グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
山下 早苗(YAMASHITA Sanae)
所属・職名
看護学部看護学科(小児看護学) 教授
看護学研究科(小児看護学) 教授(兼務)
看護学部 副学部長
Eメールアドレス
y-sanae@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2003年3月 香川医科大学医学系研究科修士課程修了
2011年3月 鹿児島大学大学院保健学研究科博士後期課程修了

学位

保健学博士(鹿児島大学・2011年)

専門分野

小児がん看護、小児看護における倫理、小児看護教育

担当科目

学部教育:看護と倫理、小児看護学概論、小児看護学、小児看護学演習、小児看護学実習、卒業研究、発展看護実習Ⅰ、発展看護実習Ⅱ、看護統合セミナーⅡチーム医療
看護学研究科:看護倫理特論、実践看護学特論Ⅳ、実践看護学応用演習Ⅳ

主要研究テーマ

  • 小児がん看護に関する研究
  • 小児看護の倫理に関する研究
  • 小児看護師のメンタルヘルスサポートに関する研究

所属学会

日本看護倫理学会(理事・評議員)
日本小児看護学会
日本小児がん看護学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本放射線看護学会(査読委員)
日本小児保健協会

主な経歴

1988年4月 防衛医科大学校病院看護部(小児病棟)
1993年5月 防衛医科大学校高等看護学院講師
2003年10月 大分県立看護科学大学助教
2007年4月 鹿児島大学医学部保健学科講師
2015年4月 防衛医科大学校医学教育部看護学科教授
      静岡県立大学看護学部非常勤講師(兼務)
2018年4月 静岡県立大学看護学部・看護学研究科教授

主な社会活動

ウズベキスタン共和国看護教育改善プロジェクト(JICA)小児看護学Member (2006.4.〜2008.3.)
鹿児島県小児救急電話相談員(#8000)(2007.9.~2015.3.)
看護科学研究(編集委員会委員)(2016.4.~現在に至る)

主要研究業績

○学術論文
  1. 山下早苗,猪下光:外来通院している小児がん患者への告知に対する親の意向 -告知に対する親の不確かさに焦点をあてて-,日本小児看護学会誌、第14巻(第2号);7-15,2005.9.
  2. 山下早苗,真鍋美貴,高野政子:外来通院している小児がん患者への告知に対する親のコーピング,日本小児看護学会誌,第15巻(第2号);90-97,2006.9.
  3. 山下早苗,城下智世,中原基子,高野政子:小児がんと診断されてから現在までの家族関係の変化,小児がん看護、Vol.2 2007;40-48,2007.4.
  4. 山下早苗:臨地実習をとおして倫理を学ぶ:小児看護における学生の体験事例を用いた試み,日本看護倫理学会誌,2(1):41-45,2010.2.
  5. 山下早苗:小児がんの子どもへの病名・病状説明に対して親が抱く不確かさ,日本小児看護学会誌,Vol.19 No.3:9-17,2010.11.
  6. 山下早苗:小児がんの子どもへの病名病状説明に関する文献的概観,日本看護倫理学会誌,Vol.4 No.1:38-42,2012.2
  7. 山下早苗、神之川博、長澤芳:医師による病名病状説明が子どもに行われる時の看護師役割,日本小児看護学会誌,Vol.21,No.2,:49-54,2012.7.
  8. 山下早苗、大迫由紀:小児看護における倫理教育,鹿児島大学医学部保健学紀要,24(1):1-5,2014.3.
  9. 山口京子、山下早苗、長澤芳、石神えり:小児病棟における看護師のグリーフケアを目的としたカンファレンス.小児がん看護,Vol.9 No.1:48-54, 2014.9.
  10. 河野梢子、山下早苗:happyな実習を目指して;「協働」による取組み.日本看護倫理学会誌,Vol.7, No.1:86-88,2015.2.
  11. 才田隆一、石神えり、山下早苗:下顎骨肉腫と診断された思春期女児の看護 ―危機モデルを用いた看護介入―.小児看護、Vol.38 No.4:519-528、へるす出版、2015.4.
  12. 中馬夕佳、山下早苗:実践報告: 臨地実習における倫理カンファレンスでのファシリテーター役割.日本看護倫理学会誌,Vol.8, No.1:78-80,2016.3.
  13. 浦出美緒、真田英子、丸山始美、佐野信也、山下早苗:教育・臨床現場での倫理カンフアレンスの普及に向けての取り組み,日本看護倫理学会誌,Vol.10, No.1:84-87,2018.3.

○著書
  1. 小西恵美子、山下早苗:倫理的意思決定のステップと事例検討.看護倫理 よい看護・よい看護師への道しるべ,改訂第2版,南江堂,全245項(担当p125~136),2014.12..

教育・研究に対する考え方

合計特殊出生率が低い日本社会において、子どもの健全な成長発達を支援できる看護者を育てたい。また、高度化する医療の現場で道徳的感受性を持ち、道徳的判断ができる看護専門職者養成の教育・研究に取り組みたい。

モバイル表示

PC表示