グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
寺田 泉(TERADA Izumi)
所属・職名
短期大学部歯科衛生学科 講師
Eメールアドレス
izumit@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2019年3月 徳島大学大学院口腔科学教育部口腔保健学専攻(博士課程前期)修了

学位

修士(口腔保健学)(徳島大学・2019年)

専門分野

老年歯科学、摂食嚥下リハビリテーション学、口腔リハビリテーション学

担当科目

高齢者歯科学、障害者歯科学、障害者歯科保健介護論、障害者歯科保健介護実習、口腔介護予防・リハビリテーション法等

主要研究テーマ

・有病高齢者の口腔健康管理について
・緩和ケア受療患者の口腔状況について 
・経口気管内挿管患者の口腔状況について

所属学会

日本摂食嚥下リハビリテーション学会
日本老年歯科医学会
日本口腔ケア学会
日本歯科衛生教育学会

主な経歴

2005年4月 歯科医院勤務
2006年1月 聖隷福祉事業団 聖隷三方原病院(歯科衛生士)
2013年4月 福井大学 非常勤講師
2016年8月 聖隷福祉事業団 聖隷浜松病院へ異動(歯科衛生士)
2019年4月 静岡県立大学短期大学部 講師

主な社会活動

・日本口腔ケア学会 口腔乾燥症ガイドライン委員会
・浜松嚥下研究会 理事

主要研究業績

〇著書
・摂食嚥下ポケットマニュアル第3版、医歯薬出版、p.201-204、2011年
・新版ナースのための摂食・嚥下障害ガイドブック、中央法規出版、p.236-240、2013年
・口腔の緩和医療・緩和ケア、末永書店、p.108-109,p.112-115、2013年
・ブレインナーシング、MCメディカ出版、p.54-55、2014年
・続5疾病の口腔ケア、医歯薬出版、p.142-144、2016年
・歯科衛生士必須有病者歯科学、末永書店、p.137-138、2020年

〇学術論文
・薬剤の口腔内残留により潰瘍を形成した摂食・嚥下障害の1例、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 16(1): 70-74 2012
・カテーテル固定用パッチ装着による口腔ケア時 の有用性について、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌、25(2):209-212、2015
・緩和ケア受療者の生命予後予測と口腔内状況、修士論文(徳島大学)、2019

教育・研究に対する考え方

教育:臨床経験を生かした講義、実習を行い、学生が主体的に学びたいと思えるような教育を目指したい。
研究:高齢者歯科に関する研究を行い、成果を地域社会に還元していきたい。

モバイル表示

PC表示