グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
大和田 裕美(OWADA Hiromi)
所属・職名
看護学部看護学科(母性看護学) 助教
看護学研究科(助産学) 助教(兼務)
電話番号
054-202-2913
部屋番号
看護学部棟(小鹿キャンパス)14413号室
Eメールアドレス
h-owada@u-shizuoka-ken.ac.jp
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/h-owada

学歴

2006年3月 静岡県立大学看護学部看護学科卒業
2018年3月 静岡大学大学院人文社会科学研究科修士課程修了
2022年3月 東京都立大学大学院人間健康科学研究科博士後期課程修了

学位

修士(臨床人間科学)(静岡大学・2018年)
博士(看護学)(東京都立大学・2022年)

専門分野

母性看護学、助産学

担当科目

身体と心のセクシュアリティ、母性看護学概論、母性看護援助論Ⅰ、母性看護援助論Ⅱ、母性看護学演習、母性看護学実習、発展看護実習、卒業研究

主要研究テーマ

  • 妊娠・出産・子育て期にある女性と助産師との関係の成り立ち

所属学会

日本母性衛生学会
日本保健医療社会学会
日本助産学会
日本質的心理学会

主な経歴

2006-2007年 聖隷三方原病院(助産師)
2009-2016年 静岡赤十字病院(助産師)
2016-2018年 静岡赤十字病院非常勤職員(助産師)
2018-2019年 静岡県立大学看護学部非常勤職員
2019年-   静岡県立大学看護学部・看護学研究科 助教

主な社会活動

 

主要研究業績

  • 妊娠・出産する女性と助産師との関係の成り立ち、東京都立大学大学院人間健康科学研究科博士後期課程、学位論文、2022
  • 妊婦健康診査場面において妊婦が開始する心配事の提示:妊婦と医師との相互行為に注目して、母性衛生62(1)、135-143、2021
  • 大和田裕美、妊婦健診場面における女性と医療者との相互作用のありよう:継続的に健診場面を観察して、静岡大学人文社会科学研究科修士課程、学位論文、2018
  • 白井千晶・大和田裕美、医師の質問への応答としてなされる女性による問題提示:妊婦健診場面の観察から、人文論集、69(1)、59-75、2018

教育・研究に対する考え方

看護、助産の楽しさを伝えるとともに、学生さんたちと一緒に学んでいけたらと思います。また、当たり前と通り過ぎてしまいそうなことにこだわり、問い直す姿勢で研究に臨んでいきたいと考えています。

モバイル表示

PC表示