グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:菊川 寛史

氏名
菊川 寛史(KIKUKAWA Hiroshi)
所属・職名
食品栄養科学部環境生命科学科(環境工学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
部屋番号
食品栄養科学部2号棟12208号室
Eメールアドレス
kikukawa@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~env-bioeng/
researchmap(URL)
https://researchmap.jp/kikukawa
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2022shoku-028.pdf

学歴

2010年3月 岡山大学農学部総合農業科学科卒業
2012年3月 京都大学大学院農学研究科博士前期課程修了
2015年3月 京都大学大学院農学研究科博士後期課程修了

学位

博士(農学)(京都大学・2015年)

専門分野

応用微生物学、代謝工学、酵素工学、油脂発酵

担当科目

環境生命科学実験Ⅳ、基礎生化学、資源エネルギー論、合成生物学、環境工学特論(大学院)

主要研究テーマ

  • 微生物を用いたバイオマス利用
  • 微生物による有用脂質生産
  • 微生物の産生する有用化合物を介したヒトの健康

所属学会

日本農芸化学会
日本生物工学会
日本油化学会
日本醸造学会
脂質駆動学術産業創生研究部会
酵素工学研究会
糸状菌分子生物学研究会
アメリカ油化学会

主な経歴

2014年4月 日本学術振興会特別研究員DC2
2015年4月 日本学術振興会特別研究員PD
2016年4月 岐阜大学工学部 助教
2019年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教

受賞歴

2010年3月 日本化学会中国四国支部 支部長賞
2017年9月 日本生物工学会 第25回生物工学論文賞

主な社会活動

日本生物工学会中部支部幹事
日本醸造学会若手の会・運営委員
日本油化学会東海支部幹事

主要研究業績

○学術論文
  • Recent trends in the field of lipid engineering, Journal of Bioscience and Bioengineering, In Press (doi:10.1016/j.jbiosc.2022.02.001), 2022.
  • Effect of ethanol on astaxanthin and fatty acid production in the red yeast Xanthophyllomyces dendrorhous, Journal of Applied Microbiology, 132(3), 2034-2041, 2022.
  • Effect of spent coffee grounds extract on astaxanthin production by Xanthophyllomyces dendrorhous, Bioresource Technology Reports, 17, 100953, 2022.
  • Carotenoid Nostoxanthin Production by Sphingomonas sp. SG73 Isolated from Deep Sea Sediment, Marine Drugs, 19(5), 274, 2021.
  • Screening of plant oils promoting growth of the red yeast Xanthophyllomyces dendrorhous with astaxanthin and fatty acid production, Biocatalysis and Agricultural Biotechnology, 35, 102101, 2021.
  • A Method of Solubilizing and Concentrating Astaxanthin and Other Carotenoids, Marine Drugs, 19(8), 462, 2021.
  • Glutathione fermentation by Millerozyma farinosa using spent coffee grounds extract and seawater, Bioresource Technology Reports, 15, 100777, 2021.
  • Development of astaxanthin production from citrus peel extract using Xanthophyllomyces dendrorhous, Environmental Science and Pollution Research, 28(10), 12640-12647, 2021.
  • 5‑Aminolevulinic acid fermentation using engineered Saccharomyces cerevisiae, Microbial Cell Factories, 18, 194, 2019.
  • Asymmetric oxidation of 1,3-propanediols to chiral hydroxyalkanoic acids by Rhodococcus sp. 2N, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 83(4):768-773, (2019).
  • Arachidonic acid production by the oleaginous fungus Mortierella alpina 1S-4: A review. Journal of Advanced Research, 11:15-22 (2018).
  • Microbial production of dihomo-γ-linolenic acid by Δ5-desaturase gene-disruptants of Mortierella alpina 1S-4. Journal of Bioscience and Bioengineering, 122(1):22-26 (2016).

教育・研究に対する考え方

研究をベースに、自立して問題を考察・解決できる人の形成を目指したい。環境・ヒト・事象に好奇心溢れる教育を行いたい。

研究シーズ集に関するキーワード

再生可能資源, バイオマス, バイオマスリファイナリー, バイオエコノミー, 光エネルギー利用, 発酵, スクリーニング, 合成生物(工)学, ファインケミカル

モバイル表示

PC表示