グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
亀山 詞子(KAMEYAMA Noriko)
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科(栄養教育学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教 (兼務)
Eメールアドレス
kameyama@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/commnutr/

学歴

1999年3月 日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業
2014年3月 日本女子大学大学院家政学研究科食物・栄養学専攻修了

学位

博士(学術)(日本女子大学・2020年)

専門分野

栄養教育、健康教育、食育、実践栄養学

担当科目

【学部】栄養教育論実習、栄養教育実習、栄養教育実習事前事後指導、公衆栄養学実習、臨地実習(公衆栄養学)、総合演習
【大学院】栄養教育学特論、食品栄養科学特別実験、食品栄養科学特別演習A、食品栄養科学演習

主要研究テーマ

  • 生活習慣病の予防と治療のための効果的な食事療法の構築に関する研究
  • 脂質異常症患者の食品・栄養素等摂取量の実態調査と効果的な栄養教育方法の検討

所属学会

日本動脈硬化学会(栄養部会部会員)
日本糖尿病学会
日本病態栄養学会
日本栄養改善学会
日本健康教育学会
日本循環器病予防学会

主な経歴

1999年4月 虎の門病院 栄養部 管理栄養士
2006年6月 コスタリカ共和国 ニコヤ半島地域保健事務所 青年海外協力隊員
2008年8月 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 母子保健課
2010年9月 消費者庁 食品表示課
2014年4月 日本女子大学 家政学部 食物学科 助教
2020年4月 静岡県立大学 食品栄養科学部 栄養生命科学科 助教

受賞歴

2013年 森村豊明会奨励賞

主な社会活動

 

主要研究業績

○学術論文
  1. Kameyama N, Maruyama C, Shijo Y, Umezawa A, Sato A, Ayaori M, Ikewaki K, Waki M, Teramoto T. Comparison of food and nutrient intakes between Japanese dyslipidemic patients with and without low-density lipoprotein cholesterol lowering drug therapy: A cross-sectional study. J Atheroscler Thromb (2020) In press
  2. Shijo Y, Maruyama C, Nakamura E, Nakano R, Shima M, Mae A, Okabe Y, Park S, Kameyama N, Hirai S. Japan Diet intake changes serum phospholipid fatty acid composition in middle-aged men: A pilot study. J Atheroscler Thromb 26 (1), 3-13, (2019)
  3. Kameyama N, Maruyama C, Kitagawa F, Nishii K, Uenomachi K, Katayama Y, Koga H, Chikamoto N, Kuwata Y, Torigoe J, Arimoto M, Tokumaru T, Ikewaki K, Nohara A, Otsubo Y, Yanagi K, Yoshida M, Harada-Shiba M. Dietary intake during 56 weeks of a low-fat diet for lomitapide treatment in Japanese patients with homozygous familial hypercholesterolemia. J Atheroscler Thromb 26 (1), 72-83, (2019)
  4. Maruyama C, Nakano R, Shima M, Mae A, Shijo Y, Nakamura E, Okabe Y, Park S, Kameyama N, Hirai S, Nakanishi M, Uchida K, Nishiyama H. Effects of a Japan Diet intake program on metabolic parameters in middle-aged men: A pilot study. J Atheroscler Thromb 24(4), 393-401, (2017)
  5. Kameyama N, Maruyama C, Kotani K, Caccavello R, Gugliucci A, Matsui S, Araki R, Maruyama T. Postprandial paraoxonase 1 activity following consumption of recommended amounts of mixed meals in healthy males. J Atheroscler Thromb 23 (2), 225-232, (2016)
  6. Kameyama N, Maruyama C, Matsui S, Araki R, Yamada Y, Maruyama T. Effects of consumption of main and side dishes with white rice on postprandial glucose, insulin, glucose-dependent insulinotropic polypeptide and glucagon-like peptide-1 responses in healthy Japanese men. Br J Nutr 111 (9), 1632-1640, (2014)

教育・研究に対する考え方

教育:医療機関、行政機関、海外での地域保健活動での管理栄養士としての実務経験を活かし、学生が大学での学びを実践につなげられるよう支援していきたい。
研究:科学的根拠に基づいた栄養教育を実践するためのエビデンスの構築に貢献していきたい。

モバイル表示

PC表示