グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:河原崎 泰昌

氏名
河原崎 泰昌(KAWARASAKI Yasuaki)
出生年月
1970年
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(生物分子工学研究室) 准教授
食品栄養環境科学研究院 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5540
部屋番号
食品栄養科学部棟5410号室
Eメールアドレス
kawarsky@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/bel/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2021_066.pdf

学歴

1992年3月 名古屋大学農学部農芸化学科卒業
1994年3月 名古屋大学大学院農学研究科博士前期課程修了(食品工業化学専攻・生物反応工学)
1997年3月 名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程修了(食品工業化学専攻・生物反応工学)

学位

博士(農学)(名古屋大学・1997年)

専門分野

農芸化学・生物工学・分子生物学・応用生物科学

担当科目

分子生物学、遺伝子工学、食品生命科学実習Ⅲ(分子生物学関連実習)、生物分子工学特論、食品科学概論、食品栄養科学特別実験、食品栄養科学特別演習Ⅰ 等

主要研究テーマ

  • 有用蛋白質発現系に関する研究
  • 進化工学的手法を用いた酵素・蛋白質の機能改良
  • 蛋白質間相互作用に関する研究
  • 高度食品加工技術の開発
  • 発酵醸造関連技術の開発

所属学会

日本農芸化学会
日本分子生物学会
日本生物工学会
日本食品科学工学会
コンビナトリアルバイオエンジニアリング研究会(幹事)
酵素工学研究会
American Chemical Society
静岡ライフサイエンス若手フォーラム(委員)
静岡化学工学懇話会
バイオインダストリー協会
Asian Federation of Biotechnology

主な経歴

1997年 理化学研究所 基礎科学特別研究員
1998年 名古屋大学大学院生命農学研究科(助手)
2006年 静岡県立大学(助教授) 
この間、2002~2004年 テキサス大学オースティン校(博士研究員)

受賞歴

2004年 J. Biosci. Bioeng. 論文賞(第12回)
2014年 武田科学振興財団研究奨励賞(ライフサイエンス分野)

主な社会活動

静岡県吹奏楽連盟(大学・職場・一般の部)理事
1999年~ コンビナトリアルバイオエンジニアリング研究会幹事
2005~2006年 日本農芸化学会中部支部幹事
2009年~ 静岡県農林技術研究所 組換えDNA実験安全委員会委員
2010年~2015年 日本農芸化学会中部支部連絡評議員
2010年~ 静岡生命科学若手フォーラム(委員)
2011年~ 日本生物工学会中部支部評議員
2012年〜2014年 日本生物工学会和文誌編集委員
2015年~ 日本生物工学会英文誌編集委員
2016年 日本生物工学会 大会実行委員
2017年 日本農芸化学会 大会実行委員

主要研究業績

  1. Kurose T., Saito Y., Kimata K., Nakagawa Y., Yano A., Ito K., and *Kawarasaki Y.: Secretory expression of Lentinula edodes intracellular laccase by yeast high-cell-density system: a sub-milligram production of “difficult-to-express” secretory protein. J. Biosci. Bioeng. 117, 659-663 (2014)
  2. Lan V.T.T., *Ito K., Ito S., and Kawarasaki Y.: Trp-Arg-Xaa tripeptides act as uncompetitive-type inhibitors of human dipeptidyl peptidase IV, Peptides, 54, 166-70 (2014)
  3. Lan V.T.T., Ito K., Ohno M., Motoyama T., Ito S., Kawarasaki Y.: Analyzing a dipeptide library to identify human dipeptidyl peptidase IV inhibitor. Food Chem. 175, 66-73 (2015)
  4. Mori A., Hara S., Sugahara T., Kojima T., Iwasaki Y., Kawarasaki Y., Sahara T., Ohgiya S., Nakano H.: Signal peptide optimization tool for the secretion of recombinant protein from Saccharomyces cerevisiae. J Biosci Bioeng. 120, 518-525 (2015)
  5. Ohno M., Ito K., Lan V.T.T., Kusubata M., Tometsuka C., Koyama Y.I., Motoyama T., Ito S., Kawarasaki Y.: Synergistic inhibition of human dipeptidyl peptidase IV by combinations of peptides. Peptides 69, 115-117, (2015)
  6. Hashidume T, Sakano T, Mochizuki A, Ito K, Ito S, Kawarasaki Y, *Miyoshi N.: Identification of soybean peptide leginsulin variants in different cultivars and their insulin-like activities. Sci Rep. 2018 Nov 15;8(1):16847. doi: 10.1038/s41598-018-35331-5.
  7. Su H, Ito K, Kawarasaki Y, Morita H, Nose H, Ikeda K, Nakadouzono F, Gokuden M, Kamiyama S, Tokaji A, Rikitake Y, Kawaguchi T, Umekita K, Oishi S, Abe F, Kanda T, Kawabata H, Ando S, Ohashi N. Insight of diagnostic performance using B-cell epitope antigens derived from triple P44-related proteins of Anaplasma phagocytophilum. Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 2019 Oct;95(2):125-130 (2019). doi: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.05.008. Epub 2019 May 18. PMID: 31182246
  8. *Tanaka M., Ito K., Matsuura T., Kawarasaki Y., Gomi K. Identification and distinct regulation of three di/tripeptide transporters in Aspergillus oryzae. Bioschi. Biochem. Biotechnol., accepted.
  9. *Kawarasaki Y., Ohashi S., Watabe R., Tanaka M., Kurose T., Ito K.: High cell-density expression system: Yeast cells in a phalanx efficiently produce a certain range of “difficult-to-express” secretory recombinant proteins, Method. Mol. Biol. 1258, 169-178 “Insoluble Proteins: Methods and Protocols” Part 9, 2nd edition, ed. by Elena Garcia-Fruitos, Humana Press (2021)

教育・研究に対する考え方

教育:高い倫理観をもち、優れた能力をもった高度産業技術者を養成する。
研究:
(1)酵素・有用蛋白質の高効率生産法の開発
(2)分子生物学的方法論・手法の開発
(3)有用分子・細胞創生技術の開発

研究シーズ集に関するキーワード

酵素,蛋白質,難生産性希少酵素・蛋白質,酵母.菌体外生産,培養,発酵,ジャーファーメンター,高密度菌体懸濁液

モバイル表示

PC表示