グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:菊川 寛史

氏名
菊川 寛史(KIKUKAWA Hiroshi)
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(環境工学研究室) 助教
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12208号室
Eメールアドレス
kikukawa@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~env-bioeng/

学歴

2010年3月 岡山大学農学部総合農業科学科卒業
2012年3月 京都大学大学院農学研究科博士前期課程修了
2015年3月 京都大学大学院農学研究科博士後期課程修了

学位

博士(農学)(京都大学・2015年)

専門分野

応用微生物学、代謝工学、酵素工学、油脂発酵

担当科目

環境生命科学実験Ⅳ、基礎生化学、資源エネルギー論、合成生物学、環境工学特論(大学院)

主要研究テーマ

  • 微生物を用いたバイオマス利用
  • 微生物による有用脂質生産
  • 微生物の産生する有用化合物を介したヒトの健康

所属学会

日本農芸化学会
日本生物工学会
日本油化学会
酵素工学研究会
学際的脂質創生研究部会
糸状菌分子生物学研究会
アメリカ油化学会

主な経歴

2014年4月 日本学術振興会特別研究員DC2
2015年4月 日本学術振興会特別研究員PD
2016年4月 岐阜大学工学部 助教
2019年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教

受賞歴

2010年3月 日本化学会中国四国支部 支部長賞
2017年9月 日本生物工学会 第25回生物工学論文賞

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  • Asymmetric oxidation of 1,3-propanediols to chiral hydroxyalkanoic acids by Rhodococcus sp. 2N, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 83(4):768-773, (2019).
  • Arachidonic acid production by the oleaginous fungus Mortierella alpina 1S-4: A review. Journal of Advanced Research, 11:15-22 (2018).
  • Microbial production of dihomo-γ-linolenic acid by Δ5-desaturase gene-disruptants of Mortierella alpina 1S-4. Journal of Bioscience and Bioengineering, 122(1):22-26 (2016).

教育・研究に対する考え方

研究をベースに、自立して問題を考察・解決できる人の形成を目指したい。環境・ヒト・事象に好奇心溢れる教育を行いたい。

モバイル表示

PC表示