グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:保坂 利男

氏名
保坂 利男(HOSAKA Toshio)
出生年月
1968年10月
所属・職名
食品栄養科学部栄養生命科学科 (臨床栄養学研究室) 教授
食品栄養環境科学研究院 教授(兼務)
電話番号
054-264-5567
部屋番号
食品栄養科学棟5611号室
Eメールアドレス
toshio.hosaka@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://rinshoeiyo.jimdofree.com/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_076.pdf

学歴

1994年3月 山口大学医学部医学科卒業
1998年3月 山口大学医学研究科博士課程単位修得退学
1999年3月 医学博士修得

学位

医学博士(山口大学・1999年)

専門分野

糖尿病、代謝栄養、内分泌

担当科目

病理学、臨床栄養学、臨床栄養学特論、臨床栄養学実験、臨床医学概論、病態臨床学

主要研究テーマ

  • 有機酸レセプターを介した細胞内代謝メカニズムの解明
  • エネルギー産生栄養素摂取比率による糖尿病治療薬の効果
  • 組織慢性炎症と糖尿病合併症との連関
  • 生活習慣と糖尿病性腎臓病悪化、改善メカニズム
  • 食事・運動・療養指導と糖尿病の臨床介入研究

所属学会

日本内科学会
日本糖尿病学会(評議員)
日本病態栄養学会(学術評議員)
日本静脈経腸養学会
アメリカ糖尿病学会
アジア糖尿病学会
日本栄養食糧学会(代議員)
日本内分泌学会
日本糖尿病合併症学会(評議員)
日本糖尿病眼学会
日本肥満学会

主な経歴

1994年 山口大学医学部附属病院にて研修
1995年 朝日生命成人病研究所勤務
1998年 済生会山口総合病院医師(内科)
1999年 岩国医療センター医師会病院(内科部長)
2002年 ボストン大学医学部生化学教室(Research Associate)
2005年 徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部代謝栄養学分野(特任准教授)
2009年 徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部実践栄養学分野(助教) 
2011年 埼玉医科大学内分泌内科・糖尿病内科(講師)
2014年 杏林大学大学院糖尿病・内分泌・代謝内科(講師)
2016年 東京農工大学農学府非常勤講師
2018年10月より 現職

主な社会活動

 

主要研究業績

〇学術論文
  1. Serum lactate levels are associated with serum alanine aminotransferase and total bilirubin levels in patients with type 2 diabetes mellitus: A cross-sectional study. Ishitobi M, Hosaka T, Morita N, Kondo K, Murashima T, Kitahara A, Takahashi K, Sumitani Y, Tanaka T, Yokoyama T, Kondo T, Ishida H. Diabetes Res Clin Pract. 2019 Jan 31;149:1-8.
  2. Ito S, Hosaka T, Yano W, Itou T, Yasumura M, Shimizu Y, Kobayashi H, Nakagawa T, Inoue K, Tanabe S, Kondo T, Ishida H : Metabolic Effects of Tofogliflozin are Efficiently Enhanced with Appropriate Dietary Carbohydrate Ratio and are Distinct from Carbohydrate Restriction. Physiological Reports 2018 Mar;6(5).
  3. Morita N, Hosaka T, Kitahara A, MurashimaT, Onuma H, Sumitani Y, Takahashi K, Tanaka T, Kondo T, Ishida H : Novel mechanisms modulating palmitate-induced inflammatory factors in hypertrophied 3T3-L1 adipocytes by AMPK. Journal of Diabetes Research 2018 Mar 11;2018:9256482.
  4. Sumitani Y, Hosaka T, Susaki Y, Fujisawa Y, Kuriyama K, Tsukada Y, Yokoyama T, Ogasawara J, Nishida S, Inukai K, Okajima Y, Ohno H, Ishida H : Clinical effect of real time pulse rate monitoring with portable pulsimeter on physical exercise therapy for male patients with type 2 diabetes. Diabetology International 7(3):228-234 2016.
  5. Iuchi T, Hosaka T, Shiroishi M, Ono H, Inukai K, Sumita T, Sakai G, Katayama S, Awata T: Influence of treatment with extracts of Hypsyzigus marmoreus mushroom on body composition during obesity development in KK-Ay mice. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo) 61(1) 96-100, 2015.
  6. Le TKC, Hosaka T, Trung NT, Kassu A, Oanh DT, Ba TH, Phuong PT, QuangBinh T : Bifidobacterium species lower serum glucose, increase insulin signaling protein expressions and improve adipokine profile in diabetic mice.. BIOMEDICAL RESEARCH 36(1) 63-70, 2015.
  7. Le TKC, Hosaka T, Le TTT, Nguyen TG, Tran QB, Le THH, Pham XD: Oral administration of Bifidobacterium spp. improves insulin resistance, induces adiponectin and prevents inflammatory adipokine expressions. Biomed Res. 35(5) 303~10 2014.
  8. Hosaka T, Sasaga S, Yamasaka Y, Nii Y, Edazawa K, Tsutsumi R, Shuto E, Okahisa N, Iwata S, Tomotake H, Sakai T : Treatment with buckwheat bran extract prevents the elevation of serum triglyceride levels and fatty liver in KK-Ay mice. The journal of medical investigation 61(3,4) 345~52 2014.
  9. Li Q, Hosaka T, Harada N, Nakaya Y, Funaki M: Activation of Akt through 5-HT2A receptor ameliorates serotonin-induced degradation of insulin receptor substrate-1 in adipocytes. Mol Cell Endocrinol. 365(1):25~35 2013.
  10. Hosaka T, Nii Y, Tomotake H, Ito T, Tamanaha A, Yamasaka Y, Sasaga S, Edazawa K, Tsutsumi R, Shuto E, Okahisa N, Iwata S, Sakai T: Extracts of common buckwheat bran prevent sucrose digestion. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 57(6) 441~445 2012.
  11. Li Q, Hosaka T, Shikama Y, Bando Y, Kosugi C, Kataoka N, Nakaya Y, Funaki M: Heparin-binding EGF-like growth factor (HB-EGF) mediates 5-HT-induced insulin resistance through activation of EGF receptor-ERK1/2-mTOR pathway. Endocrinology 153(1) 56~68 2012.
  12. Hirata Y, Hosaka T, Iwata T, Le CTK, Jambaldorj B, Teshigawara K, Harada N, Sakaue H, Sakai T, Yoshimoto K Nakaya Y: Vimentin binds IRAP and is involved in GLUT4 vesicle trafficking. Biochem Biophys Res Commun 405(1) 96~101 2011.
  13. Le CTK, Hosaka T, Harada N,Jambaldorj B Fukunaga K Nishiwaki Y, Teshigawara K, Sakai T, Nakaya Y, Funaki M, Myosin IIA participates in docking of Glut4 storage vesicles with the plasma membrane in 3T3-L1 adipocytes Biochem Biophys Res Commun 391(1) 995~999 2010.

〇著書
  1. 保坂利男: 第1章 グルコースのトランスポーター 栄養・食品機能とトランスポーター 建帛社 東京 2011 p19~38

教育・研究に対する考え方

社会人としてふさわしい資質を持った人材を育てることを教育のモットーとして、研究に関しては、結果を事実としてとらえて、その理由を探求、解決する能力を持った研究者を育成する。

研究シーズ集に関するキーワード

肥満,糖尿病,腎疾患,臨床研究

モバイル表示

PC表示