グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:佐藤 友紀

氏名
佐藤 友紀(SATO Tomoki)
出生年月
1991年1月
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(栄養化学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5558
部屋番号
食品栄養科学部棟5508号室
Eメールアドレス
tsato1@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://www.shizuoka-lnb.com/
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/0542645558
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2022shoku-012.pdf

学歴

2013年3月 静岡県立大学食品栄養科学部栄養生命科学科卒業
2018年3月 静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府博士後期課程修了

学位

博士(食品栄養科学)(静岡県立大学・2018年)

専門分野

基礎栄養学、時間栄養学

担当科目

栄養化学実験、情報科学

主要研究テーマ

  • 骨格筋を形成する脂質の質(リポクオリティー)の生化学的解析
  • 腸管上皮細胞の膜リン脂質組成が栄養素輸送におよぼす影響の解析
  • 生体内のリン脂質概日リズムが代謝恒常性維持に及ぼす影響の検討

所属学会

日本栄養・食糧学会
日本脂質生化学会

主な経歴

2015年4月 日本学術振興会特別研究員DC1
2018年4月 日本学術振興会海外特別研究員 (University of California, Irvine)
2018年4月 静岡県立大学客員共同研究員
2018年7月 Center for Epigenetics and Metabolism, University of California, Irvine. Junior SpecialistⅡ
2019年7月 Center for Epigenetics and Metabolism, University of California, Irvine. Assistant SpecialistⅠ
2020年7月 Center for Epigenetics and Metabolism, University of California, Irvine. Assistant SpecialistⅡ
2021年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教

主要研究業績

  • Nutrition, Metabolism, and Epigenetics: Pathways of Circadian Reprogramming. EMBO Rep. in press. (2022)
  • PP6 deficiency in mice with KRAS mutation and Trp53 loss promotes early death by PDAC with cachexia-like features. Cancer Sci, in press. (2022)
  • The Steroidal Alkaloid Tomatidine and Tomatidine-Rich Tomato Leaf Extract Suppress the Human Gastric Cancer-Derived 85As2 Cells In Vitro and In Vivo via Modulation of Interferon-Stimulated Genes. Nutrients, 14(5), 1023. (2022)
  • Integration of feeding behaviour by the liver circadian clock reveals network dependency of metabolic rhythms. Sci Adv, 7(39): eabi7828. (2021)
  • Expanding the link between circadian rhythms and redox metabolism of epigenetic control. Free Radic Biol Med, 170: 50-58. (2021) .
  • The enhancement of fat oxidation during the active phase and suppression of body weight gain in glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 deficient mice. Biosci Biotech Biochem, 84(11):2367-2373. (2020)
  • Acute fructose intake suppresses fasting-induced hepatic gluconeogenesis through the AKT FoxO1 pathway. Biochem Biophys Rep, 18, 100638. (2019)
  • Effects of the dietary carbohydrate-fat ratio on plasma phosphatidylcholine profiles in human and mouse. J Nutr Biochem, 50, 83-94. (2017)
  • Glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency induces compensatory amino acid metabolism during fasting in mice. Metabolism, 65, 1646-1656. (2016)
  • 「糖尿病の療養指導Q&A、“経口摂取したアルコール(エタノール)の吸収、分解、代謝の過程と、エタノールによる脂肪蓄積の仕組みについて教えてください”」、プラクティス, 33 (1), 93-95. (2016).
  • Glycerol 3-phosphate dehydrogenase 1 deficiency enhances exercise capacity due to increased lipid oxidation during strenuous exercise. Biochem Biophys Res Commun, 457, 653-658. (2015)
  • The role of glycerol-3-phosphate dehydrogenase 1 in the progression of fatty liver after acute ethanol administration in mice. Biochem Biophys Res Commun, 444, 525-530. (2014)

教育・研究に対する考え方

教育:栄養管理の重要性を科学論文として社会に発信できる管理栄養士の育成に取り組みたい
研究:新たな栄養指導理論の構築に結び付くような栄養学の基礎研究を展開したい

研究シーズ集に関するキーワード

骨格筋, 筋持久力, 筋萎縮, 動脈硬化, メタボリックシンドローム, ロコモティブシンドローム, 生活習慣病, 寝たきり, フレイル

モバイル表示

PC表示