グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
澤田 敬人(SAWADA Takahito)
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター長
電話番号
054-264-5254
部屋番号
一般教育棟2504号室
Eメールアドレス
sawada@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2021_111.pdf

学歴

1987年3月 早稲田大学第一文学部文学科卒業 
1989年12月 米国オクラホマシティ大学大学院アーツサイエンス学部教育学科修士課程修了
1999年7月 豪州ヴィクトリア工科大学大学院人間発達科学部教育学科博士課程退学

学位

博士(総合社会文化)(日本大学・2018年)
修士(教育学)(米国オクラホマシティ大学・1989年)

専門分野

比較国際教育学、教育社会学、オセアニア研究

担当科目

【学部】オーストラリア文化論、国際言語文化入門Ⅰ、比較文化へのアプローチ、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒業研究、英語科目
【大学院】英米社会文化研究、英米文化研究方法論、英米文化演習Ⅰ・Ⅱ

主要研究テーマ

  • 世界政体/世界文化のグローバル収斂理論による制度化分析
  • ネオリベラルの教育行政に於けるアングロウェストミンスターアプローチ
  • オーストラリア・ニュージーランドの多文化主義とホワイトネス
  • 帝国ドミニオンサイエンスに於ける政治的・地政学的無意識
  • 社会問題の社会的事実性をめぐる言説媒介の多国間分析

所属学会

オセアニア教育学会(理事・研究推進委員会委員長)
日本国際教育学会(学会賞選考委員会委員)
日本比較文化学会(副会長(特命事項:研究・教育担当)・理事・学会賞選考委員会委員・編集委員会委員)
日本比較文化学会中部支部(副支部長・編集委員会委員長)
言語文化学会(理事)

主な経歴

1990年4月 東海大学湘南校舎非常勤講師 
1993年4月 静岡県立大学国際関係学部講師
1994年7月 豪州グリフィス大学人文学部オーストラリア比較研究学科訪問研究員
1998年4月 静岡県立大学国際関係学部助教授 
2007年4月 静岡県立大学国際関係学部准教授
2008年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター研究員
2011年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科准教授(兼務)
2016年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター副センター長
2017年10月 静岡県立大学国際関係学部教授・大学院国際関係学研究科教授(兼務)

主な社会活動

  • 『インターナショナル・ジャーナル・オブ・マルチカルチュラル・エデュケーション』(~2018年:アメリカ合衆国ペンシルベニア州、2018年~:韓国ソウル・延世大学校)エディトリアル・アドバイザリー・ボード、2016年~
  • 香港スタディツアー(香港理工大学、九龍)実施担当、日本比較文化学会中部支部、2018年
  • 学会査読誌編集業務:『オセアニア教育研究』(第18号編集委員(2012年)、第19号~第21号副編集委員長(2013年~2015年)、第22号~第24号編集委員長(2016年~2018年))、『国際教育』(第25号~第26号編集委員(2019年~2020年))、『日本学習社会学会年報』(第8号~第10号編集委員(2012年~2014年))、『比較文化研究』(第137号編集責任者(2019年)、第143号編集責任者(2021年)、編集委員会委員(2018年~))

主要研究業績

  • 「第5章 オーストラリアにおける学力テストと学校予算の関係性」単著、佐藤仁・北野秋男編『世界のテスト・ガバナンス―日本の学力テストの行く末を探る』東信堂、東京都文京区、pp.104-117、2021年、日本学術振興会科学研究費助成事業研究成果公開促進費学術図書出版助成    
  • 『現代オーストラリアの高等教育システム改革―ドーキンズ改革による全国一元制への移行を中心に―』単著、関西学院大学出版会・学位論文オンデマンド出版サービス、兵庫県西宮市、全223頁、2021年                                      
  • 「第7章 漂流する知的難民―外国人ポスドクの実態と問題点を中心にー」「科学技術基本法」単著、北野秋男・上野昌之編『ニッポン、クライシス!―マイノリティを排除しない社会へ―』学事出版、東京都千代田区、pp.101-120、2020年、日本学術振興会科学研究費助成事業研究成果公開促進費学術図書出版助成
  • 「テスト・ガバナンスの構造的特質に関する比較研究―ノルウェー、韓国、オーストラリア、イギリスに着目して―」共著、『テスト・ガバナンスの基盤形成における構造的比較研究』日本学術振興会科学研究費助成事業基盤研究(B)研究成果報告書(2016年度―2018年度)、pp.112-136、2019年
  • 「世界政体理論/世界文化理論の比較教育学とオーストラリア:世界の教育組織が類似する理由、途上国の大衆教育が円滑に普及する理由を超えて」単著、『言語文化学会論集』第44号、言語文化学会、pp.277-286、2015年
  • 『多文化社会を形成する実践者たち―メディア・政治・地域』単著、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、全253頁、2012年
  • 『グローバリゼーション―オーストラリア教育市場化の研究』単著、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、全216頁、2005年
  • 「マオリ知識人・グローバリゼーション・脱植民地主義―OECD教育研究開発審査におけるニュージーランドのマオリ教育をめぐって」単著、『オセアニア研究』第17号、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、pp.9-17、2006年
  • 『これからの学校―知識と情報による変革の時代に(OECD教育レポートシリーズ)』経済協力開発機構著、単訳、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、全144頁、2006年、OECD日本語出版補助プログラム助成
  • 『役立つ教育研究―イギリスとニュージーランドの教育研究開発システム(OECD教育レポートシリーズ)』経済協力開発機構著、単訳、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、全196頁、2004年、OECD日本語出版補助プログラム助成
  • 『大学・学生・社会の新しい関係―オーストラリア・ブリスベンとフランス・パリで開催した高等教育マネジメントに関するセミナー報告(OECD教育レポートシリーズ)』経済協力開発機構著、単訳、オセアニア出版社、神奈川県横浜市、全230頁、2003年、OECD日本語出版補助プログラム助成

教育・研究に対する考え方

学生は、人文社会科学と自然科学の一般教養ならびに専門の基礎をしっかり身に付け、研究を通じて独創性を発揮し、幸せになればいいと思います。私の研究は、効率性を考慮せずとも創造性を目指し、先行研究の吟味を忘れずに新しさを生み出す手法のもとで一定の成果を挙げており、今後もこのペースを崩すことなく進めてゆく所存です。

研究シーズ集に関するキーワード

世界政体/世界文化, ポスト国民国家, グローバル・ガバナンス, ハイステイクス性, ナショナル・カリキュラム, グローバル人材, 国際学力調査, グローバル収斂理論, オーストラリアのNAPLAN

モバイル表示

PC表示