グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:田中 紫茉子

氏名
田中 紫茉子(TANAKA Shimako)
出生年月
1984年7月
所属・職名
薬学部薬学科(実践薬学分野) 助教
薬学研究院(実践薬学教室) 助教(兼務)
電話番号
054-264-5234
部屋番号
一般教育棟2405号室
Eメールアドレス
tanaka@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/jissen/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_036.pdf

学歴

2007年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
2009年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程修了

学位

薬学博士(静岡県立大学・2014年)

専門分野

薬物動態学、臨床薬物動態学、臨床薬理学

担当科目

実務事前実習、臨床薬学演習、医療とコミュニケーション学

主要研究テーマ

  • 医薬品の個別適正使用を目指した薬物動態・薬物作用解析研究
  • 医薬品同士および食品と医薬品の相互作用に関する基礎および臨床研究
  • 菓子様製剤、口腔内崩壊錠の開発及び臨床評価
  • 小児用製剤及び味に関する研究

所属学会

日本薬学会
日本薬剤学会
日本TDM学会
日本医療薬学会
日本臨床薬理学会
生薬学会

主な経歴

2009年6月 静岡県立大学薬科学科薬品資源学分野助教
2010年12月 静岡県立大学薬学科実践薬学分野助教

受賞歴

2007年 第3回O-CHA国際学会 優秀演題賞
2011年 第32回日本臨床薬理学会年会 優秀演題賞
2013年 11th Conference of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics(EACPT)若手研究者奨励賞
2015年 第36回日本臨床薬理学会年会 優秀演題賞
2017年 小児臨床薬理学会 ポスター賞
2019年 第4回 日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 優秀ポスター賞

主な社会活動

トランスポーター研究会 幹事

主要研究業績

○原著論文
  • Preparation of Cocoa Powder-Containing Orally Disintegrating Tablets of Rebamipide (Rebamipide Chocolet) and Evaluation of Their Clinical Palatability. Chem Pharm Bull, 67, 112-119 (2019).
  • Ease of Taking and Palatability of Fixed-Dose Orally Disintegrating Mitiglinide/Voglibose Tablets. Chem Pharm Bull, 67, 540–545 (2019).
  • Effect of co-administered inducer or inhibitor on omeprazole pharmacokinetics based on CYP2C19 genotype. J Pharmacol Sci., 139, 361-366 (2019).
  • Evaluation of in Vitro and in Vivo Transdermal Absorption of Solifenacin Succinate. Chem Pharm Bull, 67, 1225-1231 (2019).
  • The Prediction of the Area under the Curve and Clearance of Midazolam from Single-Point Plasma Concentration and Urinary Excretion in Healthy Volunteers. Chem Pharm Bull, 67, 1225-1231 (2019).
  • Effect of rifampicin and clarithromycin on the CYP3A activity in patients with Mycobacterium avium complex. J Thorac Dis., 11, 3814–3821 (2019).
  • クレメジン速崩錠を服用中の患者における服用性アンケート調査とその評価. 医学と薬学, 76, 63-75 (2019).
  • 口腔内崩壊錠に必要とされる臨床製剤学的特性とミチグリニド・ボグリボース配合口腔内崩壊錠(グルベス®配合OD錠)の製剤検討. 製剤機械技術学会誌,110,217–225 (2019).
  • In vivo drug dissolution in human oral cavity from orally disintegrating tablet and comparability with in vitro testing, Chem Pharm Bull, 66, 999-1005 (2018).
  • Palatability and preference of gummi formulations with various pharmaceutical characteristics. Chem Pharm Bull, 66, 452-457 (2018).
  • Changes in gefitinib, erlotinib and osimertinib pharmacokinetics under various gastric pH levels following oral administration of omeprazole and vonoprazan in rats. Xenobiotica, 48, 1106-1112 (2018).
  • 大用量の薬物を含有する経口製剤を想定したマイクロタブレットの服用性の評価 医学と薬学, 75, 1043-1050 (2018).
  • Citric acid suppresses the bitter taste of olopatadine hydrochloride orally disintegrating tablets. Biol Pharm Bull, 40, 451-457 (2017).
  • Evaluation of the usability of a newly developed tablet container to aid medication intake for the enhancement of patient adherence. Japanese Journal of Medicine and Pharmaceutical Science, 74, 1071-1078 (2017).
  • Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Comparison of Sildenafil-Bosentan and Sildenafil-Ambrisentan Combination Therapies for Pulmonary Hypertension. Clin Transl Sci. 9(1), 29-35 (2016).
  • Improved palatability of orally disintegrating tablets of mitiglinide calcium hydrate (GLUFAST OD) by combined masking of organoleptic taste and physical taste, and assessment of clinical pharmaceutics. 医学と薬学,73:1-9、(2016).
  • Clinical efficacy of levothyroxine suppository in patients with hypothyroidism and its pharmacokinetics. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37, 666-670 (2014).
  • Simultaneous and comprehensive in vivo analysis of cytochrome P450 activity by using a cocktail approach in rats. Biopharmaceutics and Drug Disposition, 35, 228-236 (2014).
  • Simultaneous LC-MS/MS analysis of the plasma concentrations of a cocktail of 5 cytochrome P450 substrate drugs and their metabolites. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 37, 18–25 (2014).
  • Chronological effects of rifampicin discontinuation on cytochrome P450 activity in healthy Japanese volunteers, using the cocktail method. Clinical Pharmacology and Therapeutics, 94, 702–708 (2013).
  • Comparison of inhibitory duration of grapefruit juice on organic anion-transporting polypeptide and CYP3A4. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 36, 1936-1941 (2013).
  • Short-term drug-drug interaction between sildenafil and bosentan under long-term use in patients with pulmonary arterial hypertension. Pharmacology and Pharmacy, 4, 542-548 (2013).
  • フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「トーワ」と飲食物との配合における服用感の検討. アレルギーの臨床, 33, 71-75 (2013).
  • Quantitation of chafurosides A and B in tea leaves and isolation of prechafurosides A and B from oolong tea leaves. Journal of Agricultural and Food Chemistry, 57, 6779-6786 (2009).

○総説
  • シロドシン口腔内崩壊錠(ユリーフ®OD錠)の臨床製剤学的評価 PLCM(耕薬)研究会 第 12 回シンポジウム、pp.9-12 (2018).
  • 1滴の血で薬物代謝酵素活性を評価. ファルマシア, 51, pp.163 (2015).
  • カクテル試験を用いた薬物相互作用の網羅的解析法の確立と応用、PROGRESS IN DRUG DELIVERY SYSTEM, XXIII, 21-26 (2014).
  • 薬物相互作用検出のためのin vivoでのラットおよび健常人対象試験、Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther.、43、263-264 (2012).

○著書
  • 骨粗鬆症治療薬、その他:なぜ効く?どう違う?を理解し処方するための治療薬の臨床薬理データブック(日本医事新報社)、pp.351-355、534-547 (2018)

教育・研究に対する考え方

教育:学生と考え、問題を解決し発見をすることで、共に成長していきたい。また、自ら問題を提起し、解決しようという意欲を持てるようにする。
研究: 医薬品と食品の相互作用を解明し、副作用の発現や不必要な薬物・食品の使用制限の回避につながるような、臨床の場に応用できる研究をしていきたい。

研究シーズ集に関するキーワード

薬物動態,臨床効果,副作用,PK/PD解析,薬物相互作用,バイオアベイラビリティ,代謝酵素,トランスポーター,カクテル試験

モバイル表示

PC表示