グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
照喜名 孝之(TERUKINA Takayuki)
所属・職名
薬学部薬学科(創剤科学分野) 助教
薬学研究院(創剤工学教室) 助教(兼務)
Eメールアドレス
t_terukina@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/pharmeng/

学歴

2012年3月 名古屋市立大学薬学部薬学科卒業
2016年3月 名古屋市立大学薬学研究科博士後期課程修了

学位

博士(薬学)(名古屋市立大学・2016年)

専門分野

DDS、製剤学、医療薬学

担当科目

 

主要研究テーマ

  • テーラーメイド製剤開発に向けた基礎研究
  • 放出制御型製剤の開発へのIoT技術の導入に向けた基礎研究
  • 歯科領域におけるDDS製剤の開発と評価

所属学会

日本薬学会
日本薬剤学会

主な経歴

2016年4月 武蔵野大学薬学部 ポスドク
2017年4月 武蔵野大学薬学部 助教
2019年10月 静岡県立大学薬学部 助教

受賞歴

2016年 第25回DDSカンファランスPostdoctoral Presentation Award

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  1. Preparation of Calcium Phosphate Coated Simvastatin-Loaded PLGA Microspheres Dispersed Alginate Hydrogel Beads as a Controlled Drug Delivery Carrier. Key Engineering Materials (Bioceramics 30. Trans Tech Publications Ltd) p. 201–206, 2018.
  2. Controlled release of clarithromycin from PLGA microspheres enhances bone regeneration in rabbit calvaria defects. Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials, vol. 106, no. 1, p. 201–208, 2018.
  3. Predictive Evaluation of Pharmaceutical Properties of Ulinastatin-Containing Vaginal Suppositories as a Hospital Preparation by Near-Infrared Spectroscopy. Chemical and Pharmaceutical Bulletin, vol. 66, no. 6, p. 589–595, 2018.
  4. Preparation and Evaluation of Spray-Dried Nano-Hydroxyapatite/Saccharide Complex for Oral Administration. Key Engineering Materials. (Bioceramics 30. Trans Tech Publications Ltd) p. 124–128, 2018.
  5. Pharmaceutical evaluation of hospital-prepared, ulinastatin-containing vaginal suppositories”. Journal of Drug Delivery Science and Technology. vol. 44, p. 1–7, 2018.
  6. Development of Controllable Simvastatin-Releasing PLGA/β-TCP Composite Microspheres Sintered Scaffolds as Synthetic Bone Substitutes. Key Engineering Materials (Bioceramics 29. Trans Tech Publications), p. 126–131, 2017.
  7. Development of a Sustainable Release System for a Ranibizumab Biosimilar Using Poly(lactic-co-glycolic acid) Biodegradable Polymer-Based Microparticles as a Platform. Biological and Pharmaceutical Bulletin, vol. 40, no. 2, p. 145–150, 2017.
  8. Development and effect of a sustainable and controllable simvastatin-releasing device based on PLGA microspheres/carbonate apatite cement composite: In vitro evaluation for use as a drug delivery system from bone-like biomaterial. Journal of Drug Delivery Science and Technology, vol. 37, p. 74–80, 2017.
  9. Physicochemical Characterization of Nano-Hydroxyapatite Prepared by a Wet Method. Key Engineering Materials (Bioceramics 29. Trans Tech Publications), p. 189–193, 2017.
  10. The effect of the release behavior of simvastatin from different PLGA particles on bone regeneration in vitro and in vivo: Comparison of simvastatin-loaded PLGA microspheres and nanospheres. Journal of Drug Delivery Science and Technology. vol. 33, p. 136–142, 2016.
  11. The effect of simvastatin-loaded polymeric microspheres in a critical size bone defect in the rabbit calvaria”. International Journal of Pharmaceutics, 461(1-2), p. 157-162, 2014.

○総説
  1. 3Dプリンターによる製剤技術の将来. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, PMDRS, 50(4), 192-198、2019.
  2. 3Dスキャニングおよびプリンター技術を用いた製剤開発. ファルマシア 53.4, 365-365, 2017.
  3. 歯周組織再生治療に有用なSimvastatin含有PLGA粒子のSimvastatin放出特性が骨再生誘導能に与える影響. 製剤機械技術学会誌 25(4), 305-315, 2016.

教育・研究に対する考え方

教育:技術の進歩と共に、今後は、問題が希少で解決策が過剰になるという時代に突入するのではないかと、大学内での生活及び日々の生活を通して実感している。ただ単に問題解決能力が高いだけでは価値を生み出せない時代になると考えている。ビジネスは常に問題発見と問題解決が組み合わさることで成立するが、大学教育でも、学生が主体となって、新たに問題を発見し、解決方法を探ることが可能になる教育を行うべきであると考えている。そこで、講義はもちろん、普段の研究を通して、自分だけでなく、学生にとって、講義・研究を良くする為にはどのような努力をすべきか、どのような準備をすべきか、何に気をつけるべきかを細部まで検討し、学生の手本となり、これから迎える新時代で活躍できる人材を育成できるような教育に、科学的にかつ実直に携わりたい。
研究:社会・学会で解決が望まれている課題を研究対象とするのが望ましいと考える。取り組んできた製剤学および物理薬剤学は、薬学の中でも実学に近い存在であると確信している。研究を通して、理論研究だけでなく、出口を見据えた成果をどのように利用するかという立場から研究を行っていきたい。

モバイル表示

PC表示