グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
成瀬 早苗(NARUSE Sanae)
所属・職名
看護学部看護学科(老年看護学) 准教授
看護学研究科 准教授(兼務)
電話番号
054-202-2948
部屋番号
看護学部棟(小鹿キャンパス)14408号室
Eメールアドレス
s-naruse@u-shizuoka-ken.ac.jp
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/naru-s
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2022kango-013.pdf

学歴

2007年9月 放送大学教養学部発達と教育専攻卒業
2013年3月 福井大学大学院医学系研究科看護学専攻修士課程修了
2019年3月 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻博士課程修了

学位

修士(看護学)(福井大学大学院・2013年)
博士(保健学)(金沢大学大学院・2019年)

専門分野

老年看護学

担当科目

【学部】老年看護学概論、老年看護学援助論、老年看護学演習、老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ、発展看護実習、卒業研究B
【研究科】博士前期課程:広域看護学特論Ⅳ、広域看護学応用演習Ⅳ、広域看護学特別研究
博士後期課程:看護学特別演習、看護学特別研究Ⅰ、看護学特別研究Ⅱ、看護学特別研究Ⅲ

主要研究テーマ

  • 高齢者
  • 意欲
  • 健康管理
  • 尺度開発
  • 排泄ケア

所属学会

日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本老年看護学会
日本看護医療学会
日本看護技術学会
日本看護倫理学会
看護実践学会
ヘルスカウンセリング学会

主な経歴

1992年 新田塚医療福祉センター福井総合病院看護師
2006年 新田塚介護相談センター 介護支援専門員
2011年 福井医療短期大学看護学科 助手
2012年 福井医療短期大学看護学科 助教
2013年 福井医療短期大学看護学科 教授
2017年 福井医療大学保健医療学部看護学科 准教授
2021年 静岡県立大学看護学部・看護学研究科 准教授

受賞歴

2014年 新田塚医療福祉センター優秀論文賞「一般成人の自己健康管理モニタリング度測定尺度の開発の試み」

主な社会活動

2013年 第33回日本看護科学学会学術集会実行委員
2013年 日本看護研究学会 近畿・北陸地方会 世話人会 看護研究継続セミナー書記
2014年 日本看護研究学会近畿・北陸地方会看護研究継続セミナーコーディネーター
2014年 第20回日本看護診断学会学術大会実行委員
2014年 第40回日本看護研究学会学術集会実行委員
2014年 第15回日本クリニカルパス学会学術集会実行委員
2014年 第13回日本看護技術学会学術集会実行委員
2015年 日本看護研究学会第28回近畿・北陸地方会学術集会実行委員
2015年 第21回ヘルスカウンセリング学会学術大会座長
2015年 福井県看護基礎教育検討委員会委員
2016年 簡易型予防教室講師
2018年 勝山市荒土地区社会福祉協議会シルバーふれあいサロン講師
2019年 第45回日本看護研究学会学術集会座長
2019年 福井県看護協会 指導者研修会講師
2020年 福井県看護協会 指導者研修会講師

主要研究業績

〇学術論文
  • 牧野真弓,加藤真由美,成瀬早苗:一般病棟の認知障害高齢者に対する入院時から身体拘束の回避・解除を念頭においた転倒予防ケア行動評価尺度の開発, 日本看護科学会誌,40, 349-359(2021).
  • 成瀬早苗,加藤真由美,上野栄一:在宅高齢者の楽しみ・張り合い, 看護実践学会31(2), 35-47(2019).
  • 成瀬早苗,加藤真由美:要支援高齢者の一人暮らし生活意欲測定尺度の開発, 日本看護科学会誌,38, 97-106(2018).
  • 成瀬早苗,高間静子:一般成人の自己健康管理モニタリング度測定尺度開発の試み, 新田塚医療福祉センター雑誌,11 ,21-27(2015).
  • 成瀬早苗,上野栄一::看護学生の自己健康管理モニタリング測定尺度の開発, 日本看護医療学会雑誌 , 17(1), 33-42(2015).
  • 成瀬早苗,山内弘子,高間静子:生後1ヵ月児の排泄に対する母親が抱く不安の内容, 日本看護医療学会雑誌,16(1),1-8(2014).
  • 成瀬早苗,上野栄一:背景別にみた看護学生の自己健康管理モニタリングの比較, 富山大学看護学会誌, 14(1), 81-90(2014).
  • 成瀬早苗:看護学生の自己健康管理モニタリング測定尺度の開発, 福井大学大学院修士論文(2013).
  • 成瀬早苗,古林秀則:看護学生の自己健康管理モニタリング行動における概念枠組み, 新田塚医療福祉センター雑誌,10,31- 35(2014).
  • 近藤やよい,成瀬早苗,藤本ひとみ,山本勝也,高間静子:青年期の健康管理モニタリング度と保健的態度との関係, 第43回日本看護学会論文集看護管理,59-62(2013).
  • 成瀬早苗,高間静子:高齢介護者の介護におけるディストレス測定尺度の開発の試み, 第43回日本看護学会論文集老年看護,90-,93(2013).
  • 成瀬早苗,藤本ひとみ,高間静子:看護師の背景別にみた所属別組織貢献意識, 新田塚医療福祉センター雑誌,9 (1), 47-55(2012).
  • 成瀬早苗,山内弘子,高間静子:産後1ヵ月の初産婦の退行性変化に伴う心配・気がかりの特徴, 日本看護医療学会雑誌,14(1), 41- 46(2012).
  • 成瀬早苗,藤本ひとみ,横山孝枝,高間静子:看護師の属性からみた組織貢献意識の比較, 第42回日本看護学会論文集看護管理,462- 465(2012).
  • 蔵屋敷美紀,成瀬早苗,藤本ひとみ,高間静子:看護師の組織貢献意識と職務満足度との関係, 第42回日本看護学会論文集看護総合,327-330(2012).
  • 近藤やよい,成瀬早苗,藤本ひとみ,高間静子:高齢者の誤嚥を防ぐためにとっている対処行動の特徴, 第42回日本看護学会論文集看護総合,34- 37(2012).
  • 藤本ひとみ,成瀬早苗,村中孝枝,高間静子:看護師の人口学的背景からみた職場適応度, 新田塚医療福祉センター雑誌,8 (2), 35-39(2012).

教育・研究に対する考え方

教育:高齢者や家族に寄り添い、その人らしさを理解し、加齢変化やリスクを考え、持てる力を引き出す看護実践ができる看護師を育成したい。学生が興味を持ち、意欲をもって積極的・主体的に臨めるように、看護の楽しさや面白さなどの醍醐味を伝える教育を目指している。
研究:高齢者の生活や未来をより良くし、高齢者や家族・地域に貢献できる研究に取り組んでいる。

研究シーズ集に関するキーワード

高齢者, トイレ排泄, 自立支援, ICT

モバイル表示

PC表示