グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:本田 沙理

氏名
本田 沙理(HONDA Sari)
出生年月
1991年4月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(食品分析化学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5524
部屋番号
食品栄養科学部棟5204号室
Eメールアドレス
s-honda@u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodproc/
研究シーズ集
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/media/seeds2019-2020_058.pdf

学歴

2014年3月 徳島大学総合科学部総合理数学科卒業
2018年3月 大阪市立大学大学院生活科学研究科博士課程修了

学位

学術博士(大阪市立大学・2018年)

専門分野

食品分析化学、食品機能化学

担当科目

食品生命科学実験Ⅳ、情報科学

主要研究テーマ

  • 食品成分の分析化学的研究
  • 植物資源ポリフェノールの機能性発現機構の解析

所属学会

日本農芸化学会
日本食品科学工学会
日本栄養・食糧学会

主な経歴

2018年4月 静岡県立大学食品栄養科学部 助教

受賞歴

2015年3月 日本農芸化学会中四国支部長学生奨励賞

主な社会活動

 

主要研究業績

〇学術論文
  1. Conversion to purpurogallin, a key step in the mechanism of the potent xanthine oxidase inhibitory activity of pyrogallol. Free Radic. Biol. Med., 106, 228-235, 2017.
  2. Identification of Pyrogallol in the Ethyl Acetate-Soluble Part of Coffee as the Main Contributor to Its Xanthine Oxidase Inhibitory Activity. J. Agric. Food Chem., 64, 7743-7749, 2016.
  3. Effective Conversion of Metmyoglobin to Oxymyoglobin by Cysteine-Substituted Polyphenols. J. Agric. Food Chem., 64, 806-811, 2016.
  4. Identification of crypto- and neochlorogenic lactones as potent xanthine oxidase inhibitors in roasted coffee beans. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78, 2110-2116, 2014.

教育・研究に対する考え方

教育:研究活動を通して、現代社会に通用する知識と技術を養うことができるよう指導していきたい。
研究:食品成分の多様な機能を物質レベルで明らかにすることを目標に、有機および分析化学的手法を用いて解析をしていきたい。

研究シーズ集に関するキーワード

機能性食品,成分分析,機器分析,未利用植物,活性評価,酵素阻害,培養細胞,分子間相互作用,ポリフェノール

モバイル表示

PC表示