グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:原 雄二

氏名
原 雄二(HARA Yuji)
出生年月
1974年12月
所属・職名
薬学部薬科学科(統合生理学分野) 教授
薬学研究院(統合生理学教室) 教授(兼務)
部屋番号
薬学部棟6516号室
Eメールアドレス
yhara@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/physiol/

学歴

1997年3月 京都大学薬学部薬学科卒業
1999年3月 京都大学大学院薬学研究科修士課程 生命薬科学専攻修了
2002年3月 総合研究大学院大学博士課程 修了、博士号(理学)取得

学位

理学博士(総合研究大学院大学・2002年)

専門分野

生理学、細胞生物学、生物物理学

担当科目

機能形態生理学I, II, III、筋生理学、生物系薬学実習(統合生理学)、統合生理学特論

主要研究テーマ

  • 骨格筋幹細胞にて機能する膜張力感知イオンチャネル群に関する研究
  • メカノバイオロジーを基軸とした、神経筋疾患に対する治療戦略の構築
  • 脂質二重層間における脂質輸送機構とその意義解明に関する研究
  • 亜鉛シグナリングを介した脳神経機能調節に関する研究

所属学会

日本生理学会 (評議員)
日本薬理学会 (学術評議員)
日本薬学会
日本脂質生化学会、
日本筋学会
日本生化学会
日本生物物理学会

主な経歴

2003年8月 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手
2005年10月 米国アイオワ大学医学部 研究員
2012年7月 東京女子医科大学 統合医科学研究所 テニュアトラック准教授
2013年12月 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 准教授
2021年4月 静岡県立大学薬学部 教授

受賞歴

2003年 第20回 井上科学振興財団井上奨励賞

主な社会活動

 

主要研究業績

○主要論文
  • Tsuchiya M, *Hara Y, Okuda M, Itoh K, Nishioka R, Shiomi A, Nagao K, Mori M, Mori Y, Ikenouchi J, Suzuki R, Tanaka M, Ohwada T, Aoki J, Kanagawa M, Toda T, Nagata Y, Matsuda R, Takayama Y, Tominaga M, *Umeda M. Cell surface flip-flop of phosphatidylserine is critical for PIEZO1-mediated myotube formation. Nat. Commun., 9, 2049 (2018).
  • Okuma H, Saito F, Mitsui J, Hara Y, Hatanaka Y, Ikeda M, Shimizu T, Matsumura K, Shimizu J, Tsuji S, Sonoo M. Tubular aggregate myopathy caused by a novel mutation in the cytoplasmic domain of STIM1. Neurology Genet. e50 (2016).
  • Endo Y, Noguchi S, Hara Y, Hayashi YK, Motomura K, Miyatake S, Murakami N, Tanaka S, Yamashita S, Kizu R, Bamba M, Goto YI, Matsumoto N, Nonaka I, Nishino I. Dominant mutations in ORAI1 cause tubular aggregate myopathy with hypocalcemia via constitutive activation of store-operated Ca2+ channels. Hum. Mol. Genet. 24, 637-648 (2015).
  • Inamori KI, Willer T, Hara Y, Venzke D, Anderson ME, Clarke NF, Guicheney P, Bönnemann CG, Moore SA, Campbell KP. Endogenous Glucuronyltransferase Activity of LARGE or LARGE2 Required for Functional Modification of α-dystroglycan in Cells and Tissues. J. Biol. Chem. 289, 28138-28148 (2014).
  • Inamori K, Yoshida-Moriguchi T, Hara Y, Anderson ME, Yu L, Campbell KP. Dystroglycan function requires xylosyl- and glucuronyltransferase activities of LARGE. Science 335, 93-96 (2012).
  • Hara Y#, Kanagawa M#, Kunz S, Yoshida-Moriguchi T, Satz JS, Kobayashi YM, Zhu Z, Burden SJ, Oldstone MB, *Campbell KP. Like-acetylglucosaminyltransferase (LARGE)-dependent modification of dystroglycan at Thr-317/319 is required for laminin binding and arenavirus infection. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 108, 17426-17431 (2011). (#: Co-first authors)
  • Hara Y#, Balci-Hayta B#, Yoshida-Moriguchi T, Kanagawa M, Beltrán-Valero de Bernabé D, Gündeşli H, Willer T, Satz JS, Crawford RW, Burden SJ, Kunz S, Oldstone MB, Accardi A, Talim B, Muntoni F, Topaloğlu H, Dinçer P, *Campbell KP. A dystroglycan mutation associated with limb-girdle muscular dystrophy. N. Engl. J. Med. 364, 939-946 (2011). (#: Co-first authors)
  • Yamamoto S, Shimizu S, Kiyonaka S, Takahashi N, Wajima T, Hara Y, Negoro T, Hiroi T, Kiuchi Y, Okada T, Kaneko S, Lange I, Fleig A, Penner R, Nishi M, Takeshima H, Mori Y. TRPM2-mediated Ca2+ influx induces chemokine production in monocytes that aggravates inflammatory neutrophil infiltration. Nat. Med. 14, 738-747 (2008).
  • Yoshida T, Inoue R, Morii T, Takahashi N, Yamamoto S, Hara Y, Tominaga M, Shimizu S, Sato Y, Mori Y. Nitric oxide activates TRP channels by cysteine S-nitrosylation. Nat. Chem. Biol. 11, 596-607 (2006).
  • Togashi K, Hara Y, Tominaga T, Higashi T, Konishi Y, Mori Y, Tominaga M. TRPM2 activation by cyclic ADP-ribose at body temperature is involved in insulin secretion. EMBO J. 25, 1804-1815 (2006).
  • Nishida M, Sugimoto K, Hara Y, Mori E, Morii T, Kurosaki T, and Mori Y. Amplification of receptor signaling by Ca2+ entry-mediated translocation and activation of phospholipase Cγ2 in B lymphocytes. EMBO J, 22, 4677-4688 (2003).
  • Hara Y, Wakamori M, Ishii M, Maeno E, Nishida M, Yoshida T, Yamada H, Shimizu S, Mori E, Kudoh J, Shimizu N, Kurose H, Okada Y, Imoto K, and Mori Y. LTRPC2 Ca2+-permeable channel activated by changes in redox status confers susceptibility to cell death. Mol. Cell, 9, 163-173 (2002).

○主要著書
  • Hara Y, Campbell KP. Dystroglycan: An Extracellular Matrix Receptor That Links to the Cytoskeleton, Glycoscience: Biol. Med. (Springer, invited book chapter), 1245-1251 (2014).

教育・研究に対する考え方

教育:生理学教育を通じ、確固たる基礎力と広い視野を有し、かつ問題解決ができる薬剤師、研究者、社会人の養成のため、全力を尽くしたい。
研究:細胞、生体に掛かる物理的な力が、いかに細胞・組織・個体の形態・機能に作用するかを明らかにする「メカノバイオロジー」研究、および骨格筋の再生機構に興味を抱いている。真理を明らかにし、「0から1」を生み出す大切さ、面白さを伝えられるよう、地道に真摯に取り組んでいきたい。

モバイル表示

PC表示