グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
二羽 泰子(FUTABA Yasuko)
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 講師
国際関係学研究科 講師(兼務)
Eメールアドレス
futaba@u-shizuoka-ken.ac.jp
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/futaba/

学歴

2003年3月 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
2007年3月 日本福祉大学国際社会開発研究科修士課程終了
2017年3月 大阪大学人間科学研究科博士後期課程修了

学位

博士(人間科学)(大阪大学・2017年)

専門分野

解放社会学、クロス・マイノリティ研究、文化変容

担当科目

共生の社会学A・B/現代社会研究3A・B、障害学入門/国際行動学特殊研究1、人権が支える社会、国際人権と障害/国際行動学特殊研究2、国際社会研究3A・B

主要研究テーマ

  • アフリカ地域の文化に根付く新たなカテゴリ化の導入による、西洋的不平等構造の打破
  • 障害・人種・性・経済的地位などに伴う差別・不平等問題の横断的研究

所属学会

International Sociological Association
日本社会学会
日本文化人類学会
日本解放社会学会
Society for Disability Studies
福祉社会学会
教育社会学会

主な経歴

2004年4月 JICA東京国際センタープログラムオフィサー
2005年5月 JICAネパール国際協力専門家
2006年5月 DPI International Asia Pacific Regional Office プロジェクトマネージャー
2008年4月 JICA人間開発部 ジュニア専門員
2011年4月 UNICEFマダガスカル インクルーシブ教育プロジェクトボランティア
2015年9月 関西国際大学非常勤講師
2017年6月 東京学芸大学子どもの貧困と教育プロジェクト専門研究員
2017年10月 東京大学教育学研究科特任助教
2022年4月 静岡県立大学国際関係学部国際関係学科講師

受賞歴

2018年 World Congress on Special Needs Education, Best Extended Abstract Award

主な社会活動

The International Academic Forum, IAFOR Journal of Education編集委員会査読委員

主要研究業績

  • 『排除と包摂をめぐる学校組織の変容――障害児教育に関わる葛藤に着目して』大阪大学、大阪、2017
  • 「共同的人権教育と個人化された教育政策の共存――迫られる選択と葛藤」高田一宏編『新自由主義的教育改革と学校文化の葛藤に関する研究報告書』、大阪大学、大阪、pp.47-54、2016
  • 「脱落者の視角からメリトクラシーを問い直す――メリトクラシーはいかにして排除の仕組みを醸成してきたのか――」『東京大学教育学研究科紀要』、61巻、pp.67-77、2022
  • "Inclusive Education Under Collectivistic Culture," Journal of Research in Special Educational Needs (9), pp.647-652, 2016
  • 「『差異のジレンマ』を乗り越える学校教育の実践」『解放社会学研究』、29巻、pp.7-24、2016
  • 「マイノリティに非排除的な学校への変容――制度と学校文化の視角から」『教育社会学研究』、97集、pp.25-45、2015

教育・研究に対する考え方

弱い立場の人々が生み出される不平等な社会の仕組みがどのように形成・再生産され、私たちはそれらとどのように向き合っていけるのかについて、学生と共に探求し続けたい

モバイル表示

PC表示