グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:繁田 尭

氏名
繁田 尭(SHIGETA Takashi)
出生年月
1985年6月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品有機化学研究室)助教
食品栄養環境科学研究院 助教 (兼務)
電話番号
054-264-5545
部屋番号
食品栄養科学部棟5405号室
Eメールアドレス
tshigeta@u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_063.pdf

学歴

2010年3月 静岡県立大学薬学部薬科学科卒業
2015年3月 京都大学大学院薬学研究科博士課程修了

学位

博士 (薬科学) (京都大学・2015年)

専門分野

有機合成化学、天然物化学

担当科目

 

主要研究テーマ

  • 生理活性天然物の全合成研究
  • 新規反応開発

所属学会

日本薬学会、日本薬学会医薬化学部会、日本プロセス化学会、近畿化学協会、有機合成化学協会

主な経歴

2015年5月 米国ユタ大学博士研究員 (Matthew S. Sigman教授)
2016年4月 武庫川女子大学 薬学部 助教
2018年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 助教

主な社会活動

 

主要研究業績

  • H. Uchimoto, M. Ikeda, A. Matsushita, T. Shigeta, K. Arimitsu, H. Yasui, T. Tsuji, M. Ozeki, M. Yamashita, K. Nishide, I. Kawasaki: Development of New Ligands for the Recyclable Catalytic Asymmetric Transfer Hydrogenation in Ionic Liquid. Heterocycles, 94, 465-483, 2017.
  • H. Uchimoto, M. Ikeda, S. Tanida, K. Ohhashi, Y. Chihara, T. Shigeta, K. Arimitsu, M. Yamashita, K. Nishide, I. Kawasaki: Green Synthesis of (R)-Terbutaline for Recyclable Catalytic Asymmetric Transfer Hydrogenation in Ionic Liquids. Chem. Pharm. Bull., 65, 389-395, 2017.
  • M. S. McCammant, T. Shigeta, M. S. Sigman: Palladium-Catalyzed 1,3-Difunctionalization Using Terminal Alkenes with Alkenyl Nonaflates and Aryl Boronic Acids. Org. Lett., 18, 1792-1795, 2016.
  • M. Yamanaka, U. Yoshida, M. Sato, T. Shigeta, K. Yoshida, T. Furuta, T. Kawabata: Origin of High E-Selectivity in 4-Pyrrolidinopyridine-Catalyzed Tetrasubstituted α, α’-Alkenediol: A Computetional and Experimental Study. J. Org. Chem., 21, 219-227, 2015.
  • K. Yoshida, K. mishiro, Y. Ueda, T. Shigeta, T. Furuta, T. Kawabata: Nonenzymatic Geometry-Selective Acylation of Tri- and Tetrasubstituted α, α’-Alkenediols. Adv. Syn. Catal., 354, 3291-3298, 2012.
  • K. Yoshida, T. Shigeta, T. Furuta, T. Kawabata: Catalyst-controlled reversal of chemoselectivity in acylation of 2-aminopentane-1,5-diol derivatives. Chem. Commun., 48, 6981-6983, 2012.
  • T. Ikawa, T. Nishiyama, T. Shigeta, S. Mohri, S. Morita, S. Takayanagi, Y. Terauchi, Y. Morikawa, A. Takagi, Y. Ishikawa, S. Fujii, Y. Kita, S. Akai: ortho-Selective Nucleophilic Addition of Primary Amines to Silylbenzynes: Synthesis of 2-Silylanilines. Angew. Chem. Int. Ed., 50, 5674-5677, 2011.

教育・研究に対する考え方

研究は「結果として失敗したか、成功したか」ではなく、「結果から何を学んだのか、そして次に何をするのか」が重要だと思っています。このような考え方は教育でも価値あるものと感じており、学生の皆さんには知識や技能だけでなく、上記のような事も伝えられるように工夫した教育を展開していきたいと考えています。

研究シーズ集に関するキーワード

有機合成化学, ファイトケミカル, 生活習慣病, 環境に優しい反応, 触媒, 入手容易な原料

モバイル表示

PC表示