グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:伊藤 創平

氏名
伊藤 創平(ITO Sohei)
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品蛋白質工学研究室) 准教授
食品栄養環境科学研究院 准教授(兼務)
部屋番号
食品栄養科学部棟5710号室
Eメールアドレス
itosohei@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/proeng/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_066.pdf

学歴

1998年3月 東京大学農学部応用生命科学科卒業
2000年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了
2003年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了

学位

農学博士(東京大学・2003年)

専門分野

蛋白質工学・構造生物学

担当科目

食品学実験、蛋白質工学、食品蛋白質工学特論、酵素学、バイオインフォマティクス、食品学総論、バイオ-静岡から世界へ、食品科学概論、食品科学特論、食品栄養科学特別実験、食品栄養科学特別演習I

主要研究テーマ

  • 蛋白質の機能解析・構造生物学
  • 蛋白質工学および分子進化工学的手法による機能改善
  • 人工設計による蛋白質の全設計・機能改善
  • コンピュータ解析とin vitro実験を融合した新たな手法の開発

所属学会

日本農芸化学会
日本生物工学会
日本蛋白質科学会

主な経歴

2003年4月 日本学術振興会特別研究員

主な社会活動

総合食品学講座 事業推進委員
静岡生命科学若手フォーラム委員

主要研究業績

1. Takaki Tokiwa, Shogo Nakano, Yuta Yamamoto, Takeshi Ishikawa, Sohei Ito, Vladimir Sladek, Kaori Fukuzawa, Yuji Mochizuki, Hiroaki Tokiwa, Fuminori Misaizu, and Yasuteru Shigeta: Development of analysis toolkit to visualize interaction energies generated by fragment molecular orbital calculations, Journal of Chemical Information and Modeling, in press.
2. Yurina Miyashita, Nobutaka Numoto, Sundaram Arulmozhiraja, Shogo Nakano, Naoya Matsuo, Kanade Shimizu, Osamu Shibahara, Michiko Fujihara, Hiroki Kakuta, Sohei Ito, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito and Hiroaki Tokiwa: Dual conformation of the ligand induces the partial agonistic activity of retinoid X receptor alpha, FEBS Lett., doi: 10.1002/1873-3468.13301.
3. Tsutomu Hashidume, Taiken Sakano, Ayaka Mochizuki, Keisuke Ito, Sohei Ito, Yasuaki Kawarasaki, Noriyuki Miyoshi: Identification of soybean peptide leginsulin variants in different cultivars and their insulin-like activities. Sci. Rep., 8, 16847
4. Yuki Honda, Shogo Nakano, Sohei Ito, Mohammad Dadashipour, Zilian Zhang, Yutaka Kawarabayasi: Improvement of ST0452 GlcNAc-1-phosphate uridyltransferase activity by the cooperative effect of two single mutations identified through structure-based protein engineering, Applied and Environmental Microbiology, 84(24), pii: e02213-18. doi: 10.1128/AEM.02213-18.
5. Shogo Nakano, Tomoharu Motoyama, Yurina Miyashita, Yuki Ishizuka, Naoya Matsuo, Hiroaki Tokiwa, Suguru Shinoda, Yasuhisa Asano, and Sohei Ito: Benchmark analysis of native and artificial NAD+-dependent enzymes generated by a sequence based design method with or without phylogenetic data, Biochemistry, 57, 3722-3732
6. Yuko Shimamura, Mio Utsumi, Chikako Hirai, Shogo Nakano, Sohei Ito, Ai Tsuji, Takeshi Ishii, Takahiro Hosoya, Toshiyuki Kan, Norio Ohashi and Shuichi Masuda: Binding of Catechins to Staphylococcal Enterotoxin A, Molecules, 23(5), 1125
7. Koichi Saeki, Sumio Hayakawa, Shogo Nakano, Sohei Ito, Yumiko Oishi, Yasuo Suzuki and Mamoru Isemura: In Vitro and In Silico Studies of the Molecular Interactions of Epigallocatechin-3-O-gallate (EGCG) with Proteins That Explain the Health Benefits of Green Tea”, Molecules, 23, 1295
8. Shogo Nakano, Shin-ichi Megro, Tadashi Hase, Takuji Suzuki, Mamoru Isemura, Yoriyuki Nakamura and Sohei Ito: Computational Molecular Docking and X-ray Crystallographic Studies of Catechins in New Drug Design Strategies”, Molecules, 23, 2020
【原著論文】 2017年
9. Tomoharu Motoyama, Shogo Nakano, Yuta Yamamoto, Hiroaki Tokiwa, Yasuhisa Asano, Sohei Ito, Product release mechanism associated with structural changes in monomeric L-threonine 3-dehydrogenase, Biochemistry, 56, 5758-5770 1Equally contribution
10. Daisuke Matsui1, Shogo Nakano1, Mohammad Dadashipour, and Yasuhisa Asano, Rational identification of aggregation hotspots based on secondary structure and amino acid hydrophobicity, Scientific reports, 7, 9558, doi:10.1038/s41598-017-09749-2 1Equally contribution
11. Akira Tani, Takuo Ohno, Tasuku Saito Sohei Ito, Tetsushi Yonekura, and Makoto Miwa, Effects of ozone on isoprene emission from two major Quercus species native to East Asia. J. Agri. Meteo., 73, 4, 195-202

教育・研究に対する考え方

良い仕事をしながら有益な人間関係を構築するためには、信頼関係を支える人間力と個人の能力の高める努力のバランスが必要です。また、年齢・性別・国籍如何を問わず、よい刺激を与え合える仲間の存在は、様々な事へのモチベーションの向上に繋がります。個性を尊重した教育・研究を行う中で、これらの事を達成しうる卒業生を育てていきたいと思います。研究では、人の健康長寿、生命科学の進歩に貢献する蛋白質工学的手法を中心とした研究を行いたいと考えています。

研究シーズ集に関するキーワード

酵素・蛋白質の人工設計, 蛋白質, インシリコスクリーニング, タンパク質工学, 酵素化学, 構造生物学

モバイル表示

PC表示