グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:村橋 勲

氏名
村橋 勲(MURAHASHI Isao)
出生年月
1980年3月
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 助教
国際関係学研究科 助教(兼務)
部屋番号
国際関係学部棟3212号室
Eメールアドレス
i_murahashi@u-shizuoka-ken.ac.jp
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/MPpuD1fUK0TqrN43

学歴

2002年3月 京都大学総合人間学部国際文化学科卒業
2005年3月 京都大学人間・環境学研究科修士課程修了
2017年3月 大阪大学人間科学研究科博士後期課程修了

学位

博士(人間科学)(大阪大学・2019年)

専門分野

文化人類学、地域研究(アフリカ)、難民・強制移動研究

担当科目

フィールドワークⅡA・B、歴史から読み解くしずおか学A・B、英語で読む国際関係入門A

主要研究テーマ

  • 北東・東アフリカにおける紛争と越境の動態に関する歴史人類学的研究
  • アフリカにおける難民保護と人道支援に関する研究
  • アフリカのナイル系諸民族の民間伝承とアーカイブ研究

所属学会

日本文化人類学会(JASCA)
日本アフリカ学会(JAAS)
日本ナイル・エチオピア学会(JANES)(総務幹事兼評議員)
IUAES(国際人類学民族科学連合)

主な経歴

2006年4月~2012年12月 日本放送協会ニュースカメラマン(秋田局及び静岡局勤務)
2013年4月~2015年3月 日本学術振興会特別研究員(DC-2)
2015年4月~2017年3月 千葉大学文学部非常勤講師
2017年4月~2020年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2017年4月~2020年3月 同志社大学国際教養教育院グローバル教育センター非常勤講師
2019年9月~2020年3月 同志社大学高等研究教育院非常勤講師
2020年4月~2022年4月 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター特任研究員
2020年4月~現在 京都大学アフリカ地域研究資料センター特任研究員
         *欧州キャノン財団-京都大学日本・アフリカ研究者相互派遣プログラム2020年度研究員
2021年9月~2022年3月 立教大学文学部非常勤講師
2022年1月~2022年3月 バイロイト大学客員研究員
2022年5月~現在 静岡県立大学国際関係学部助教

受賞歴

2006年 東北写真記者協会新人部門銀賞
2007年 東北写真記者協会報道部門銀賞
2015年 第3回若手難民研究者奨励賞
2018年 第8回地域研究コンソーシアム研究作品賞(『地域研究からみた人道支援』分担執筆者として)
2018年 2018年国際開発学会特別賞(『地域研究からみた人道支援』分担執筆者として)
2020年 第8回若手難民研究者奨励賞
2021年 第11回地域研究コンソーシアム登竜賞(『南スーダンの独立・内戦・難民』により)
2022年 第28回日本ナイル・エチオピア学会高島賞(『南スーダンの独立・内戦・難民』により)

主な社会活動

公益財団法人味の素食の文化センター『VESTA』誌 企画委員

主要研究業績

○著書
  • 「『文化』の収集における協働と葛藤――南スーダンと難民キャンプにおける現地の人々とのかかわりあい」、栗本英世・村橋勲・伊東未来・中川理(編著)『かかわりあいの人類学』大阪大学出版会、大阪、pp. 167-185. 2022年
  • 『サバンナの彼方』、能登印刷出版部、金沢、共編著、2022年
  • 『南スーダンの独立・内戦・難民――希望と絶望のあいだ』、昭和堂、京都、2021年.〈第11回地域研究コンソーシアム登竜賞、第28回日本ナイル・エチオピア学会高島賞受賞〉
  • “Reorganizing ‘Family’to Secure Livelihoods: Coping strategies of South Sudanese Refugees in Uganda” Wakana Shiino (ed.), Diversification and Reorganization of ‘Family’in Uganda and Kenya: A Cross-Cultural Analysis. Bilateral Joint Research Projects, ILCAA-Tokyo University of Foreign Studies (TUFS), pp. 15-25. 2018
  • 「難民の市民社会組織にみるローカルな生存戦略――ウガンダの南スーダン難民の事例」、宮脇幸生(編)『国家支配と民衆の力』、大阪公立大学出版会、大阪、240-272頁、2018年
  • 「難民開発援助の可能性と限界――ウガンダにおける生計支援の事例から」、湖中真哉・太田至・孫暁剛(編著)『地域研究からみた人道支援――アフリカ遊牧民の現場から』、昭和堂、京都、151-173頁、2018年.〈第8回地域研究コンソーシアム研究作品賞、2018年国際開発学会特別賞受賞〉
  • 「テレビが作りだすリアリティとフィールドワークの可能性」、椎野若菜・福井幸太郎(編)『マスメディアとフィールドワーカー(FENICS100万人のフィールドワーカー第6巻)』、古今書院、東京、41-61頁、2017年
  • 「チャラ――他民族との相克と生存戦略」、福井勝義・竹沢尚一郎・宮脇幸生(編)『講座 世界の先住民族 ファースト・ピープルズの現在05サハラ以南アフリカ』、明石書店、京都、147-160頁、2008年

○学術論文 (*をのぞき査読あり)
  • “Refugee Mobility and Uncertain Lives: Challenges and Agency of South Sudanese Refugees in Uganda”, ASC-TUFS Working Papers 2, pp. 83-102, 2022.
  • 「ウガンダの難民居住地における南スーダン人の食習慣――食材と嗜好の変化」,『農耕と技術と文化』第30号、33-158頁、2022年
  • “Conflict-induced migration and local development: The socio-economic dynamics of a refugee-hosting area in Uganda”ASC-TUFS Working Papers 1, pp. 253-272, 2021.
  • “Creatively Utilising the Encyclopaedia Cinematographica Film Project: Visual Repatriation of the Masakin.”, TRAJECTORIA 1, pp. 1-8, 2020.
  • 「難民登録とインフォーマル・エコノミー――ウガンダの『カード・ゲーム』の実態と影響」、『アフリカレポート』第57号、80-86頁、2019年
  • 「教育を求めて難民になる『若者』――「故郷」と「難民」を揺れ動くロピット難民の「若者」たち」、『スワヒリ&アフリカ研究』第29号、78-100頁、2018年
  • 「難民とホスト住民との平和的共存に向けた課題――ウガンダにおける南スーダン難民の移送をめぐるコンフリクト」、『未来共生学』第4号、161-185頁、2017年
  • 「南スーダン難民の生計活動と対処戦略――ウガンダ、キリヤドンゴ難民居住地の事例」、『難民研究ジャーナル』第6号、163-179頁、2016年.〈第3回若手難民研究者奨励賞受賞研究課題〉
  • “Traditional Steelmaking in Southwestern Ethiopia: A metallurgical analysis”, NES 14, pp. 1-18. (Yamasue Eijiとの共著)、2010.
  • 「鍛冶職人から展望する社会――エチオピア西南部における鍛冶職人の生存戦略」、『文化人類学』72巻1号、68-94頁、2007年
  • 「エチオピア西南部の製鉄技術と鉄器使用」『物質文化』81巻6号、1-20頁、2006年 (*)

○解説、報告、翻訳、エッセイ
  • 研究概要「難民キャンプにおける家郷の創造――南スーダン、ロピット難民の儀礼実践と物質文化」、『難民研究ジャーナル』11号、 172-174頁、2022年.〈第8回若手難民研究者奨励賞受賞研究課題〉
  • 研究概要“Traditional steelmaking in Southwestern Ethiopia: A Metallurgical Analysis”(Yamasue Eijiとの共著) The Crucible (Historical Metallurgy Newsletter) 106, pp. 12-13. 2021.
  • 共著「留学という旅――日本の南スーダン人」(仲尾周一郎との共著)『季刊民族学』176号、34-41頁、2021年
  • エッセイ「インジェラの味はどんな味?〈エチオピア〉」『Vesta』108号、17-19頁、2020年
  • 翻訳(古川不可知との共訳)「強制移動と非正規移動の考古学」(ヤニス・ハミラキス著)、『現代思想9月臨時号〈特集:考古学の思想〉』46巻13号、青土社、東京、81-100頁、2018年
  • エッセイ「至福のひと時-エチオピアのカフェ事情」、『Vesta』103号、26-27頁、2016年
  • 解説「戦火の一年-南スーダンにおける内戦と和平の行方」、JANES Newsletter 22号、23-34頁、2015年

教育・研究に対する考え方

フィールドワークとアーカイブ調査を基に、北東・東アフリカの民族誌、民間伝承、紛争と難民、人道支援、食文化、製鉄について研究しています。日本ではアフリカを知る機会は限られていますが、教育をとおしてアフリカを身近に感じてほしいと思っています。また、今後は静岡の農と食の歴史・文化についてもフィールドワークをする予定です。

モバイル表示

PC表示