グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
島村 裕子(SHIMAMURA Yuko)
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品衛生学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5526
部屋番号
食品栄養科学部棟5207号室
Eメールアドレス
shimamura@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodhygn/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_061.pdf

学歴

2002年3月 学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科卒業
2007年3月 お茶の水女子大学人間文化研究科博士後期課程人間環境科学専攻修了

学位

博士(学術)(お茶の水女子大学・2007年)

専門分野

食品衛生学、食品微生物学

担当科目

食品生命科学実験 食品衛生学分野(食品衛生学実験)、情報科学、食品衛生学I、食品衛生学II、食品衛生学特論

主要研究テーマ

  • 毒素型食中毒の制御法の確立
  • 食中毒菌の食品への付着・侵入機構の解明
  • 食中毒菌の毒素遺伝子伝播機構の解明
  • 細菌性毒素が誘導する各種疾病に対するポリフェノール類の制御機構の解明

所属学会

日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
日本食品科学工学会
日本食品衛生学会
日本家政学会
日本環境変異原学会
日本カテキン学会
日本細菌学会
日本分子生物学会
日本理科教育学会

主な経歴

2007年4月 お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科研究院研究員
2008年6月 お茶の水女子大学生活環境教育研究センター研究機関研究員

受賞歴

2015年 しずおか優秀若手女性研究者表彰 最優秀賞

主な社会活動

静岡市開発審査会委員(2017年4月~)

主要研究業績

○主要学術論文 (2016年~現在)
  1. Influence of muscle fiber direction on migration of Salmonella Enteritidis, Staphylococcus aureus, and Escherichia coli into raw chicken breast. J. Food Prot., (2020) (in press)
  2. Investigation of DNA damage of glycidol and glycidol fatty acid esters using Fpg-modified comet assay. Fundam. Toxicol. Sci., 6(1): 9-14 (2019).
  3. Effect of chloride on the formation of 3-monochloro-1, 2-propanediol fatty acid diesters and glycidol fatty acid esters in fish, meats and acylglycerols during heating. Food. Addit. Contam. A, 36(2): 236-243 (2019).
  4. 食塩水をテーマとした出前実験教室歩実践-密度の異なる色付き食塩水を使った「虹」の作り方のポイント-,理科教育学研究, 60(2): 465-471 (2019).
  5. Binding of catechins to staphylococcal enterotoxin A. Molecules, 23(5): 1125 (2018).
  6. Assessment of bladder DNA damage due to 2-acetylaminofluorene, diuron, and terephthalic acid by the rat comet assay, Fundam. Toxicol. Sci., 5(1): 63-69 (2018).
  7. The effect of different methods and image analyzers on the results of the in vivo comet assay, Genes Environ., 40(1): 4 (2018).
  8. 花粉管の発芽と伸長の観察実験及び花粉の保存方法. 理科の教育, 67(787): 42-23 (2018).
  9. Inhibitory effects of food additives derived from polyphenols on staphylococcal enterotoxin A production and biofilm formation by Staphylococcus aureus, Biosci. Biotechnol. Biochem., 81(12): 2346-2352 (2017).
  10. Interaction between various apple procyanidin and staphylococcal enterotoxin A and their inhibitory effects on toxin activity, Toxins, 9(8): 243 (2017).
  11. Improvement effects of wasabi (Wasabia japonica) leaves and allyl isothiocyanate on stomach lesions of mongolian gerbils infected with Helicobacter pylori, Nat. Prod. Commun., 12(4): 595-598 (2017).
  12. Adsorptive property of food materials and chemicals to cesium and strontium, Nat. Prod. Commun., 12(2): 263-265 (2017).
  13. Inhibitory effects of Japanese horseradish (Wasabia japonica) on the formation and genotoxicity of a potent carcinogen, acrylamide, J. Sci. Food Agric., 97(8): 2419-2425 (2017).
  14. 花粉管の伸長を観察できる植物および最適条件の検討. 理科教育学研究, 58(1): 81-88 (2017).
  15. Exploration of food materials and components showing the suppressing effect on absorption of strontium and the promoting effect on excretion of cesium in vivo. Integr. Cancer Sci. Therap., 3(6): 1-4 (2016).
  16. Plant-derived polyphenols interact with staphylococcal enterotoxin A and inhibit toxin activity, PLOS ONE, 11(6): e0157082 (2016).
  17. Cloning of phenylalanine ammonia-lyase and its role in enzymatic browning of mung bean sprout during cold storage. Food Sci. Technol. Res., 22(2): 255-260 (2016).
  18. Formation of glycidol fatty acid esters in meat samples cooked by various methods. J. Food Process. Technol. 7(2): 1-6 (2016).
  19. The application of alkaline and acidic electrolyzed water in the sterilization of chicken breasts and beef liver. Food Sci. Nutr., 4(3): 431-440 (2016).

教育・研究に対する考え方

教育:学生により近い位置に身を置ける立場を最大限に活用し、研究に対する学生の興味や考えを最大限に引き出し、それを伸ばせるような教育を目指したい。
研究:チームの一員として与えられた仕事を完全にこなすのはもちろんのこと、その上で個性を発揮できる主体性のある行動を心掛け、自分の研究成果を社会に還元したい。

研究シーズ集に関するキーワード

安全性,遺伝毒性, 化学物質, 食中毒菌, 殺菌・抗菌, 抗変異原性, 皮膚炎

モバイル表示

PC表示