グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:大澤 隆志

氏名
大澤 隆志(OSAWA Takashi)
出生年月
1984年2月
所属・職名
薬学部薬学科(臨床薬剤学分野) 講師
薬学研究院(臨床薬剤学教室) 講師(兼務)
電話番号
054-264-5771
部屋番号
薬学部棟6616号室
Eメールアドレス
t-osawa@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/rinyaku/

学歴

2007年3月 金沢大学薬学部総合薬学科卒業
2009年3月 金沢大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了
2014年3月 浜松医科大学医学系研究科博士課程修了

学位

医学博士(浜松医科大学・2014年)

専門分野

臨床薬物動態学、臨床薬理学、医療薬学

担当科目

 

主要研究テーマ

  • 多発性骨髄腫患者におけるプロテアソーム阻害薬の血中動態解析
  • 薬物動態学的アプローチに基づく有害事象の解明

所属学会

日本医療薬学会
日本薬学会

主な経歴

2009年4月 浜松医科大学医学部付属病院 薬剤部
2019年4月 静岡県立大学薬学部 講師

受賞歴

平成27年11月 
第25回医療薬学会年会(横浜)優秀演題賞受賞
細菌性膣炎の妊婦におけるクロラムフェニコール膣錠の血中移行性の定量的評価
原内智慧、大澤隆志、久保野尚子、内藤隆文、伊藤宏晃、金山尚裕、川上純一

平成26年度 
日本病院薬剤師会 学術奨励賞
日本における製薬企業による医療用医薬品の実態調査
石田卓也、内藤隆文、大澤隆志、山川花朱美、川上純一

平成24年 10月
First Prize,Outstanding poster presentation,FIP (International Pharmaceutical Federation) World Centennial Congress 2012 of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences. Hospital Pharmacy Section.(Amsterdam)
Comparison of the contamination levels on the exterior surface of the vials containing platinum anticancer drugs among the pharmaceutical products.
Naito T,Osawa T,Suzuki N,Goto T,Takada A,Nakamichi H,Onuki Y,Imai K,Nakanishi K,Kawakanli J

平成22年 2月
第24回静岡県病院薬剤師会学術大会(静岡)優秀賞受賞
白金抗がん薬のバイアル表面汚染を指標とした製剤品質の評価
大澤隆志、内藤隆文、鈴木直哉、金子貴則、丸山修治、川上純一

主要研究業績

○原著論文
  1. Harauchi S, Osawa T, Kubono N, Itoh H, Naito T, Kawakami J. Transfer of vaginal chloramphenicol to circulating blood in pregnant women and its relationship with their maternal background and neonatal health. J Infect Chemother. 2017;23:446-451.
  2. 山本千琴, 石田卓矢, 大澤隆志, 内藤隆文, 川上純一. 日本における一般用医薬品の自主回収の実態調査. 薬学雑誌. 2016;136:1307-1312.
  3. Osawa T,Naito T, Kaneko T, Mino Y, Ohnishi K, Yamada H,Kawakami J. Blood distribution of bortezomib and its kinetics in multiple myeloma patients. Clin Biochem. 2014;47:54-9.
  4. 石田卓矢, 大澤隆志, 内藤隆文, 川上純一. 日本における製薬企業による医療用医薬品の自主回収の実態調査. 日病薬誌. 2013;49:283-286.
  5. Naito T,Osawa T,Suzuki N, Goto T,Takada A,Nakamichi H,Onuki Y,Imai K,Nakanishi K, Kawakami J. Comparison of contamination levels on the exterior surfaces of vials containing platinum anticancer drugs in Japan. Biol Pharm Bull. 2012;35:2043-9.
  6. Osawa T,Naito T,Suzuki N,Imai K,Nakanishi K,Kawakami J. Validated method using liquid chromatography-electrospray ionization tandem mass spectrometry for the determination of contamination of the exterior surface of vials containing platinum anticancer drugs. Talanta. 2011;85:1614-20.

教育・研究に対する考え方

臨床における薬剤師職能と研究志向の両方を備えた薬学生の育成を行うとともに、私自身も臨床の経験を活かした研究を行い、薬物治療の適正化を介して地域社会や国際社会に貢献したい。

モバイル表示

PC表示