グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:カウクルアムアン アムナー

氏名
カウクルアムアン アムナー(KHAOKHRUEAMUANG Amnaj)
出生年月
1978年12月
所属・職名
経営情報学部経営情報学科 准教授
経営情報イノベーション研究科 准教授(兼務)
部屋番号
看護学部棟(草薙キャンパス)13319号室
Eメールアドレス
amnaj@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2001年3月 国立ピブンソンクラムラジャバト大学人文学部ビジネス英語学科卒業
2008年10月 国立シーナカリンウィロート大学大学院博士前期課程エコツーリズム計画経営学域修了
2014年9月 首都大学東京大学院都市環境科学研究科博士後期課程観光科学域修了

学位

観光科学博士(首都大学東京・2014年)

専門分野

観光科学

担当科目

観光マネジメント、国際観光、観光学概論、観光マネジメント特論

主要研究テーマ

  • 農村観光発展
  • 茶観光
  • 観光における世界農業遺産の発展

所属学会

日本地理学会
世界緑茶協会

主な経歴

2001年9月 プラナコンラジャバト大学中学高等学 英語教師
2016年4月 和歌山大学国際観光学研究センター 講師
2019年4月 静岡県立大学経営情報学部 准教授

受賞歴

1995年 第4回タイ王国子ども出版社童話賞 1位受賞・出版 
作品名 「The rainbow sun」
The 4th Fable Writing Award, Foundation For Children Publishing House
1996年 第5回タイ王国子ども出版社童話賞 2位受賞・出版 
作品名「A girl’s paper」
The 5th Fable Writing Award, Foundation For Children Publishing House
2005年 タイ王国カサトリヤーラーム寺院エッセー賞 1位受賞
作品名「Biography of King Rama IV」
Thai Essay Writing Award, The Kasattriyaram Temple
2009年 第15回タイ王国子ども出版社童話賞 1位受賞・出版 
作品名「The dream of a white fly」
The 15th Fable Writing Award, Foundation For Children Publishing House
2019年 Best Paper Award “Tea Cultural Commodification in Sustainable Tourism: Perspectives from Thai and Japanese Farmer Exchange” 「持続可能な観光における茶文化の商品化:タイと日本農家交流の視点」The 1st ICRU International Conference on Sustainable Community Development

主な社会活動

Thailand – Japan Alliance for Tea Industry, Chiang Rai, Thailand

主要研究業績

著書
  • タイのテルタにおける自然保護とエコツーリズム 「シリーズ地誌トピックス2 ローカリゼーション 地域へのこだわり」(矢ケ崎典隆・菊地俊夫・丸山浩明 編)(矢ケ崎典隆 訳)、朝倉書店、東京、110-122頁まで全139頁、2018
  • The Commodification of Rurality in Mae Kampong Village for Japanese Long-Stay Tourism in Chiang Mai. In King,T.V. and Porananond, P. (eds) Rethinking Asian Tourism: Culture, Encounters and Local Response,  Cambridge Scholars Publishing, Newcastle upon Tyne, England, pp.166-196, 2014.

学術論文
  • Sustainability of Rural Land Use Based on an Integrated Tourism Model in Mae Kampong village, Chiang Mai Province, Thailand, Geographical Review of Japan Series B, 86(2), pp. 157-173,2014
  • The Characteristics of Agricultural Practices in Bang Kachao Area, the Bangkok Metropolitan Fringe, 観光科学研究 (International Journal of Tourism Science), 第7号, pp.1-10, 2014.
  • Sufficiency Economy Agritourism: Globalizing Thai Food in the Urban Fringe, International Journal of Economic and Social Sustainability, 1, pp.3-21, 2014.
  • Agricultural Heritage Systems of Orchard based on the Concept of Satoyama and Sufficiency Economy: Green Tourism Perspectives for Japan and Thailand. Journal of Thai Interdisciplinary Research, 12 (3), pp.38-49, 2017.

観光における茶文化の商品化、公益社団静岡県茶業会議所月刊「茶」, 71 (831- 843)(2018年1月~12月)
  1. 観光における茶文化の商品化 1章:茶地域振興とサステナブル・ツーリズム、8-12頁
  2. 観光における茶文化の商品化 2章:茶文化とツーリズム、6-11頁
  3. 観光における茶文化の商品化 3章:茶とグリーン・ツーリズム―日本の田原のケース (1)、6-11頁
  4. 観光における茶文化の商品化 4章:茶とグリーン・ツーリズム―日本の田原のケース (2)、6-11頁
  5. 観光における茶文化の商品 5章 茶とコミュニティー・ベースド・ツーリズム―タイの北部農村のケース(1)、6-9頁
  6. 観光における茶文化の商品 5章 茶とコミュニティー・ベースド・ツーリズム―タイの北部農村のケース(2)、6-10頁
  7. 観光における茶文化の商品化 6章 茶とヘルスツーリズム: タイ北部の有機栽培茶のケース(1)、6-10頁
  8. 観光における茶文化の商品化 6章 茶とヘルスツーリズム: タイ北部の有機栽培茶のケース(2)、6-10頁
  9. 観光における茶文化の商品化 7章 茶とヘリテージ・ツーリズム:ヒル・カントリー丘陵地帯のケース、6-11頁
  10. 観光における茶文化の商品化 7章 茶とヘリテージ・ツーリズム:日本の宇治のケー、6-9頁
  11. 観光における茶文化の商品化 7章 茶とヘリテージ・ツーリズム:中国、韓国、日本の世界農業遺産のケース、6-11頁
  12. 観光における茶文化の商品化 8章 茶と持続可能な観光開発:日本の茶生産コミュニティーの展望、6-12頁

教育・研究に対する考え方

教育:アクティブラーニングを通して、国際社会で活躍のできる人材の育成に尽力したい。
研究:フィールドワークや地域住民との対話を重視した研究から、観光を通じた地域発展に貢献したい。

モバイル表示

PC表示