グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:寺田 祐子

氏名
寺田 祐子(TERADA Yuko)
出生年月
1987年9月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品化学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5544
部屋番号
食品栄養科学部棟5404号室
Eメールアドレス
yukoterada@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodchem/index.html
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2018_02_069.pdf

学歴

2010年3月 静岡県立大学食品栄養科学部食品学科卒業
2012年3月 静岡県立大学生活健康科学研究科修士課程修了
2015年3月 静岡県立大学薬食生命科学総合学府博士課程修了

学位

博士(食品栄養科学)(静岡県立大学・2015年)

専門分野

食品化学、食品機能学

担当科目

 

主要研究テーマ

  • 食品の味、香りに重要な食品成分の探索と作用標的の同定
  • 抗肥満、抗糖尿病作用をもつ機能性食品成分の探索と、作用機序の解明

所属学会

日本農芸化学会
日本栄養食糧学会
日本分子生物学会
日本香辛料研究会

主な経歴

2015年4月〜2015年5月 静岡県立大学 食品栄養科学部 研究員
2015年6月~2015年8月 国立病院機構京都医療センター 研究員
2015年9月~2018年3月 久留米大学 分子生命科学研究所 助教
2018年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 助教

受賞歴

2015年 ACN 2015 Young Investigator Award, 12th Asian Congress of Nutrition, Kanagawa, Japan
2015年 学長賞(静岡県立大学)
2010年 はばたき賞(静岡県立大学 食品栄養科学部)

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  1. M. Tanaka et al, Differential Effects of GLP-1 Receptor Agonist on Foam Cell Formation in Monocytes between Non-obese and Obese Subjects. Metabolism, 65, 1-11, 2016
  2. T. Watanabe and Y. Terada, Food Compounds Activating Thermosensitive TRP Channels in Asian Herbal and Medicinal Food. Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 61, 86-8, 2015
  3. Y. Terada at al, Structure-Activity Relationship Study on Isothiocyanates: Comparison of TRPA1-activating Ability Between Allyl Isothiocyanate and Specific Flavor Components of Wasabi, Horseradish, and White Mustard. Journal of Natural Products, 78, 1937-41, 2015
  4. Y. Terada et al, Identification of indole alkaloid structural units important for stimulus-selective TRPM8 inhibition: SAR study of naturally occurring Iboga derivatives. Journal of Natural Products, 77, 1831-38, 2014
  5. Y. Terada et al, Activation and inhibition of thermosensitive TRP channels by voacangine, an alkaloid present in Voacanga africana, an African tree. Journal of Natural Products, 77, 285-97, 2014
  6. Y. Terada et al, Sulphur-containing compounds of durian activate the thermogenesis-inducing receptors TRPA1 and TRPV1. Food Chemistry, 157, 213-20, 2014
  7. H. Masuda, Effects of carvalcol and volatile fraction of winter savory (Satureja Montana L.) on body temperature in humans who experience cold sensitivity. Food Science and Technology Research, 19, 1085-92, 2013
  8. Y. Terada, Specific hydroxy fatty acids in royal jelly activate TRPA1. Journal of Agricultural and Food Chemistry, 59, 2627-35, 2011

○著書
  1. 渡辺達夫, 寺田祐子, 人と食と自然シリーズ4, 食べ物とくすり―食の薬効を探る―第3章 辛味成分カプサイシン―トウガラシの健康科学 pp63-83を渡辺と寺田が担当, 2014年3月, 建帛社

教育・研究に対する考え方

教育:問題点を見つけ、解決・改善する能力は、研究職に限らず多くの職業に求められると考えています。研究を通して、学生が主体となって問題点を解決する能力を身に着けられるよう、サポートしていきたいと考えております。
研究:食品のおいしさや香り、抗肥満などの生体調節機能に寄与する食品成分の探索と、それらの分子標的、作用メカニズムを明らかにする。

研究シーズ集に関するキーワード

味と香り,化学感覚受容体,機能性食品素材と有効成分,培養細胞や酵母を用いた評価系, ハイスループットスクリーニング,産業応用

モバイル表示

PC表示