グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
内田 邦敏(UCHIDA Kunitoshi)
出生年月
1980年3月
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(生体機能学研究室) 准教授
食品栄養環境科学研究院 准教授 (兼務)
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12303号室
Eメールアドレス
kuchida@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2003年3月 名古屋市立大学薬学部製薬学科卒業
2005年3月 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
2010年3月 総合研究大学院大学生命科学研究科修了

学位

博士(理学)(総合研究大学院大学・2010年)

専門分野

生理学、感覚生理学、薬理学、イオンチャネル

担当科目

生体機能学、環境応答学、他

主要研究テーマ

  • 細胞、器官、個体における内外環境温度を感じるメカニズムとその意義の解明
  • 温度センサー分子のエネルギー代謝調節における役割の解明
  • 温度センサー分子に対する食品、医薬品など由来の新規リガンドの探索とその応用

所属学会

日本生理学会(評議員)
日本薬理学会
日本生物物理学会

主な経歴

2005年4月 ニプロ株式会社医薬品研究所 研究員
2010年4月 自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター細胞生理研究部門 研究員
2011年4月 自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター細胞生理研究部門 特任助教
2012年11月 自然科学研究機構生理学研究所細胞生理研究部門 助教
2013年9月 University of Illinois College of Medicine at Peoria 訪問研究員
2016年7月 福岡歯科大学口腔歯学部 講師
2020年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 准教授

受賞歴

2012年 平成23年度入澤宏・彩記念若手研究奨励賞日本生理学会奨励賞
2016年 第43回福岡歯科大学学会総会学会賞
2017年 日本生理学会九州奨励賞
2018年 福岡歯科大学研究優秀賞

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  • Uchida K et al. Identification and classification of a new TRPM3 variant (γ subtype). J Physiol Sci. 69(4), 623-634 (2019)
  • Kita T et al. FK506 (tacrolimus) causes pain sensation through the activation of transient receptor potential ankyrin 1 channels. J Physiol Sci. 69(2), 305-316 (2019)
  • Kittaka H et al. Lysophosphatidic acid-induced itch is mediated by signaling of LPA5 receptor, phospholipase D and TRPA1/TRPV1. J. Physiol. 595(8), 2681-2698 (2017)
  • Sun W et al. Lack of TRPV2 impairs thermogenesis in mouse brown adipose tissue. EMBO Rep. 17(3), 383-399 (2016)
  • Takaishi et al. Reciprocal effects of capsaicin and menthol on thermosensation through regulated activities of TRPV1 and TRPM8. J. Physiol. Sci. 66(2), 143-155 (2016)
  • Sun W et al. Activation of TRPV2 negatively regulates the differentiation of mouse brown adipocytes. Pflugers Arch.– Eur. J. Physiol. 468(9), 1527-1540 (2016)
  • Uchida K et al. Stimulation dependent gating of TRPM3 channel in a planar lipid bilayer. FASEB J. 30(3), 1306-1316 (2016)
  • Kim M et al. Fish oil intake induces UCP1 upregulation in brown and white adipose tissue via the sympathetic nervous system. Sci. Rep. 5, 18013 (2015)
  • Takaishi M et al. Inhibitory effects of monoterpenes on human TRPA1 and the structural basis of their activity. J. Physiol. Sci. 64(1), 47-57 (2014)
  • Zhou Y et al. Identification of a splice variant of mouse TRPA1 that regulates TRPA1 activity. Nat. Commun. 4, 2399 (2013)
  • Fujita F et al. Ambient temperature affects the temperature threshold for TRPM8 activation through interaction of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate. J. Neurosci. 33(14), 6154-6159 (2013)
  • Oda S et al. TRPM2 contributes to antigen-stimulated Ca2+ influx in mucosal mast cells. Pflugers Arch. – Eur. J. Physiol. 465(7), 1023-1030 (2013)
  • Uchida K et al. Extracellular zinc ion regulates TRPM5 activation through its interaction with a pore loop domain. J. Biol. Chem. 288(36), 25950-25955 (2013)
  • Uchida K et al. Isothiocyanates from Wasabia japonica activate transient receptor potential ankyrin 1 channel. Chem. Senses. 37(9), 809-818 (2012)
  • Shintaku K et al. Activation of TRPA1 by a non-pungent capsaicin-like compound, capsiate. Br. J. Pharmacol. 165(5), 1476-1486 (2012)
  • Komatsu T et al. Primary alcohols activate human TRPA1 channel in a carbon chain length-dependent manner. Pflugers Arch.– Eur. J. Physiol. 463(4), 549-559 (2012)
  • Gachons C et al. Unusual pungency from extra-virgin olive oil is due to restricted spatial expression of oleocanthal's receptor. J. Neurosci. 31(3), 999-1009 (2011)
  • Uchida K et al. Lack of TRPM2 impaired insulin secretion and glucose metabolisms in mice. Diabetes. 60(1), 119-126 (2011)

○著書・総説
  • 内田 邦敏、加塩 麻紀子.エネルギー代謝調節におけるTRPチャネルの役割、医学のあゆみ第1土曜特集「TRPチャネルのすべて」、270巻10号、(2019)
  • Uchida K, Tominaga M. Thermo-sensitive Transient Receptor Potential Channels Regulate Thermogenesis and Differentiation in BAT. Mol. Biol. 7, 4 (2018)
  • Uchida K et al. Role of thermo-sensitive transient receptor potential channels in brown adipose tissue. Biol. Pharm. Bull. 41(8), 1135-1144 (2017)
  • Uchida K et al. Involvement of thermosensitive TRP channels in energy metabolism. J. Physiol. Sci. 67(5), 549-560 (2017)
  • 富永真琴、内田 邦敏.20章 パッチクランプバイオセンサー法による温度受容解析.「最新パッチクランプ実験技術法」、p. 203-209、(株)吉岡書店 (2011)

教育・研究に対する考え方

教育: 情報が溢れている中でそれに呑み込まれず、情報を多面的に捉え咀嚼することができ、上辺の時流に流されない人となってほしいと思っています。
研究: 科学には答えがあるようでないことが辛さであり、面白さでもあります。喜怒哀楽を素直に味わい愉しむことが大切と考えています。そして、まずは「とにかく試してみる!」ことに尽きると思います。

モバイル表示

PC表示