グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
小田 透(ODA Toru)
出生年月
1980年7月
所属・職名
言語コミュニケーション研究センター 特任講師
電話番号
054-264-5211
部屋番号
看護学部棟(草薙キャンパス)13309号室
Eメールアドレス
t-oda@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2003年3月 東京大学総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論)卒業
2006年3月 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論)修士課程修了
2011年6月 カリフォルニア大学アーバイン校比較文学科修士課程修了
2016年 12月 カリフォルニア大学アーバイン校比較文学科博士課程修了

学位

Ph.D. in Comparative Literature (カリフォルニア大学アーバイン校・2016年)

専門分野

比較文学、批判理論、翻訳理論

担当科目

英語講読、英語コミュニケーションIV、基礎英語、フレッシュマンイングリッシュIB、フレッシュマンイングリッシュIIB、フレッシュマンイングリッシュIII、TOEICビジネス基礎英語、TOEIC英語II

主要研究テーマ

  • エミール・ゾラと自然主義文学物語と生物学的想像力
  • 19世紀末ユートピア文学の政治性の文学性
  • 解釈学と翻訳理論
  • アナキズム研究

所属学会

ACLA
表象文化論学会

主な経歴

2017年4月 静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター 非常勤講師
2018年10月 静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター 特任講師

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  • Anarchistic Hermeneutics of Utopian Desires in the Late Nineteenth Century: Defining, Narrating, and Reading Anarchism, 2016, Ph.D. Dissertation.
  • Politics of Naturalism, or Zola’s Performative and Literary Responses to Anarchistic Life Forces in Le Docteur Pascal and Les Rougon-Macquart, 2017, EXCAVATIO, XXIX. https://sites.ualberta.ca/~aizen/excavatio/articles/v29/Oda.pdf

○学会発表
  • 世紀転換期におけるアナキズム的なものの想像力の射程:エマ・ゴールドマンの軌跡、2006、表象文化論学会第1回研究発表集会、東京外語大学。
  • Non-reductionist Founding of Ethics on "Facts": A Weak Case for Kropotkin and Mauss, 2015, The Sixth Annual Conference of the North American Anarchist Studies Network, California Institutes of Integral Studies.
  • Utopian Ends and Excess in Emile Zola's Les Rougon-Macquart: Wishful Emplotment beyond the Logic of Naturalism and Historical Novel, 2017, ACLA Annual Meeting, Utrecht, the Netherlands.
  • ポストアナキズムの問題──脱領域化の野心と再領域化の危険性、2017、表象文化論学会第12回研究発表集会、武蔵大学。
  • Anarchist Enlightenment and Non‐Coercive Ethical Pedagogy: Kropotkin’s Problematization of Kant’s Categorical Imperative, 2018, ACLA Annual Meeting, Los Angeles.
  • Renewing Old Tasks of American Comparative Literature: Wellek, Spivak, and Ethics of Reading, 2018, Cross-Lingual Writing in an Age of World Literature: A Symposium, Keio University, Tokyo.
  • Is Anarchism Modernist?: Emphatic Textuality in Alexander Berkman’s Prison Memoirs of an Anarchist, 2018, MSIA Inaugural Conference, Modernism and Empathy, Hong Kong.
  • アナキズム道徳の表象可能性:ピーター・クロポトキンの相互扶助論の基底の問題、2018、表象文化論学会第13回研究発表集会、山形大学。
  • Narrative Negotiations between Nationalist and Scientific Fantasies: Naturalist Invention of the Mythical in Émile Zola's La Débâcle, 2018, Literary Fantasy and Its Discontents, National Taipei University of Technology, Taiwan.
  • Traveling, Troubling, and Translating: Reading Suga Keijiro against Hiroki Azuma, 2019, ACLA Annual Meeting, Washington, D.C.

○翻訳
  • エマ・ゴールドマン『エマ・ゴールドマン自伝』全2巻、小田光雄との共訳、ぱる出版、2005。
  • リチャード・シェクナー「五つの前衛、それとも前衛は存在しないのか」、内野儀と の共訳、2007、『舞台芸術』第 11 号、京都造形芸術大学舞台芸術研究センタ ー、154-85 頁。
  • クリティカル・アート・アンサンブル「組み換え演劇とデジタルな抵抗」、内野儀と の共訳、2007、『舞台芸術』第 12 号、京都造形芸術大学舞台芸術研究センタ ー、121-40 頁。
  • クリスティン・グレイナー「野生におけるダンスの探求・研究――ブラジルの経験」 、内野儀との共訳、共著、2008、『舞台芸術』第 13 号、京都造形芸術 大学舞台芸術研究センター、136-65 頁。
  • クリティカル・アート・アンサンブル「バクテリアとアメリカ (反資本主義/アート)」、2008、『Vol』第3号、以文社、56-62頁。
  • ウナ・チャウドゥリ「動物たちの顔と向き合うこと(はできるのか)――ズーエシス とパフォーマンス」、内野儀との共訳、2008、『舞台芸術』第14号、京都造 形芸術大学舞台芸術研究センター、119-45 頁。
  • Takahashi, Tomoyuki. “In a Freely Agreed, Modest Place: On Us women. Them women.” Sputnik —YIDFF Reader 2015, Yamagata: Yamagata International Documentary Film Festival, 2015. 14-15.
  • Kakinami, Ryosuke. “Refusing Names – The Search for Emak Bakia.” Sputnik—YIDFF Reader 2015, Yamagata: Yamagata International Documentary Film Festival, 2015. 43-44.
  • Ishizaka, Kenji. “Lab Laba-Laba—Edwin's Recycling Factory” in Sputnik—YIDFF Reader 2015, Yamagata: Yamagata International Documentary Film Festival, 2015. 45-46.
  • スティーヴン・エリック・ブロナー『フランクフルト学派と批判理論』、白水社、2018。
  • アレクサンダー・バークマン『アナキスト、監獄の回想』、ぱる出版、2018(予定)。

○その他
  • 第12回研究発表会報告「研究発表3」、REPRE、vol. 32、2018。https://www.repre.org/repre/vol32/meeting12/panel3/
  • 書評「佐藤嘉幸、廣瀬純、三つの革命 ドゥルーズ=ガタリの政治哲学」、REPRE、vol. 33、2018。https://www.repre.org/repre/vol33/books/sole-author/sato=hirose/
  • 『フランクフルト学派と批判理論』訳者解説、白水社、2018。https://www.hakusuisha.co.jp/news/n26566.html
  • 第13回研究発表会報告「研究発表4」、REPRE、vol. 35、2019。https://www.repre.org/repre/vol35/meeting13/4/
  • 書評「スティーヴン・エリック・ブロナー、小田透訳『フランクフルト学派と批判理論』」、REPRE、vol. 35、2019。https://www.repre.org/repre/vol35/books/translation/oda/
  • 対談「連続トークイベント、ヘルベルト・ブレヒト著大岡淳訳『三文オペラ』(共和国)刊行記念、おまへは歌うふな、分断社会サバイバルマニュアル、批判する精神~ブレヒトとフランクフルト学派~」、2019、水曜文庫。

教育・研究に対する考え方

"We shall not cease from exploration/ And the end of all our exploring/ Will be to arrive where we started/ And know the place for the first time. (T.S.Eliot. Four Quartets.)

モバイル表示

PC表示