グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
加納 江理(KANOU Eri)
所属・職名
看護学部看護学科(在宅看護学) 講師
Eメールアドレス
kano-e@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2010年3月 放送大学教養学部生活と福祉コース卒業
2011年2月 日本学位授与機構にて看護学士取得
2013年3月 聖隷クリストファー大学看護学研究科修士課程修了

学位

看護学修士(聖隷クリストファー大学・2013年)

専門分野

在宅看護、難病看護、看護管理

担当科目

地域支援論、在宅看護学演習、在宅看護学実習、発展看護実習、卒業研究

主要研究テーマ

  • 訪問看護師の教育プログラム
  • 神経難病看護

所属学会

日本看護科学学会
日本看護管理学会
日本在宅看護学会
日本難病看護学会

主な経歴

2012年11月 医療法人三誠会北斗わかば病院 地域連携室室長
2021年10月 静岡県立大学看護学部講師

主な社会活動

2019年4月 浜松市介護認定審査会委員
2019年7月 浜松市領域の異なる多職種連携による在宅医療・介護連携推進事業 代表
2019年9月 静岡県看護協会認定看護管理者教育課程セカンドレベルコーディネーター
2020年7月 聖隷三方原病院認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師
2021年7月 静岡県看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師

主要研究業績

論文
  • 医療療養病床における看護職と看護補助職の協働活動に関する研究:聖隷クリストファー大学看護学研究科修士論文(2013)

教育・研究に対する考え方

臨床現場での経験を活かし、実習や演習を通じて看護の楽しさや喜びを伝えられるように教育に取り組んでいきたいと思います。研究に関しては、訪問看護師のリカレント教育をテーマに取り組みたいと思っています。

モバイル表示

PC表示