グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:内田 信也

氏名
内田 信也(UCHIDA Shinya)
出生年月
1968年7月
所属・職名
薬学部薬学科(実践薬学分野) 教授
薬学研究院(実践薬学教室) 教授(兼務)
電話番号
054-264-5237
部屋番号
一般教育棟2317号室
Eメールアドレス
uchidas@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/jissen/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2021_037.pdf

学歴

1993年3月 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
1998年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科博士課程修了

学位

博士(薬学)(静岡県立大学・1998年)

専門分野

臨床薬物動態学、臨床薬理学、臨床製剤学

担当科目

実務事前実習、臨床薬学演習、医療とコミュニケーション学、薬物治療学特論、症候学

主要研究テーマ

  • 患者ベネフィットを追及した臨床製剤及び薬物動態・薬力学解析に関する研究
  • 菓子様製剤、口腔内崩壊錠、院内製剤の製剤化と臨床評価に関する研究
  • 医薬品の個別適正使用を目指した薬物動態・薬物作用解析研究
  • 薬物相互作用や遺伝的多型が薬物動態や臨床効果・副作用に及ぼす影響に関する研究
  • 薬剤師業務のアウトカム評価と新たな業務の発見・創出に関する研究

所属学会

日本薬学会
日本医療薬学会(医療薬学専門薬剤師、指導薬剤師)
日本臨床薬理学会(専門薬剤師、指導薬剤師、評議員)
日本薬剤学会(代議員)
日本薬理学会(学術評議員)
日本薬物動態学会
日本TDM学会
日本循環器学会
日本糖尿病学会

主な経歴

1998年4月 浜松医科大学医学部附属病院薬剤部 文部技官薬剤師
2001年7月 浜松医科大学医学部附属病院薬剤部 文部科学技官薬剤主任
2003年4月 浜松医科大学医学部臨床薬理学講座 助手
2005年4月 静岡県立大学薬学部 講師
2008年 アリゾナ大学薬学部客員研究員
2011年10月 静岡県立大学薬学部准教授
2021年4月 静岡県立大学薬学部教授

主な社会活動


主要研究業績

○原著論文(英文)
  1. Shimako Tanaka, Shinya Uchida, Akio Hakamata, Sachiko Miyakawa, Keiichi Odagiri, Naoki Inui, Hiroshi Watanabe, Noriyuki Namiki: Simultaneous LC-MS Analysis of Plasma Concentrations of Sildenafil, Tadalafil, Bosentan, Ambrisentan, and Macitentan in Patients with Pulmonary Arterial Hypertension. Pharmazie, 75, 236-239 (2020)
  2. Homare Kurashima, Shinya Uchida, Yasuharu Kashiwagura, Shimako Tanaka, Noriyuki Namiki: Evaluation of Weight Variation in Mini-Tablets Manufactured by a Multiple-Tip Tool. Chem Pharm Bul, 68, 981-988 (2020)
  3. Shimako Tanaka, Shinya Uchida, Mai Sotoyama, Yasuharu Kashiwagura, Noriyuki Namiki: Combining Powder Formulations of Drugs with Food and Beverages to Improve Palatability. Biol Pharm Bull., 43, 1954-1959 (2020)
  4. Imai H, Morita M, Morita H, Ohyama T, Tanaka S, Uchida S, Namiki N, Uemura N, Ohashi K: The μ-opioid receptor gene polymorphism 118A>G weakens the pharmacological action of buprenorphine. Int J Clin Pharmacol Ther, 58, 626-633 (2020)
  5. Takashi K Ito, Tomihito Sato, Akio Hakamata , Yuki Onoda, Shumpei Sato, Fumiyoshi Yamazaki, Makoto Horikawa, Yutaka Takahashi, Takuya Kitamoto, Masako Suzuki, Shinya Uchida, Keiishi Odagiri, Mitsutoshi Setou: A nonrandomized study of single oral supplementation within the daily tolerable upper level of nicotinamide affects blood nicotinamide and NADþ levels in healthy subjects. Trans. Med. Aging., 4, 45-54 (2020)
  6. Hagihara M, Kato H, Uchida S, Yamashita R, Tanaka S, Sakanashi D, Shiota A, Asai N, Koizumi Y, Suematsu H, Yamagishi Y, Namiki N, Mikamo H, The First Report on Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Study of Trimethoprim/Sulfamethoxazole against Staphylococcus aureus with a Neutropenic Murine Thigh Infection Model. Chemotherapy. 64, 224-232, 2019.
  7. Takano H, Uchida S, Kashiwagura Y, Tanaka S, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, Namiki N, Preparation of cocoa powder-containing orally disintegrating tablets of rebamipide (Rebamipide Chocolet) and evaluation of their clinical palatability. Chem. Pharm. Bull., 67, 112-119, 2019.
  8. Sotoyama M, Uchida S, Kamiya C, Tanaka S, Kashiwagura Y, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, Namiki N, Ease of Taking and Palatability of Fixed-Dose Orally Disintegrating Mitiglinide/Voglibose Tablets. Chem. Pharm. Bull., 67, 540–545, 2019.
  9. Kamiya C, Inui N, Hakamata A, Miyakawa S, Tanaka S, Uchida S, Namiki N, Odagiri K, Watanabe H, Effect of co-administered inducer or inhibitor on omeprazole pharmacokinetics based on CYP2C19 genotype. J. Pharmacol. Sci., 139, 361-366, 2019.
  10. Yoshida M, Uchida S, Kashiwagura Y, Tanaka S, Matsui R, Namiki N. Evaluation of in Vitro and in Vivo Transdermal Absorption of Solifenacin Succinate. Chem. Pharm. Bull., 67, 1225-1231, 2019.
  11. Miura M, Uchida S, Tanaka S, Inui N, Kawakami J, Watanabe H, Namiki N, The Prediction of the Area under the Curve and Clearance of Midazolam from Single-Point Plasma Concentration and Urinary Excretion in Healthy Volunteers. Biol. Pharm. Bull., 42, 1590-1595, 2019.
  12. Akiyama N, Inui N, Mori K, Nakamura Y, Hayakawa H, Tanaka S, Uchida S, Namiki N, Watanabe H, Suda T, Effect of rifampicin and clarithromycin on the CYP3A activity in patients with Mycobacterium avium complex. J. Thorac. Dis., 11, 3814–3821, 2019.
  13. Katayama T, Uchida S, Kamiya C, Tanaka S, Kashiwagura Y, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, Namiki N, In vivo drug dissolution in human oral cavity from orally disintegrating tablet and comparability with in vitro testing. Chem. Pharm. Bull., 66, 999-1005, 2018.
  14. Nakagaki F, Uchida S, Tanaka S, Namiki N, Palatability and preference of gummi formulations with various pharmaceutical characteristics. Chem. Pharm. Bull., 66, 452-457, 2018.
  15. Yasumuro O, Uchida S, Kashiwagura Y, Suzuki A, Tanaka S, Inui N, Watanabe H, Namiki N, Changes in gefitinib, erlotinib and osimertinib pharmacokinetics under various gastric pH levels following oral administration of omeprazole and vonoprazan in rats. Xenobiotica, 48, 1106-1112, 2018.
  16. Sotoyama M, Uchida S, Tanaka S, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, and Namiki N, Citric acid suppresses the bitter taste of olopatadine hydrochloride orally disintegrating tablets. Biol. Pharm. Bull., 40, 451-457, 2017.

○原著論文(和文)
  1. 内田信也, 永井晶大, 鈴木寛, 田中紫茉子, 柏倉康治, 金城瑞樹, 朝倉太郎, 並木徳之, クレメジン速崩錠を服用中の患者における服用性アンケート調査とその評価, 医学と薬学, 76, 63-75, 2019.
  2. 内田信也、外山真衣、森廣慎吾、田中紫茉子、柏倉康治、並木徳之, 口腔内崩壊錠に必要とされる臨床製剤学的特性とミチグリニド・ボグリボース配合口腔内崩壊錠(グルベス®配合OD錠)の製剤検討, 製剤機械技術学会誌,110,217–225, 2019.
  3. 内田信也, 長尾亮佑, 田中紫茉子, 柏倉康治, 並木徳之, 大用量の薬物を含有する経口製剤を想定したマイクロタブレットの服用性の評価, 医学と薬学, 75, 1043-1050, 2018.
  4. 内田信也, 柏倉康治, 石坂優佳, 田中紫茉子, 鈴木寛, 山内克哉, 伊藤譲, 並木徳之, 錠剤の新規包装容器(服薬支援容器)の使用性の評価, 医学と薬学, 74, 1071-1078, 2017.
  5. 内田信也、並木徳之, シロドシン口腔内崩壊錠(ユリーフ®OD錠)の臨床製剤学的評価, 製剤機械技術学会誌., 24, 483-491, 2015.
  6. 内田信也、田中紫茉子、並木徳之, フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「トーワ」と飲食物との配合における服用感の検討, アレルギーの臨床, 33, 71-75, 2013.

○総説
  1. 内田信也,再考 外用剤の選択と服薬指導,調剤と情報,26, 2084-2088, 2020
  2. 内田信也,服薬アドヒランス向上のため剤形選択-OD錠の臨床的機能性―,医薬の門,60, 2-4, 2020.
  3. 内田信也,各論I.特殊な患者背景,3.妊婦,月間薬事,62,1914-1920, 2020.
  4. 内田信也,並木徳之,口腔内崩壊錠Q&A,PHARM TECH JAPAN, 36, 445-454, 2020.
  5. 内田信也, 小児・高齢者・妊産婦および病態時の薬物投与計画―スペシャルポピュレーションの薬物治療における留意点, 医学のあゆみ, 267, 365-371, 2018.
  6. 池松康之、内田信也、並木徳之, 脂溶性のモデル薬物としてビタミンEを含有した口腔内崩壊錠の製剤設計, PHARM TECH JAPAN, 33, 1865-1874, 2017.
  7. 内田信也, 代謝誘導の相互作用はどれぐらい持続しますか?-DDIの基本とピットフォール!エキスパートが答えるQ&A, 薬局, 67, 2483-2486, 2016.
  8. 内田信也,渡邉裕司,並木徳之, 薬物相互作用の検出を目的としたラットおよびヒトを対象としたカクテル試験―代謝酵素およびトランスポーターを介する薬物相互作用の解析―, 臨床薬理の進歩、17-25, 2013.

○著書
  1. 内田信也,“第1章 8 47-51代謝誘導によるDDIの持続時間”,医療現場のための薬物相互作用リテラシー,大野能之,樋坂章博編,南山堂,2019,pp.47-51.
  2. 内田信也,“糖尿病治療薬”,”痛風・高尿酸血症・甲状腺疾患治療薬”,”鎮痛薬”,なぜ効く?どう違う?を理解し処方するための治療薬の臨床薬理データブック,渡邉裕司編,日本医事新報社,2018,pp.2-33, pp.314-331, pp.456-471.
  3. 田中紫茉子,内田信也,”骨粗鬆症治療薬”,”その他” ,なぜ効く?どう違う?を理解し処方するための治療薬の臨床薬理データブック,渡邉裕司編,日本医事新報社,pp.332-355, pp.534-547.
  4. 内田信也,“第3章 薬物作用と動態の基本,C 薬物動態の基本,1 薬物の吸収,2 薬物の分布”,臨床薬理学第4版,一般社団法人日本臨床薬理学会編集,小林真一,長谷川純一,藤村昭夫,渡邉裕司責任編集,医学書院,2017,pp.95-105.
  5. 内田信也,“第3章 臨床薬理学、B. 臨床薬物動態学、H. 処方と調剤”,標準薬理学第7版,今井正,宮本英七監修,飯野正光,鈴木秀典編集,医学書院,2015,pp.35-38, pp.56-59.
  6. 内田信也,山田静雄,“第12章 4.セントジョーンズワート,5.イチョウ葉エキス、7.エゾウコギ”,ストレスの基本理解と抗ストレス食品の開発,横越英彦監,シーエムシー出版,2012, pp.227-231, pp.232-237, pp.243-245.
  7. 内田信也,“総論8 薬物投与設計とTDM”,疾患からみた臨床薬理学第3版,大橋京一,藤村昭夫,渡邉裕司編,じほう,2012,pp.64-81.
  8. 内田信也,“第6章 内分泌代謝系治療薬,第8章感染症治療薬”,医学生の基本薬,渡邉裕司編,医学書院,2010,pp.151-155, pp.226-236.
  9. 内田信也,渡邉裕司,“医師に対する処方支援サービス”,くすりをつかうエビデンスをつかう,津谷喜一郎,内田英二編,中山書店,2007,pp. 23-31.
  10. 内田信也,渡邉裕司,“領域別有害事象からみたケーススタディ〔3〕循環器系”,有害事象【領域別】の判定・評価法と当局への対応―判断に苦慮したケーススタディと解決策―,技術情報協会,2005,pp.63-70.

教育・研究に対する考え方

教育:自ら問題点を把握し解決できる能力および医療人としての自覚と人間性に富む人材の育成を目指したいと思います。
研究:基礎研究と臨床研究を組み合わせながら薬物の体内動態と薬効の関係を明らかにすることで、病気で苦しむ人により良い薬をより適切に届けることに貢献したいと思います。

研究シーズ集に関するキーワード

薬物動態,臨床効果,副作用,PK/PD解析,薬物相互作用,バイオアベイラビリティ,代謝酵素,トランスポーター,カクテル試験

モバイル表示

PC表示