グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
山口 みのり(YAMAGUCHI Minori)
所属・職名
看護学部看護学科(基礎看護学) 准教授
看護学研究科(看護技術学) 准教授(兼務)
Eメールアドレス
m.yamaguchi@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2018_05_189.pdf

学歴

1998年3月 横浜市立大学看護短期大学部卒業
2005年9月 放送大学教養学部卒業
2008年3月 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科修士課程修了
2011年3月 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士後期課程修了

学位

博士(看護学)(日本赤十字看護大学・2011年)

専門分野

基礎看護学

担当科目

基礎看護技術論Ⅰ・基礎看護技術演習Ⅰ
基礎看護技術論Ⅱ・基礎看護技術演習Ⅱ、看護コミュニケーション実習、
看護過程、基礎看護技術Ⅲ、看護統合セミナー、卒業研究、発展看護実習Ⅰ、発展看護実習Ⅱ

主要研究テーマ

  • 新人看護師の看護実践・技術教育に関する質的研究
  • 看護技術・教育に関する歴史研究

所属学会

日本看護科学学会
日本看護研究学会 査読委員
日本看護学教育学会 教育活動委員会
日本看護技術学会 専任査読者
日本看護歴史学会
日本質的心理学会
日本健康心理学会

主な経歴

2003年4月 横浜市立大学看護短期大学部 助手
      横浜市立大学医学部看護学科 助手
2011年4月 健和会臨床看護学研究所 研究員
2012年4月 学校法人関東学院 設置準備室 助教
      関東学院大学看護学部 助教
2015年4月 静岡県立大学看護学部 非常勤講師
2015年7月 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科 講師 
2018年4月 静岡県立大学看護学部 准教授

受賞歴

2017年 日本看護学教育学会「看護ハナマル先生」表彰

主な社会活動

神奈川県新人看護職員研修体制整備事業 多施設合同研修講師(2014)
神奈川県立保健福祉大学実践教育センター 急性期重症者支援課程・認定看護管理者研修ファーストレベル・看護実習指導者講習会・教員教育担当者養成課程講師(2015-)

主要研究業績

〇学術論文
  • 看護基礎教育における「洗面」の援助の変遷―看護書の記述からの検討-、日本看護歴史学会、30、31-43、2017
  • 「読む,書く,話す」力を身につけ,みがくために、看護教育、58(8)、614-619、2017
  • 「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会報告書」(平成29年4月6日)をどう読むか、看護実践の科学、42(10)、44-54、2017
  • 看護基礎教育における技術の習得過程と安楽の意識化、看護教育、57(1)、21-27、2016
  • 新人看護師における排泄援助の習得過程-新人看護師が認識している先輩看護師の指導的かかわり-、日本看護学教育学会、24(3)、89-100、2015
  • 技術論検討会第1回-連載、看護実践の科学、40(9)-、2015-
  • 今さら聞けない事例のまとめ方・活かし方 事例検討から研究まで第1回-第6回、看護実践の科学、38(4)-38(10)、2013
  • 新人看護師の看護技術の習得過程―先輩看護師と実施する体位変換時の身体感覚に焦点を当てて―、日本看護技術学会誌、11(3)、4-12、2013
  • 就職直後の新人看護師における体位変換の実践の様相、日本看護技術学会誌、11(3)、56-64、2013
  • 新人看護師が抱える不安の経時的変化―プリセプターとのかかわりを通して―、日本看護学会論文集看護管理第43回、311-314、2013
  • 看護書にみる体位の保持・変換に関する看護技術の歴史的変遷、日本看護歴史学会誌、23、54-67、2010
  • 組織風土としての看護師長のあり方が看護スタッフのバーンアウトに及ぼす影響、日本看護研究学会雑誌、32(5)、105-112、2009

〇著書
  • 2017年度版-准看護師試験問題集解答解説、医学書院、東京、基礎看護技術分野、2016-
  • 看護師・看護学生のためのなぜ?どうして?2018-2019①基礎看護学 第7版、メディックメディア、東京、監修、2017
  • 生活行動援助の技術 ありふれた営みを援助する専門性 第3版、看護の科学社、東京、編集、2014
  • 看護学大事典 第2版、医学書院、東京、共著、2010

教育・研究に対する考え方

学生さんや看護師さんが、よりよい看護実践を行い、患者さんのために質の高い看護技術を実施するにはどのようにしたらよいか、教育・研究に取り組んでいます。

研究シーズ集に関するキーワード

看護技術, 看護実践, 看護教育, 新人看護師, 看護史

モバイル表示

PC表示