グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
古島 大資(FURUSHIMA Daisuke)
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品情報解析学分野) 助教
薬学研究院(医薬品情報解析学教室) 助教(兼務)
部屋番号
薬学部棟6111号室
Eメールアドレス
dfuru@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/druginfo/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_034.pdf

学歴

2006年3月 広島大学医学部保健学科卒業
2008年3月 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程修了
2018年3月 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了

学位

博士(保健学)(大阪大学・2018年)

専門分野

医薬品情報学、疫学、公衆衛生学、臨床統計学

担当科目

医薬品情報学、統計学、創薬育薬基礎特論、創薬育薬応用特論、病院実務実習

主要研究テーマ

  • 医薬品および健康食品等の有効性・安全性の評価・解析に関する研究
  • 治験・臨床試験実施体制のインフラストラクチャー整備に関する研究
  • CRC養成・教育に関する研究
  • 薬局・医療マネジメントへのシミュレーション分析の応用

所属学会

日本疫学会
日本公衆衛生学会
日本臨床試験学会

主な経歴

2008年4月 埼玉県保健医療部疾病対策課 技師
2013年4月 東京女子医科大学医学部 助教
2014年11月 大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 特任研究員
2017年9月 静岡県立大学薬学部 研究支援者
2018年4月 静岡県立大学薬学部 助教

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  • The impact of One-dose Package of medicines on patient waiting time in dispensing pharmacy: application of a Discrete Event Simulation Model. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 41(3) 409-418, 2018.
  • Estimation of the Basic Reproduction Number of Novel Influenza A (H1N1) pdm09 in Elementary Schools Using the SIR Model. The Open Nursing Journal, 11, 64-72, 2017.
  • 高校生の性行動と携帯電話使用との関連について. 日本健康医学会雑誌, 24(2), 130-137, 2015.
  • Prediction of Retinopathy at 20 Years After Onset in Younger-Onset Type 1 Diabetes Using Mean Metabolic Memory-Free HbA1c Values. Diabetes care 36,3812-3814, 2013.
  • 早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率に関連する因子-埼玉県70市町村の分析から-.厚生の指標, 57(15), 17-25, 2009.
  • 麻疹流行における予防接種と免疫低下の関連性の分析-数理モデルによるシミュレーション-.厚生の指標
  • 54(15), 9-16, 2007.

○著書
  • Analysis of Relationships Between Amount of Physical Activity of Patients in Rehabilitation and Their ADL Scores Using Multidimensional PCA. Recent Developments in Mechatronics and Intelligent Robotics. Springer, 147-158, 2017.

教育・研究に対する考え方

失敗を恐れず、自分の限界に挑戦し、更なる高みを目指していける人材を育成していきたい。学生との対話を大切にし、一人一人の感性や可能性を伸ばし、将来様々な場面で活躍していけるよう支援していきたい。

研究シーズ集に関するキーワード

茶の機能性, 生物統計学, 服薬アドヒアランス, 健康食品の有効性・安全性, 疫学, 臨床研究方法論, 治験・臨床試験

モバイル表示

PC表示