰もが広く、正しく理解できるように」発信できる人材の育成を目指し、健康・長寿社会実現の担い手として社会に貢献してもらうことを目標としている。
研究:まずは研究内容に興味を持つように務める。自由闊達なディスカッションをし、互いの意見を尊重して研究を進め、物事の本質を捉える力が備わるように指導する。その他、プレゼンテーション、コミュニケーション、マネジメントのスキルが身に付くよう心がけている。

研究シーズ集に関するキーワード

ロコモティブシンドローム,筋萎縮,寝たきり,メタボリックシンドローム,骨格筋機能,代謝,食肉,リン脂質

モバイル表示

PC表示