グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
長野 明子(NAGANO Akiko)
所属・職名
国際関係学研究科 教授
国際関係学部国際言語文化学科 教授(兼務)
Eメールアドレス
nagano.9@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2021_125.pdf

学歴

2000年3月 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
2007年3月 津田塾大学大学院文学研究科後期博士課程修了

学位

博士(文学)(津田塾大学・2007年)

専門分野

言語学、英語学、対照言語学、形態論、語形成

担当科目

大学院「比較言語研究」、大学院「言語機能論研究」、学部「比較言語論A, B」、学部「教育言語学概論B」

主要研究テーマ

  • 理論言語学を用いた言語間・方言間比較
  • 形態論と語形成
  • 日本語方言の終助詞、接辞、語彙
  • 言語接触とレキシコンの関係

所属学会

日本英語学会
日本英文学会
近代英語協会
Societas Linguistica Europaea (ヨーロッパ言語学会)

主な経歴

2005年4月 津田塾大学学芸学部英文学科 助手
2007年7月 筑波大学大学院人文社会科学研究科 助教
2012年10月 東北大学大学院情報科学研究科 准教授
2020年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科 教授、国際関係学部 教授(兼務)

受賞歴

2005年 日本英語学会 新人賞(佳作)
2009年 市河賞
2014年 日本英語学会 EL研究奨励賞
2014年 日本英語学会 学会賞(論文)

主な社会活動

Morphology & Lexicon Forum 運営委員

主要研究業績

*詳細は研究者総覧 “researchmap” で、研究者名 「長野明子」 を検索してください。
〇学術論文
  • 長野明子、島田雅晴 「九州方言文末詞「バイ」と「タイ」の統語と形態について」、西原哲雄ほか(編)『言語におけるインターフェイス』、pp. 215-234、開拓社、東京, 2019年.
  • Nagano, Akiko and Masaharu Shimada. “Affix borrowing and structural borrowing in Japanese word-formation,” SKASE Journal of Theoretical Linguistics 15: 2, pp. 60-84. 2018.
  • Nagano, Akiko. “A conversion analysis of so-called coercion from relational to qualitative adjectives in English,” Word Structure 11:2, pp. 185-210. 2018.
  • Shimada, Masaharu and Akiko Nagano. “Relational adjectives used predicatively (but not qualitatively): A comparative-structural approach,” Lexique: Revue française de lexicologie et de linguistique 23, pp. 62-89, 2018.
  • Shimada, Masaharu and Akiko Nagano. “Miratives in Japanese: The Rise of Mirative Markers via Grammaticalization,” Journal of Historical Linguistics 7:1-2, pp. 213-244, 2017.
  • 長野明子・島田雅晴「言語接触と対照言語研究:「マイカー」という「自分」表現について」、廣瀬幸生ほか編『三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ』,pp. 217-259, 開拓社,2017年.
  • Nagano, Akiko. “Are relational adjectives possible cross-linguistically?: The case of Japanese,” Word Structure 9:1, pp. 72-102, 2016.
  • Nagano, Akiko. “The Category and Historical Development of the Prefix a-,” JELS 33 (Proceedings of the 33th National Conference of the English Linguistic Society of Japan), pp. 86-92, 2016,
  • Nagano, Akiko and Masaharu Shimada. “Morphological Theory and Orthography: Kanji as a Representation of Lexemes,” Journal of Linguistics 50-2, pp. 323-364, 2014.
  • Nagano, Akiko. “Morphology of Direct Modification,” English Linguistics 30-1, pp. 111-150, 2013. (English Linguistics 研究奨励賞;日本英語学会賞(論文))
  • Nagano, Akiko. “Derivational Prefix be- in Modern English: The Oxford English Dictionary and Word-Formation Theory,” English Studies 94-4, pp. 448-467, 2013.
  • 長野明子.「複合と派生の境界と英語の接頭辞」,『生成言語研究の現在』,池内正幸・郷路拓也編,pp. 145-161, ひつじ書房,2013.
  • Nagano, Akiko. “The Right-Headedness of Morphology and the Status and Development of Category-Determining Prefixes in English,” English Language and Linguistics 15- 1, pp. 61-83, 2011.
  • Nagano, Akiko. “Marchand’s Analysis of Back-Formation Revisited: Back-Formation as a Type of Conversion,” Acta Linguistica Hungarica 54-1, pp. 33-72, 2007.

〇著書
  • 西山國雄・長野明子 『形態論とレキシコン』、開拓社、東京、2020年出版予定.
  • 長野明子 『言語の構造と分析 第III部 最新のレキシコンと形態論の進展』、pp. 170-257、開拓社、東京、2018年.
  • Nagano, Akiko. Conversion and Back-Formation in English: Toward a Theory of Morpheme-Based Morphology. Kaitakusha, Tokyo. 296pp. 2008. (市河賞受賞)

教育・研究に対する考え方

言語学をやることで、「事実と理論の往復」という科学の基本を学ぶことができます。これは、データ(=雑多な事実)の中から一般規則(=理論構成要素)を取り出すという作業です。限定された範囲の現象であっても、観察と思考の末にシンプルで美しい論理構造を取り出せたときには、他では得られない純粋な喜びを感じることができます。

研究シーズ集に関するキーワード

文法, 語彙, 普遍性と多様性, 名づけ, 言語接触

モバイル表示

PC表示