グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
佐々木 将芳(SASAKI Masayoshi)
所属・職名
短期大学部社会福祉学科社会福祉専攻 講師
Eメールアドレス
msasaki@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2002年3月愛知淑徳大学現代社会学部現代社会学科卒業
2004年3月日本福祉大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
2012年3月立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻博士後期課程単位取得後退学

学位

社会福祉学修士(日本福祉大学・2004年)

専門分野

社会福祉学、児童家庭福祉、障害児・者福祉、発達支援

担当科目

児童家庭福祉、ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅳ、保育実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、社会福祉演習、保育実践演習・卒業研究

主要研究テーマ

  • 障害児支援体系における権利性の研究
  • 学齢障害児への地域生活支援

所属学会

日本社会福祉学会
日本特殊教育学会
日本福祉大学社会福祉学会
日本社会福祉士会

主な経歴

2007年4月 知多市保育所巡回指導講師
2009年4月 半田市保育所巡回指導講師
2011年4月 東海医療福祉専門学校社会福祉科 専任教員
2014年4月 豊橋創造大学短期大学部幼児教育・保育科 講師
2018年4月 静岡県立大学短期大学部社会福祉学科 講師

主な社会活動

特定非営利活動法人MOVE 理事
特定非営利活動法人ほがらか企画 副理事長
全国障害者問題研究会研究推進委員
愛知県障害児等療育支援事業 スーパーバイザー(2010~)
大府市保育実践レポート研修 講師(2013~)
東海市特別支援保育事例検討会 講師(2015~)
愛知県放課後児童支援員認定資格研修 講師(2015、2016)
岐阜県放課後児童支援員認定資格研修 講師(2017)

主要研究業績

○学術論文
  1. 支援費制度を利用した生活支援-知多地域のNPO等の取り組みを中心に、障害者問題研究、32(4)、p.45-53、2005年
○著書
  1. 障害者の人権と発達、全障研出版部、p.223-233、2007年
  2. しょうがい児支援ハンドブック、かもがわ出版、p.6-15、2009年
  3. 特別支援教育大事典、旬報社、p.339-341、p.400-401、p.424-426、p.750-751、2010年
  4. 医療福祉相談ガイド 追録第81号、中央法規出版、p.1422-1430、2013年
  5. みらい×子どもの福祉ブックス 社会的養護、みらい、p.135-141、2017年
  6. みらい×子どもの福祉ブックス 児童家庭福祉、みらい、p.80-88、2017年

教育・研究に対する考え方

フランスの詩人ルイ・アラゴンの詩集『フランスの起床ラッパ』の中に、「ストラスブール大学の歌」があります。その一節「教えるとは 希望を語ること/学ぶとは 誠実を胸にきざむこと」は、私の教育・研究にとっていつも振り、前を向くための指針のようなものです。これからソーシャルワークや子ども家庭福祉などに携わる学生に講義や実習を通して希望を語りたいと思っています。また、学生自身も、学びを通して誠実をきざみ、社会に出た後には、出会う人々に希望を語ってもらいたいと思いつつ研究・教育にあたっています。

モバイル表示

PC表示