グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
中岡 正昭(NAKAOKA Masaaki)
出生年月
1982年5月
所属・職名
看護学部看護学科(成人看護学) 助教
Eメールアドレス
tamamasa19@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2022kango-009.pdf

学歴

2005年3月 呉大学看護学部看護学科卒業
2015年3月 東海大学院健康科学研究科修士課程修了

学位

看護学修士(東海大学・2015年)

専門分野

成人看護学

担当科目

急性期看護学援助論演習、急性期看護学概論、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、発展看護学実習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究

主要研究テーマ

  • 急性期患者へのEMSがあたえる影響に関する研究

所属学会

 

主な経歴

2006年4月 東海大学医学部附属病院 看護師
2017年12月 急性・重症患者看護専門看護師資格 取得
2020年4月 静岡県立大学看護学部 助教

受賞歴

2019年 海上保安庁本部長表彰

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  1. 成人男性における電気刺激を用いたトレーニング中の筋肉酸素化状態および換気の変化、東海大学健康科学部紀要 22 巻.p25-29、2017年

教育・研究に対する考え方

研究:多様化する対象のニーズや社会の要求に応えられる、根拠に基づいた医療と看護ケアの確率を目指します。
教育:学生の主体性を重視し、看護の魅力を味わうことのできる教育を目指します。

研究シーズ集に関するキーワード

看護, 救急, 集中治療, 急性期, 呼吸回数, 換気測定

モバイル表示

PC表示