グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:リダン ポール アラン

氏名
リダン ポール アラン(LYDDON Paul Alan)
出生年月
1969年7月
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 准教授
国際関係学研究科 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5350
部屋番号
国際関係学部棟3510号室
Eメールアドレス
palyddon@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://u-shizuoka-ken.academia.edu/PaulLyddon/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2021_144.pdf

学歴

1991年5月 ノースカロライナ大学教養学部国際総合学科卒業
1994年5月 ノースカロライナ大学大学院シャーロット校教育研究科修士課程TESL専攻修了
2007年8月 アリゾナ大学大学院博士課程第二言語習得・教授法専攻修了

学位

博士(第二言語習得・教授法)(アリゾナ大学・2007年)

専門分野

異文化間コミュニケーション、コンピューター支援言語学習、学習者の自律性、言語能力の測定・評価、第二言語習得

担当科目

【学部】 PBL English 1A・1B、コミュニケーション・デザイン、英語プレゼンテーションB、グローバルコミュニケーション入門
【大学院】 アカデミック・イングリッシュII

主要研究テーマ

  • 異文化間コミュニケーション
  • オンライン学習交流
  • 日本語の形態音韻論(連濁)

所属学会

アメリカ外国語教育協会(ACTFL)
コンピュータ支援言語教育コンソーシアム(CALICO)
全国語学教育学会(JALT)
米国現代語学文学協会(MLA)

主な経歴

2007年8月 マイアミ大学教育学部 助教授
2009年7月 会津大学語学研究センター 准教授
2012年4月 神田外語大学ELI 准教授
2015年4月 大阪女学院短期大学英語科 教授
2018年4月 静岡県立大学国際関係部 准教授

主な社会活動

 

主要研究業績

  1. Japanese junior high school English textbook input and wh-question formulation. In P. Clements, A. Krause, & R. Gentry (Eds.), Teacher efficacy, learner agency (pp. 49-54). JALT, 2020 (with H. Okamoto).
  2. A reflective approach to digital technology implementation in language teaching: Expanding pedagogical capacity by rethinking substitution, augmentation, modification, and redefinition. TESL Canada Journal 36(3)、 pp. 186-200、 2019.
  3. Connecting extensive reading to TOEIC performance. CALL and Complexity—Short Papers from EUROCALL 2019、 pp. 257-262、 2019. (共著)
  4. From computer-assisted language learning to digitally mediated intercultural communication. Future-Proof CALL: Language Learning as Exploration and Encounters – Short Papers from EUROCALL 2018、 pp. 171-175、 2018.
  5. Discovering language properties through dictionary-based data analysis. Vocabulary Learning and Instruction 6(2)、pp. 1-10、2017.
  6. Re-mediating postmillennial posters in the Digital Age. CALL in a Climate of Change—Short Papers from EUROCALL 2017、pp. 200-204、2017. (共著)
  7. Rendaku awareness of Japanese language learners in Taiwan: Students at Ming Chuan University. In T.J. Vance & M. Irwin (Eds.), Perspectives on rendaku (pp. 57-77). Amsterdam, the Netherlands: John Benjamins, 2016 (共著)
  8. Mobile-assisted language learning and language learner autonomy. CALL Communities and Culture—Short Papers from EUROCALL 2016、pp. 302-306、2016.
  9. Rendaku and homophony. Phonological Studies 19、pp. 11-18、2016. (共著)
  10. Redesigning the Freshman English syllabus: A Pedagogy of process and transformation. Journal of Kanda University of International Studies 28、pp. 355-376、2016. (共著)
  11. Teaching grammatical voice to computer science majors: The case of less proficient English learners. English for Specific Purposes 41、pp. 1-11、2016. (共著)
  12. An evaluation of tablet computers for ubiquitous language learning. Working Papers in Education and Research 3、pp. 1-12、2015.
  13. The flip side of flipped language teaching. Critical CALL—Proceedings of the 2015 EUROCALL Conference、pp. 381-385、2015.
  14. JALT Forum: Reimagining contemporary EFL curricula. JALT2014 Proceedings、pp. 89-105、2015. (共著)
  15. The development of L2 Japanese self-introductions in an asynchronous computer-mediated language exchange. Foreign Language Annals 46、pp. 469-490、2013. (共著)
  16. Language learner autonomy, motivation, and proximal goal completion. JALT2012 Proceedings、pp. 160-169、2013.
  17. A diagnostic approach to improving the pedagogical effectiveness of tutorial CALL materials. CALL: Using, Learning, Knowing. EUROCALL 2012 Proceedings、pp. 192-197、2012.
  18. An evaluation of an automated approach to concept-based grammar instruction. EUROCALL Review 20、pp. 105-109、2012.
  19. An exploration of a technology-enhanced approach to the teaching of the concept of grammatical voice. Procedia—Social and Behavioral Sciences 34、pp. 137-141、2012.
  20. Japanese university student self-motivation and language learning autonomy. JALT2011 Proceedings、pp. 455-471、2012.
  21. The efficacy of corrective feedback and textual input enhancement in promoting the acquisition of grammatical redundancies. Modern Language Journal 95、pp. 104-129、2011.
  22. Training Japanese university English learners for greater autonomy. JALT2010 Proceedings、pp. 701-713、2011.

教育・研究に対する考え方

人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ。
ー ガリレオ・ガリレイ ー
発見とは、皆が見たことのあるもので誰も考えたことのないことを見つけることである。
ー セント=ジェルジ・アルベルト ー

研究シーズ集に関するキーワード

社会記号学, マルチモダリティ, 情報通信技術(ICT), オンライン国際交流

モバイル表示

PC表示