グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
永谷 実穂(NAGATANI Miho)
所属・職名
看護学部看護学科(母性看護学) 講師
看護学研究科(助産学) 講師(兼務)
Eメールアドレス
nagatani@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2011年3月 静岡大学教育学研究科修士課程学校教育教育心理専攻修了
2019年3月 順天堂大学看護学研究科博士後期課程修了

学位

看護学博士(順天堂大学・2019年)

専門分野

母性看護学、助産学、ウィメンズヘルス

担当科目

【看護学部】母性看護学Ⅱ、母性看護学概論、母性看護援助論Ⅰ、母性看護援助論Ⅱ、母性看護学演習、母性看護学実習、発展看護実習Ⅰ、発展看護実習Ⅱ、看護統合セミナーⅡチーム医療、卒業研究
【大学院助産学分野】リプロダクティブ・ヘルス演習

主要研究テーマ

  • 就労更年期女性の健康教育に関する研究
  • ウィメンズヘルスに関する研究
  • 看護学実習における学生の自己効力感に関する研究

所属学会

日本看護学会
日本母性衛生学会
日本母性看護学会
日本看護学教育学会
日本心理学会
日本更年期と加齢のヘルスケア学会
日本サプリメント学会
日本看護科学学会
日本女性医学学会

主な経歴

2002年10月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助手
2007年4月 静岡県立大学短期大学部看護学科 助教
2011年6月 静岡県立大学短期大学部看護学科 講師
2016年4月 静岡県立大学看護学部看護学科講師
2018年8月 順天堂大学医療看護学部助産学実習ティーチングアシスタント
2019年4月静岡県立大学看護学部看護学科・看護学研究科 講師

受賞歴

2018年 日本更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会 学会奨励賞

主な社会活動

焼津市介護認定審査会 審査委員 

主要研究業績

○学術論文
  • 永谷実穂:臨地実習が看護学生の自己効力感に与える影響、静岡大学教育学研究科修士論文、2010
  • 永谷実穂:臨地実習における自己効力感の変化に関する研究、静岡県立大学短期大学部紀要第24号、p1-12、2010
  • 日置智華子、藤本薫、永谷実穂、髙橋眞理:更年期女性へのヨーガ介入研究に関するプログラム構成の文献的検討−ナラティブレビューから−、日本看護科学会誌、37巻 p383-389、2017
  • 永谷実穂:就労更年期女性の更年期および仕事と家庭の捉え方が健康状態と更年期症状に及ぼす影響、更年期とヘルスケア、Vol.17、p27-36、2018

○著書
  • 現代看護キーワード事典、編者:現代看護キーワード事典企画・編集委員会、桐書房p2-15、2-16、2005年

○翻訳
  • ウィメンズヘルスとウェルネス 原書名:Women’s Health and Wellness Across the Lifespan.(2015)編者:エレン・F・オルシャンスキー 監訳:高橋眞理・グレンジャー智子 ゆう書房、p54-62、2017年

教育・研究に対する考え方

教育:ウィメンズヘルスを身近なものとして捉え、看護ができるような看護者を育てたいと考えている。
研究:探究心を持って取り組み、社会貢献および教育活動に生かしていけるように取り組んでいきたい。

モバイル表示

PC表示