グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
加藤 京里(KATO Kyori)
所属・職名
看護学部看護学科(基礎看護学) 講師
電話番号
054-202-2918
部屋番号
看護学部棟(小鹿キャンパス)14418号室
Eメールアドレス
k.kato@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1997年3月 北里大学看護学部卒業
2001年3月 聖路加国際大学大学院看護学研究科博士前期課程修了
2011年9月 聖路加国際大学大学院看護学研究科博士後期課程修了

学位

看護学博士(聖路加国際大学・2011年)

専門分野

基礎看護学

担当科目

基礎看護技術論Ⅰ・Ⅱ、基礎看護技術演習Ⅰ・Ⅱ、看護コミュニケーション演習、卒業論文Ⅰ・Ⅱ、発展看護実習Ⅰ・Ⅱ、看護アセスメント演習、看護アセスメント実習

主要研究テーマ

  • 看護技術の効果検証
  • 排便パターンの評価方法の開発

所属学会

日本看護技術学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
東京女子医科大学看護学会(評議員、編集委員)
聖路加看護学会

主な経歴

1997~1999年 北里大学東病院
2001~2004年 北里大学東病院
2004年~ 東京女子医科大学看護学部 助手
2007年~ 東京女子医科大学看護学部 助教
2010年~ 東京女子医科大学看護学部 講師
      東京女子医科大学大学院看護学研究科 講師
2019年~ 静岡県立大学看護学部 講師

主な社会活動

 

主要研究業績

〇学術論文
  • 加藤京里(2012)入院患者に対する後頸部温罨法と生理学的指標、主観的睡眠および快感情の関連,日本看護技術学会誌,10(3),10-18頁
  • 加藤京里(2011)後頚部温罨法による自律神経活動と快‐不快の変化―40℃と60℃の比較―,日本看護技術学会誌,34(2),39-48頁
  • 加藤京里(2010)腰背部温罨法の快の性質―負荷からの回復過程における快不快と自律神経活動の変化―,日本看護技術学会誌,9(2),4-13頁
  • 加藤京里(2010)後頸部温罨法による自律神経活動と快-不快の変化 更年期女性3事例からの検討,日本健康医学会雑誌,19(2),64-69頁
  • 加藤京里(2008)「温罨法」の統合的文献レビュー,日本看護技術学会誌,7(2),4-11頁
  • 江上京里(2001)腰背部蒸しタオル温罨法ケアと交感神経活動及び快さの関連,聖路加看護学会誌,6(1),9-16頁
  • 加藤京里, 菱沼典子, 田上恭子, 加藤木真史, 細野恵子, 田中美智子, 留畑寿美江, 丸山朱美, 酒井礼子, 井垣通人, 塚本紀子, 野月千春, 加藤祥子, 山崎好美(2012)4週間の排便記録による排便パターンの実態調査,日本看護技術学会誌,11(2),28-37頁
  • 吉良いずみ, 細野恵子, 加藤木真史, 菱沼典子, 田中美智子, 井垣通人, 丸山朱美, 加藤京里(2016)排便パターン分類のためのフローチャートの作成―フローチャートの妥当性検討―,日本看護技術学会誌,15(2),154-162頁
  • 井垣通人, 菱沼典子, 細野恵子, 吉良いずみ, 田中美智子, 加藤木真史, 加藤京里, 丸山朱美, 留畑寿美江(2016)排便パターン分類に必要な観察期間の検討―4週間から2週間への短縮の可能性―,日本看護技術学会誌15(2),183-187頁
  • 細野 恵子, 加藤木 真史, 吉良 いずみ, 菱沼 典子, 田中 美智子, 井垣 通人, 丸山 朱美, 加藤 京里(2016)排便パターン分類のためのフローチャートの開発 調査研究データの再分析から,日本看護技術学会誌,15(1),74-80頁
  • 加藤京里,鈴木聡美(2011)地域住民は温泉に何を求めているか 温泉施設利用者への意識調査,日本健康医学会雑誌,20(1),23-30頁
  • 加藤京里, 見城道子, 守屋治代, 山元由美子(2009)健康増進施設利用者の運動習慣と健康関連指標の関連,日本看護研究学会雑誌,32(1),69-78頁

教育・研究に対する考え方

教育においては、学生が自ら問いをたてその答えを探求できるよう学修環境を整え、主体的な学びを支援いたします。研究においては、研究成果を看護の実践に還元していくよう努めます。

モバイル表示

PC表示