グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:金沢 貴憲

氏名
金沢 貴憲(KANAZAWA Takanori)
出生年月
1980年6月
所属・職名
薬学部薬学科(創剤科学分野) 准教授
薬学研究院(創剤工学教室) 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5612
部屋番号
薬学部棟6121号室
Eメールアドレス
t.kanazawa@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/pharmeng/

学歴

2004年3月 東京薬科大学薬学部卒業
2006年3月 東京薬科大学大学院薬学研究科 博士前期課程修了

学位

博士(薬学)(東京薬科大学・2010年7月)

専門分野

薬物送達学、製剤設計学、薬物動態制御学、ナノ材料科学

担当科目

製剤学、創剤工学、創剤工学特論、暮らしと科学、自然科学概論、医療系薬学実習

主要研究テーマ

  • 鼻-脳輸送機構に基づく中・高分子DDSの開発と脳・脊髄疾患治療
  • 組織浸透型核酸内封微小ナノDDSの開発とがん治療
  • 経口投与型核酸含有微粒子の開発と潰瘍性大腸炎治療
  • 核酸医薬含有多成分集合型ナノ微粒子作製技術の確立と高機能化

所属学会

日本薬学会
日本薬剤学会(代議員)
日本DDS学会
日本核酸医薬学会
日本酸化ストレス学会
遺伝子・デリバリー研究会
The Controlled Release Society
The Oligonucleotide Therapeutics Society

主な経歴

2006年4月 東京薬科大学薬学部 助手
2011年1月 東京薬科大学薬学部 助教
2016年4月 東京薬科大学薬学部 講師
2017年4月 日本大学薬学部 専任講師
2020年4月 静岡県立大学薬学部 准教授

〇兼務
2014年4月~2015年3月 Northeastern University 客員助教 (留学)
2016年6月~2018年3月 国立がん研究センター先端医療センター 機能診断開発分野 客員研究員
2017年4月~2020年3月 東京薬科大学薬学部 客員講師
2020年4月~ 日本大学薬学部 客員研究員
2020年4月~ 東京薬科大学薬学部 客員准教授

受賞歴

2006年 日本薬剤学会第21年会 最優秀発表賞
2013年 日本薬剤学会 Postdoctoral Presentation Award
2015年 遺伝子・デリバリー研究会 奨励賞
2016年 日本薬剤学会 Global Education Seminar Presentation Award
2016年 日本薬学会関東支部 奨励賞
2017年 Elsevier Outstanding Reviewer Award 2017 for International Journal of Pharmaceutics
2019年 日本薬剤学会 奨励賞
2020年 日本DDS学会 奨励賞

主な社会活動

2020年4月- 日本薬剤学会 創剤・製剤セミナー実行委員
2019年12月- Editorial Topic Board of Pharmaceutics
2019年5月- 日本薬剤学会第34年会 ラウンドテーブル5 「次世代を担う核酸医薬DDS技術」オーガナイザー
2018年11月- 日本薬剤学会 遺伝子・核酸医薬フォーカスグループ執行委員
2018年9月- Editorial Board of International Journal of Pharmaceutical Sciences Research
2018年3月- Abstract Reviewer of the Controlled Release Society (CRS) Annual Meeting & Exposition 2018
2018年4月- 日本薬剤学会 機関紙「薬剤学」編集委員
2018年4月- 日本薬剤学会 代議員

主要研究業績

○学術論文
  1. Ibaraki H, Kanazawa T*, Chien WY, Nakaminami H, Aoki M, Ozawa K, Kaneko H, Takashima Y, Noguchi N, Seta Y, The effects of surface properties of liposomes on their activity against Pseudomonas aeruginosa PAO-1 biofilm, J. Drug Deliv. Sci. Tech., 7:101754 (2020).
  2. Nango H, Kosuge Y, Yoshimura N, Miyagishi H, Kanazawa T, Hashizaki K, Suzuki T, Ishige K, The molecular mechanisms underlying prostaglandin D2-induced neuritogenesis in motor neuron-like NSC-34 cells, Cells, 9(4): 934 (2020)
  3. Ibaraki H, Kanazawa T* (Equal contribution to 1st author), Owada M, Iwaya K, Takashima Y, Seta Y, Anti-Metastatic Effects on Melanoma via Intravenous Administration of Anti-NF-κB siRNA Complexed with Functional Peptide-Modified Nano-Micelles, Pharmaceutics, 12(1): 64 (2020).
  4. Suzuki N, Kanazawa T, Takatori K, Suzuki T, Fukami Y, Crystal Structure Analysis and Pharmaceutical Properties of Amide Salts Consisting of Paracetamol/Sulfonic Acids as Solid Forms Prepared by Grinding. Cryst. Growth. Des. 20(2): 590-599 (2020).
  5. Kanazawa T*, Kurano T, Ibaraki H, Takashima Y, Suzuki T, Seta Y, Therapeutic Effects in a Transient Middle Cerebral Artery Occlusion Rat Model by Nose-To-Brain Delivery of Anti-TNF-Alpha siRNA with Cell-Penetrating Peptide-Modified Polymer Micelles. Pharmaceutics. 11(9): 478 (2019).
  6. Ibaraki H, Kanazawa T* (Equal contribution to 1st author), Kurano T, Oogi C, Takashima Y, Seta Y. Anti-RelA siRNA-encapsulated flexible liposome with tight junction-opening peptide as a non-invasive topical therapeutic for atopic dermatitis. Biol Pharm Bull. 42:1-11 (2019).
  7. Ibaraki H, Kanazawa T* (Equal contribution to 1st author), Chihiro Oogi, Takashima Y, Seta Y. Effects of surface charge and flexibility of liposomes on dermal drug delivery. J. Drug Deliv. Sci. Tech. 50:155-162 (2019). (IF=2.606)
  8. Fukuda H, Suzuki T, Hashizaki K, Yoshimura S, Kobayashi C, Omotani Y, Suzuki N, Kanazawa T, Fukami T, Yamamoto Y, Optimum Volume of Water Needed for the Paste State of Pediatric Powders: Considerations Based on Yield Values and Applications to Generic Medicine, Yakugaku-Zasshi, 139(2), 299-308 (2019).
  9. Ibaraki H, Kanazawa T* (Equal contribution to 1st author), Takashima Y., Okada H., Seta Y., Transdermal anti-nuclear kappaB siRNA therapy for atopic dermatitis using a combination of two kinds of functional oligopeptide, Int. J. Pham., 542, 213-220 (2018).
  10. Kanazawa T, Fukuda M, Suzuki N, Suzuki T*, Novel methods for intranasal administration under inhalation anesthesia to evaluate nose-to-brain drug delivery, J. Vis. Exp., 141, e58485 (2018).
  11. Kanazawa T*, Development of non-invasive drug delivery system to the brain for brain diseases therapy, Yakugaku-Zasshi, 138, 443-450 (2018)
  12. Kanazawa T*, Kaneko M, Niide T, Akiyama F, Kakizaki S, Ibaraki H, Shiraishi S, Takashima Y, Suzuki T, Seta Y, Enhancement of nose-to-brain delivery of hydrophilic macromolecules with stearate- or polyethylene glycol-modified arginine-rich peptide, Int. J. Pharm., 530, 195–200 (2017).
  13. Kanazawa T*, Tamano K, Sogabe K, Endo T, Ibaraki H, Takashima Y, Seta Y, Intra-articular retention and anti-arthritic effects in collagen-induced arthritis model mice by injectable small interfering RNA containing hydrogel, Biol. Pharm. Bull., 40, 1-6 (2017).
  14. Ibaraki H, Kanazawa T*(Equal contribution to 1st author), Takashima Y, Okada H, Seta Y, Development of an Innovative Intradermal siRNA Delivery System Using a Combination of a Functional Stearylated Cytoplasm-Responsive Peptide and a Tight Junction-Opening Peptide, Molecules, 21, 1979 (2016).
  15. Kanazawa T*, Endo T, Arima N, Ibaraki H, Takashima Y, Seta Y, Systemic delivery of small interfering RNA targeting nuclear factor κB in mice with collagen-induced arthritis using arginine-histidine based oligopeptide-modified polymer nanomicelles, Int. J. Pharm., 515, 315–323 (2016).
  16. Kanazawa T*, Shizawa Y, Takeuchi M, Tamano K, Ibaraki H, Seta Y, Takashima, Okada H, Topical Anti-Nuclear Factor-Kappa B Small Interfering RNA with Functional Peptides Containing Sericin-Based Hydrogel for Atopic Dermatitis. Pharmaceutics, 7, 294-304 (2015).
  17. Kanazawa T*, Hamasaki T, Endo T, Tamano K, Sogabe K, Seta Y, Ohgi T, Okada H, Functional peptide nanocarriers for delivery of novel anti-RelA RNA interference agents as a topical treatment of atopic dermatitis. Int J Pharm., 489, 261-27 (2015).
  18. Kanazawa T*, Yamazaki M, Fukuda T, Takashima Y, Okada H, Versatile nuclear localization signal-based oligopeptide as a gene vector. Biol Pharm Bull., 38, 559-65 (2015).
  19. Kanazawa T*, Brain delivery of small interfering ribonucleic acid and drugs through intranasal administration with nano-sized polymer micelles. Med Devices (Auckl), 6, 57-64 (2015)
  20. Okada H, Tanaka K, Ogawa T, Kanazawa T, Takashima Y, Cytoplasm-responsive delivery systems for siRNA using cell-penetrating peptide nanomicelles, J. Drug Del. Sci. Tech., 24, 3-11 (2014)
  21. Kanazawa T*, Morisaki K, Suzuki S, Takashima Y, Prolongation of life in rats with malignant glioma by intranasal siRNA/drug co-delivery to the brain with cell-penetrating peptide-modified micelles. Mol. Pharm., 11, 1471-1478 (2014).
  22. Lajunen T, Hisazumi K, Kanazawa T, Okada H, Seta Y, Yliperttula M, Urtti A, Takashima Y*, Topical drug delivery to retinal pigment epithelium with microfluidizer produced small liposomes. Eur J Pharm Sci., 62, 23-32 (2014).
  23. Kanazawa T, Takashima Y, Tamura T, Okada H, Needle-free intravaginal DNA vaccination using a stearoyl oligopeptide carrier promotes local gene expression and immune responses. Int. J. Pharm., 447, 70-74 (2013).
  24. Kanazawa T*, Akiyama F, Kakizaki S, Takashima Y, Seta Y, Delivery of siRNA to the brain using a combination of nose-to-brain delivery and cell-penetrating peptide-modified nano-micelles. Biomaterials, 34, 9220-9226 (2013).
  25. Tanaka K, Kanazawa T (Equal contribution to 1st author), Horiuchi S, Ando T, Sugawara K, Takashima Y, Seta Y, Okada H*, Cytoplasm-responsive nanocarriers conjugated with a functional cell-penetrating peptide for systemic siRNA delivery. Int. J. Pharm., 455 , 40-47 (2013).
  26. Kanazawa T*, Sugawara K, Tanaka K, Takashima Y, Okada H, Suppression of tumor growth by systemic delivery of anti-VEGF siRNA with cell-penetrating peptide-modified MPEG-PCL nanomicelles. Euro. J. Pharm. Biopharm., 81, 470-477 (2012).
  27. Kanazawa T, Takashima Y, Okada H, Vaginal DNA vaccination against infectious diseases transmitted through the vagina. Front. Biosci. (Elite Ed), 1, 2340-53 (2012)
  28. Takashima Y, Tsuchiya T, Igarashi Y, Kanazawa T, Okada H, Urtti A, Non-invasive ophthalmic liposomes for nucleic acid delivery to posterior segment of eye. Yakugaku-Zasshi, 132, 1365-70 (2012).
  29. Taki H, Kanazawa T*(Equal contribution to 1st author), Akiyama F, Takashima Y, Okada H, Intranasal Delivery of Camptothecin-Loaded Tat-Modified Nanomicells for Treatment of Intracranial Brain Tumors. Pharmaceuticals, 5, 1092-1102 (2012).
  30. Nishino Y, Kubota A, Kanazawa T, Takasima Y, Ozeki T, Okada H, Improved intestinal absorption of a poorly water-soluble oral drug by using mannitol microparticles containing a nano-solid drug dispersion. J. Pharm. Sci., 101, 4191-4200 (2012).
  31. Kanazawa T*, Taki H, Tanaka K, Takashima Y, Okada H, Cell-penetrating peptide-modified block copolymer micelles promote direct brain delivery via intranasal administration. Pharm. Res., 28, 2130-9 (2011).
  32. Tanaka K, Kanazawa T (Equal contribution to 1st author), Sugawara K, Horiuchi S, Takashima Y, Okada H*, A cytoplasm-sensitive peptide vector cross-linked with dynein light chain association sequence (DLCAS) enhances gene expression. Int. J. Pharm., 419, 231-234 (2011).
  33. Uchida T, Kanazawa T*(Equal contribution to 1st author), Kawai M, Takashima Y, Okada H, Therapeutic effects on atopic dermatitis by anti-RelA short interfering RNA combined with functional peptides Tat and AT1002. J. Pharmacol. Exp. Ther., 338, 443-50 (2011).
  34. Uchida T, Kanazawa T (Equal contribution to 1st author), Takashima Y, Okada H, Development of an Efficient Transdermal Delivery System of Small Interfering RNA Using Functional Peptides, Tat and AT-1002, Chem. Pharm. Bull., 59, 196-201 (2011).
  35. Tanaka K, Kanazawa T (Equal contribution to 1st author), Ogawa T, Takashima Y, Fukuda T, Okada H, A novel, bio-reducible gene vector containing arginine and histidine enhances gene expression, Chem Pharm Bull, 59, 202-207 (2011).
  36. Nishida A, Naganuma T, Kanazawa T, Takashima Y, Yamada M, Okada H, The characterization of protein release from sericin film in the presence of an enzyme: towards fibroblast growth factor-2 delivery. Int. J Pharm., 414, 193-202 (2011).
  37. Kanazawa T, Takashima Y, Tamura T, Tsuchiya M, Shibata Y, Udagawa H, Okada H, Local gene expression and immune responses of vaginal DNA vaccination using a needle-free injector. Int. J. Pharm., 396, 11-16 (2010). 
  38. Tanaka K, Kanazawa T* (Equal contribution to 1st author), Shibata Y, Suda Y, Fukuda T, Takashima Y, Okada H, Development of cell-penetrating peptide-modified MPEG-PCL diblock copolymeric nanoparticles for systemic gene delivery, Int. J. Pharm., 396, 229-238 (2010).
  39. Tanaka K, Kanazawa T (Equal contribution to 1st author), Ogawa T, Takashima Y, Fukuda T, Okada H, Disulfide crosslinked stearoyl carrier peptides containing arginine and histidine enhance siRNA uptake and gene silencing. Int. J. Pharm., 398, 219-224 (2010).
  40. Nishida A, Masaki Yamada, Kanazawa T, Takashima Y, Kiyohisa Ouchi, Okada H*, Use of silk protein, sericin, as a sustained-release material in the form of a gel, sponge and film, Chem Pharm Bull, 58, 1480-1486 (2010).
  41. Nishida A, Yamada M, Kanazawa T, Takashima Y, Ouchi K, Okada H. Sustained-release of protein from biodegradable sericin film, gel and sponge, Int. J. Pharm., 407, 44-52 (2010).
  42. Kanazawa T, Takashima Y, Murakoshi M, Nakai Y, Okada H, Enhancement of gene transfection into human dendritic cells using cationic PLGA nanospheres with a synthesized nuclear localization signal, Int.J. Pharm., 379, 187-195 (2009).
  43. Kimura A, Kamo Y, Takashima Y, Kanazawa T, Okada H, Fukuda T, Synthesis and transport activities of HIV-Tat peptide-modified cholesterol pullulan, Chemistry Letters, 38, 970-971 (2009).
  44. Kanazawa T, Takashima Y, Shibata Y, Tsuchiya M, Tamura T, Okada H, Effective vaginal DNA delivery with high transfection efficiency is a good system for induction of higher local vaginal immune responses, J.Pharm. Pharmacol., 61, 1457-1463 (2009).
  45. Kanazawa T, Takashima Y, Hirayama S, Okada H, Effects of menstrual cycle on gene transfection through mouse vagina for a DNA mucosal vaccine, Int. J. Pharm., 360, 164-170 (2008).
  46. Takashima Y, Saito R, Nakajima A, Oda M, Kimura A, Kanazawa T, Okada H, Spray-drying preparation of microparticles containing cationic PLGA nanospheres as gene carriers for avoiding aggregation of nanospheres, Int. J. Pharm., 343, 262–269 (2007).

○和文総説
  1. 鈴木直人, 金沢貴憲, 鈴木豊史, Nose-to-Brainデリバリーを志向した経鼻投与製剤の設計, Pharm Tech Japan, 36(7), , (2020)
  2. 鈴木豊史, 金沢貴憲, 鈴木直人, 鼻から脳への薬物送達における輸送機構とナノシステムの役割, オレオサイエンス, 20(2), 61-69 (2020)
  3. 鈴木直人, 金沢貴憲, 鈴木豊史, 経鼻投与方法, 連載特集 DDSの「ちょっとした」技術・知識, Drug Delivery System, 35 (2019)
  4. 金沢貴憲, 鈴木直人, 鈴木豊史, 脳・中枢神経系疾患治療薬開発の鍵となるBBB介在性および非介在性の薬物送達システム, バイオマテリアル-生体材料-, 36, 214-219 (2018)
  5. 高島由季, 茨木ひさ子, 金沢貴憲, 皮膚疾患治療に向けたsiRNA送達システム, Drug Delivery System, 33, 285-292 (2018)
  6. 金沢貴憲, Nose-to-Brain を基盤とする脳への核酸医薬 DDS, BIO Clinica, 33, 54-57 (2018)
  7. 金沢貴憲,機能性ナノミセルとNose-to-Brainデリバリーを基盤とする脳中枢への核酸医薬DDS,研究者の広場,アグリバイオ, 2, 1079-1082 (2018)
  8. 鈴木豊史,金沢貴憲,鈴木直人,血液脳関門を迂回する鼻から脳への薬物送達に適した鼻腔内製剤の開発を目指して,製剤機械技術会誌, 27, 216-221 (2018).
  9. 金沢貴憲, 高分子ミセルを基盤とする siRNA の全身およびNose-to-Brain DDS の開発, Drug Delivery System, 32 (2017)
  10. 金沢貴憲, 高島由季, 細胞透過性ペプチド修飾ナノキャリアと経鼻投与を用いた非侵襲的な脳への核酸送達技術, Pharm Tech Japan, 30, 1113-1118 (2014)
  11. 高島由季, 金沢貴憲, siRNAの経皮デリバリー研究, ファルマシア, 49, 385-389 (2013)
  12. 金沢貴憲, 高島由季, 高分子ミセルをキャリアとする経鼻投与による脳への薬物・核酸デリバリー, Drug Delivery System, 28, 318-327, (2013)
  13. 金沢貴憲, 松村悠, 高島由季, 岡田弘晃, SMEDDS技術による処方の標準化の試み,ファインケミカル, 39, 42-46 (2010).
  14. 金沢貴憲, 高島由季, 岡田弘晃, 徐放性マイクロスフェア型注射剤の開発によるsiRNA制がん剤の創薬, Drug Delivery System, 23, 544-552 (2008)
  15. 金沢貴憲, 高島由季, 尾関哲也, 安藤利亮, 並木徳之, 岡田弘晃, 医療薬学実務基礎実習へのグミ製剤調製実習の導入と学生の反応, Pharm Tech Japan, 23, 1587-91 (2007).

○著書
  1. 金沢貴憲, 第2章 第2節 核酸医薬におけるDDS技術の概要. 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略, 情報機構, 56-65 (2019)
  2. Kanazawa T, Okada H, Delivery strategies for developing vaginal DNA vaccine combinating cell-penetrating peptide and jet injection, “Mucosal delivery of biopharmaceuticals: Biology, challenges and strategies” (Neves J and Sarmento B ed.), Springer Science+Business Media New York, 367-378 (2014)
  3. 共著 岡田弘晃, 小河崇也, 田中晃, 金沢貴憲, 細胞質感受性核酸DDS, ドラッグデリバリーシステムの新展開II ―核酸医薬・抗体医薬・ワクチン医療を支えるDDS技術―, 永井恒司, 岡田弘晃 監修, シーエムシー出版 (2012)
  4. 共著 岡田弘晃, 小河崇也, 田中晃, 金沢貴憲, 機能性ペプチドを用いた細胞質応答性siRNAキャリア, 先端バイオマテリアルハンドブック, 秋吉一成, 石原一彦, 山岡哲二 監修, シーエムシー出版 (2012)
  5. 共著 岡田弘晃, 金沢貴憲, 膣粘膜DNAワクチン, 次世代バイオ医薬品の製剤設計と開発戦略, 森下真莉子 監修, シーエムシー出版 (2011)

○獲得研究費
  1. 令和2年度-4年度 科研費 基盤研究(B)(代表)
  2. 令和元年度 上原記念生命科学財団 研究助成金(代表)
  3. 令和元年度 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金(代表)
  4. 平成29-令和元年度 科研費 基盤研究(C)(代表)
  5. 平成29年度 武田科学振興財団 薬学研究助成(代表)
  6. 平成29年度 猪乃鼻奨学会 研究助成(代表)
  7. 平成28年度 中冨健康科学振興財団 研究助成(代表)
  8. 平成28年度 薬学研究奨励財団 第37回海外派遣補助金(代表)
  9. 平成28年度 加藤記念バイオサイエンス振興財団(代表)
  10. 平成25-27年度 科研費 若手研究(B)(代表)
  11. 平成26年度 持田記念医学薬学振興財団 留学補助金(代表)
  12. 平成26年度 永井記念薬学国際交流財団 Research Grant(代表)
  13. 平成22-24年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)(代表)
  14. 平成22年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金(代表)

○知的財産権
  1. 金沢貴憲, 小菅康弘. 日本大学: 薬物送達用組成物および医薬組成物. 特願2019-115688
  2. 金沢貴憲, 高島由季, 茨木ひさ子, 入山祐輔, 大塚敬一郎. 東京薬科大学, 日産化学株式会社: 核酸送達用組成物及び核酸含有組成物. 特願2017-135547, PCT/JP2018/26199(米国出願)
  3. 金沢貴憲, 瀬田康生, 岡田弘晃, 大木忠明, 濱崎智洋, 水谷隆之. 東京薬科大学, 株式会社ボナック: NF-κB RelA遺伝子の発現抑制剤, アレルギー性皮膚炎用医薬, およびその用途, 特願2013‐042237
  4. 岡田弘晃, 金沢貴憲. 東京薬科大学: オリゴ核酸組成物及び抗アレルギー剤, 特願2011-018640

○メディア掲載
  1. 金沢貴憲, 特集:実用化に近づく脳への薬物送達技術, 日経バイオテク, 2019年10月9日
  2. 金沢貴憲, 他, 薬を届ける研究加速:ALSや筋ジストロフィー, 日本経済新聞 科学技術面, 2019年8月19日
  3. 金沢貴憲,日大、細胞膜透過性ペプチド修飾ミセルの経鼻投与でsiRNAを中枢に送達, 日経バイオテク, 2019年7月9日
  4. 金沢貴憲,他,Next Tech 2030「脳へ薬 鼻神経から投入」,日経産業新聞 先端技術面, 2019年6月21日
  5. 金沢貴憲,他, バイオ医薬品届け脳治療, 日本経済新聞 科学技術面, 2018年10月15日
  6. 金沢貴憲, 次世代の先導者:日本大学専任講師 金沢貴憲氏-核酸医薬、患部へ運搬, 日経産業新聞, 2018年9月13日

○招待講演
  1. 金沢貴憲, ⿐腔-脳の⽣理学的ルートを基盤とする中枢組織への⾮侵襲的な薬物・バイオ医薬デリバリー技術の開発, モーニングセミナー 3,第93回日本薬理学会年会, 横浜 (2020年3月)
  2. 金沢貴憲, 中枢神経系疾患を標的とする医薬品開発におけるNose-to-Brain DDS研究の現状 と課題, 武田薬品工業株式会社 ファーマシューティカルサイエンス講演会, 神奈川 (2019年11月)
  3. 金沢貴憲,鼻-脳の生理学的ルートを基盤とする中枢領域への経鼻DDSの最前線, 岩手医科大学薬学部セミナー, 岩手 (2019年10月)
  4. 金沢貴憲,鼻ー脳の潜在的ルートを基盤とする経鼻投与型中枢標的DDS, ミニシンポジウム2: 生理学を基盤とする新規投与ルートを用いたDDS, 第41回生体膜と薬物相互作用シンポジウム, 千葉 (2019年10月)
  5. 金沢貴憲,中枢疾患を標的とする医薬品開発におけるDDSの役割~Nose-to-Brainへの期待と課題~, 田辺三菱株式会社 社内講演会, 横浜 (2019年10月9日)
  6. 金沢貴憲,細胞透過性ペプチド修飾高分子ミセルを基盤としたNose-to-Brain DDSの開発,シンポジウム1「経皮、経粘膜、経肺におけるDDS」,第35回日本DDS学会学術集会, 横浜 (2019年7月)
  7. 金沢貴憲,中枢領域を標的とする医薬品開発における Nose-to-Brain研究の現状とその将来展望,第56回薬剤学懇談会研究討論会, 愛知 (2019年6月)
  8. 金沢貴憲,中枢疾患を標的とする非侵襲的核酸医薬DDS技術,ラウンドテーブル5 「次世代を担う核酸医薬DDS技術の新領域」,日本薬剤学会 第34年会, 富山 (2019年5月)
  9. 金沢貴憲,機能性ペプチドを基盤とする 非侵襲的な核酸医薬DDSの開発 ,2019年度 奨励賞受賞講演,日本薬剤学会 第34年会, 富山 (2019年5月)
  10. 金沢貴憲,鈴木直人,鈴木豊史,経鼻投与による薬物・バイオ医薬の 脳内デリバリー動態と中枢疾患治療への応用,学術シンポジウム 2 「経肺経鼻投与型製剤の設計と体内動態の評価」,日本薬剤学会 第34年会, 富山 (2019年5月)
  11. 金沢貴憲,鈴木直人,鈴木豊史,中・高分子医薬のNose-to-Brainデリバリーによる中枢疾患治療,シンポジウム「脳内薬物デリバリー研究の潮流 ~薬物治療の実現を目指して~」, 日本薬学会139年会, 幕張 (2019年3月)
  12. 金沢貴憲,Nose-to -Brain 経路を利用した中・高分子医薬の中枢デリバリー, 日本薬学会北海道支部主催・特別講演会(北海道大学大学院薬学研究院共催), 札幌 (2019年2月)
  13. 金沢貴憲,Nose-to-Brain経路を利用した中枢への薬物・バイオ薬送達システム, 京都大学医学部脳神経内科 セミナー, 京都 (2018年9月)
  14. 金沢貴憲,高島由季,蛍光イメージングを用いた核酸医薬DDSのin vivoおよびex vivo動態評価,「DDS(ドラッグデリバリーシステム)開発を支えるバイオイメージング」,第26回日本バイオイメージング学会学術集会, 東京 (2017年9月)
  15. 金沢貴憲,血液脳関門を介さないNose-to-Brainデリバリーを利用した薬物・核酸医薬による脳疾患治療,若手シンポジウム「バリア制御がもたらす薬物治療の新展開」,第61回日本薬学会関東支部大会, 東京 (2017年9月)
  16. 金沢貴憲,Nose-to-Brainルートを介した脳・中枢神経系への核酸デリバリー戦略,「DDSシンポジウム」,日本核酸医薬学会第3回年会, 札幌 (2017年7月)
  17. 金沢貴憲, 非侵襲的な脳内への薬物送達技術の開発と脳神経疾患治療への応用, 平成28年度日本薬学会関東支部奨励賞受賞講演, 第60回日本薬学会関東支部大会, 東京 (2016年9月)
  18. Kanazawa T, Nose-to-brain delivery of drug/siRNA with cell-penetrating peptide modified polymer micelles, Drug Discovery & Therapy World Congress 2016, Boston, MA, USA (2016年8月)(国際学会)
  19. Kanazawa T, Nose-to-brain delivery of drug/siRNA with nanocarriers, APSTJ Global Education Seminar 2015-3rd, Shizuoka (2016年2月)
  20. 金沢貴憲, 経鼻投与を利用した非侵襲的な脳への薬物・バイオ医薬デリバリー, 「脳を標的とした先天代謝異常症の治療戦略」, 第57回日本先天性代謝異常学会, 大阪 (2015年11月)
  21. 金沢貴憲, 高島由季, 瀬田康生, DDS技術を利用した抗NF-κB siRNAによる免疫疾患治療, 日本薬学会第134年会, 熊本 (2014年3月)
  22. 金沢貴憲, 効率的な経膣粘膜DNAワクチンの確立に向けた新規遺伝子ベクターならびに至適投与方法の開発,「Postdoctoral Presentation」,第37回日本薬剤学会製剤セミナー, 静岡 (2013年7月)
  23. 高島由季, 金沢貴憲(講演者), 瀬田康生, 経鼻投与による脳への薬物および核酸デリバリー,日本薬学会第133年会, 横浜, (2013年3月)
  24. 金沢貴憲, 非侵襲的な脳送達システムの構築とその効果, 第3回ミトコンドリアとDDS, 札幌 (2012年7月)
  25. 金沢貴憲, 高島由季, 岡田弘晃, 効率的な経膣粘膜DNAワクチンの確立に向けた新規遺伝子ベクターならびに至適投与方法の開発, Postdoctoral Session, 第20回DDSカンファランス, 静岡 (2011年9月)
  26. 金沢貴憲, 高島由季, 岡田弘晃, 膣粘膜DNAワクチンのDDS, 第27回日本DDS学会, 東京 (2011年7月)

教育・研究に対する考え方

教育: 自ら課題を見つけ解決できる人材を育成したい。
研究: サイエンスによる真理の追究を常に意識し、ヒトの健康・医療・社会に貢献できる新たな原理や技術を生み出したい。

モバイル表示

PC表示