グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:湖中 真哉

氏名
湖中 真哉(KONAKA Shinya)
出生年月
1965年7月
所属・職名
国際関係学部国際関係学科 教授
国際関係学研究科 教授(兼務)
国際関係学研究科 国際関係学専攻 専攻長
国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター長
電話番号
054-264-5267
部屋番号
一般教育棟2607号室
Eメールアドレス
konaka(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://africa.u-shizuoka-ken.ac.jp/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/95konaka.pdf

学歴

1989年3月 筑波大学第1学群人文学類卒業
1994年9月 筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科文化人類専攻単位取得退学
2006年3月 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科にて論文審査により博士の学位取得


学位

博士(地域研究)(京都大学・2006年)


専門分野

アフリカ地域研究、グローバリゼーション研究、人類学


担当科目

【国際関係学部】
現代社会研究VI(ローマ数字の6)A・B、国際行動学特殊研究VII(ローマ数字の7)、社会調査法IV(ローマ数字の4)・社会調査法V(ローマ数字の5)、演習I(ローマ数字の1)A・B、演習II(ローマ数字の2)A・B、卒業研究
【国際関係学研究科】
国際社会研究IV(ローマ数字の4)、国際行動演習I・II、フィールドワーク


主要研究テーマ

・グローバリゼーションに関する研究(極度の貧困とその削減、民族紛争と難民、環境と資源、メディアと異文化表象等)
・東アフリカの牧畜民をおもな対象とするアフリカ地域研究


所属学会

日本アフリカ学会(評議員)
日本文化人類学会(理事・評議員・学会誌『文化人類学』編集副主任・編集委員)
日本ナイル・エチオピア学会(評議員)
生態人類学会
国際開発学会


主な経歴

1994年10月 静岡県立大学国際関係学部 国際関係学科 助手
2006年4月 静岡県立大学国際関係学部 国際関係学科 准教授
2005年12月 放送大学教養学部 分担協力講師
2006年10月 専門社会調査士
2012年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター 副センター長
2013年4月 静岡県立大学国際関係学部教授
2016年4月 2015年4月 国際関係学研究科 国際関係学専攻 専攻長
2016年4月 静岡県立大学大学院国際関係学研究科附属グローバル・スタディーズ研究センター センター長


受賞歴

2007年 第11回 国際開発研究 大来賞(財団法人国際開発高等教育機構(FASID)より著書『牧畜二重経済の人類学─ケニア・サンブルの民族誌的研究』に対して)
2012年 2011年度グローバル教育コンクール国際協力レポート部門JICA広尾センター所長賞(大学教育推進プログラムの指導学生による成果報告レポート『SUSPA 2011 (静岡県立大学学生アフリカ支援プロジェクト)ケニア国内避難民支援への挑戦 ―「潜在能力コンテスト」の実施―』に対して)
2015年 日本学術振興会「科学研究費助成事業(科研費)」平成27年度審査委員表彰


主な社会活動

2007年4月 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
2007年10月 国立民族学博物館 共同研究員
2008年4月 大阪大学GLOCOL共同研究 共同研究員
2010年10月 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フィールドサイエンス研究企画センター・フィールドサイエンス・コロキアム運営委員会委員
2010年12月 科学研究費委員会 専門委員
2011年12月 科学研究費委員会 専門委員
2016年1月 国際学術誌Nomadic Peoples編集委員
2016年4月 成蹊大学アジア・太平洋研究センター 連携研究者
2016年4月 大学評価委員会大学評価分科会第42群委員


主要研究業績

・Introduction: The Articulation-Sphere Approach to Humanitarian Assistance to East African Pastoralists. (S. Konaka & X. Sun (eds.). African Study Monographs. Supplementary issue, 53: : 1-17.
・Articulation between the Material Culture of East African Pastoralists and Non-Food Items of Humanitarian Assistance. (S. Konaka & X. Sun (eds.). African Study Monographs. Supplementary issue, 53: 53-67.
・「アフリカ国内避難民のシティズンシップ─東アフリカ牧畜社会の事例」錦田愛子編『移民/難民のシティズンシップ』有信堂:60-80(2016).
・「やるせない紛争調査─なぜアフリカの紛争と国内避難民をフィールドワークするのか─」床呂郁哉編『人はなぜフィールドに行くのか─フィールドワークへの誘い』、東京外国語大学出版会: 34-52(2015).
・Reconsidering the Spatiality of Nomadic Pastoralists: The Case of East African Pastoral Society. Paper presented at IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) Inter-Congress 2014. 15 May, 2014, Chiba, Japan (2014).
・An Anthropological Perspective toward the Post-globalization Era: The Case of Internally Displaced Persons in East African Pastoral Societies. Paper presented at IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) World Congress 2013. August 7, Manchester, UK (2013).
・Food Security under the Human Security Crisis: The Case of Internally Displaced Persons in East African Pastoral Societies. Paper presented at International Symposium Anthropological Study of Food Security. December 20, Osaka, Japan (2013).
・「ポスト・グローバリゼーション期への人類学的射程─東アフリカ牧畜社会における紛争の事例─」三尾裕子・床呂郁哉(編)『グローバリゼーションズ─人類学、歴史学、地域研究の現場から』弘文堂:257-284(2012).
・「遊牧民の生活と学校教育―ケニア中北部・サンブルの事例―」澤村信英・内海成治(編)『ケニアの教育と開発―アフリカ教育研究のダイナミズム―』明石書店:36-58(2012).
・「紛争と平和をもたらすケータイ─東アフリカ牧畜社会の事例」羽渕一代・内藤直樹・岩佐光広(編)『メディアのフィールドワーク─アフリカとケータイの未来』北樹出版:136-150(2012).
・「アフリカ牧畜社会における携帯電話利用─ケニアの牧畜社会の事例─」杉本星子(編)『情報化時代のローカル・コミュニティ-ICTを活用した地域ネットワークの構築- 国立民族学博物館調査報告 106』:207-226(2012).
・「劣悪な国家ガヴァナンス状況下でのフード・セキュリティとセキュリティ─東アフリカ牧畜社会の事例」松野明久・中川理(編)『GLOCOLブックレット07 フード・セキュリティと紛争』:39-52 (2012).
・「グローバリゼーションをめぐる論争」本多俊和・大村敬一(編)『グローバリゼーションの人類学―争いと和解の諸相―』、放送大学教育振興会、東京、44-56(2011).
・「開発と環境をめぐる争いと和解」本多俊和・大村敬一(編)『グローバリゼーションの人類学―争いと和解の諸相―』、放送大学教育振興会、東京、143-155(2011).
・「ポストコンフリクト状況を生きる─アフリカの紛争・難民・和解」本多俊和・大村敬一(編)『グローバリゼーションの人類学―争いと和解の諸相―』、放送大学教育振興会、東京、156-169(2011).
・「身体と環境のインターフェイスとしての家畜─ケニア中北部・サンブルの認識世界」床呂郁哉・河合香吏(編)『ものの人類学』、京都大学学術出版会、京都、321-341(2011).
・「序 「グローバリゼーション」を人類学的に乗り越えるために」 『文化人類学』第75巻1号 日本文化人類学会: 48-59(2010).
・「救援食糧へのアクセスと地域セーフティ・ネット─ケニア大統領選挙後の紛争によるリフトヴァレー州の国内避難民の事例」 上田晶子(編)『GLOCOLブックレット03 食糧と人間の安全保障』:25-42 (2010).
・Metaphorical Projection and Integrated Cognitive Systems: The Samburu in North Central Kenya. Good to eat, Good to Live with: Nomads and Animals in Northern Eurasia and Africa (Northeast Asian Studies Series 11) , edited by Florian Stammler and Hiroki Takakura:63-73(2010).
・Three Theories of the Direction of the Development. MILA: A Journal of the Institute of Anthropology, Gender, and African Studies, (N.S.) Vol. 10:81-83 (2009).
・「小生産物(商品)の微細なグローバリゼーション─ケニア中北部・サンブルの廃物資源利用」小川了(編)『資源人類学04 躍動する小生産物』 、弘文堂、東京、25-62(2007).
・The Minor Globalization of the Petty Commodity Resources: The Samburu Utilization of Waste Material in North Central Kenya. Paper presented at International Symposium “Towards Anthropology of Resources” Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies (2006).
・『牧畜二重経済の人類学─ケニア・サンブルの民族誌的研究』、世界思想社、京都、(2006).
・「市場経済化と牧畜的消費様式─ケニア中北部・サンブルの世帯経済の事例」『文化人類学』第71巻2号 日本文化人類学会: 169-195(2006).
・「畜群の動態を通してみた市場経済化─ケニア中北部・サンブルの世帯経済の事例」『国際関係・比較文化研究』 第4巻 第2号: 23-43(2006).
・「地域通貨はなぜ使われないか:静岡県清水駅前銀座商店街の事例」、『国際関係・比較文化研究』、3(2): 33-58(2005).
・「民族誌の未来形へ向けての実験:オンライン民族誌の実践から」、飯田卓・原知章(編)『電子メディアを飼いならす─異文化を橋渡すフィールド研究の視座』、せりか書房、東京、221-234(2005).
・「牧畜民による市場の利用方法─ケニア中北部サンブルの家畜市の事例」「牧畜民による市場の利用方法─ケニア中北部サンブルの家畜市の事例」田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(編)『遊動民─アフリカの原野に生きる』昭和堂: 650-685(2004).
・Book Review: Kuria Cattle Raiders: Violence and Vigilantism on the Tanzania/Kenya Frontier. Michael L. Fleisher. Ann Arbor: University of Michigan Press, 2000. American Ethnologist, Vol. 29 No.1: 198-199 (2002).
・「生業牧畜と市場経済を結ぶ地域ネットワーク─ケニア中北部サンブルの家畜商の事例」佐藤俊(編)『講座生態人類学 4 遊牧民の世界』 京都大学学術出版会: 175-222(2002).
・The Samburu Livestock Trader in North-central Kenya. Nilo-Ethiopian Studies. Nos. 7: 63-79(2001).
・「牧畜民の命名技法と経験世界のグローバル化─ケニア中北部サンブルの事例─」『社会人類学年報』 Vol.26: 157-168(2000).
・The Samburu Livestock Market in Northcentral Kenya. African Study Monographs, 18(3,4): 137-155(1997).
・「牧畜的世界に読み換えられた近代的世界─牧畜民サンブルの社会変化」田中二郎・掛谷誠・市川光雄・太田至編 『続自然社会の人類学』 アカデミア出版会: 117-145 (1996).
・Book Review:Ethnicity and Conflict in the Horn of Africa. Katsuyoshi Fukui and John Markakis, eds., London:James Currey, 1994. Nilo-Ethiopian Studies, Nos.3-4: 67-69 (1995).
・「遊牧民の集落小史─ケニア北東部ガリの事例」『アフリカ研究』 第44号 日本アフリカ学会: 47-70 (1994).
・「平等主義社会の「利得と代価」─トカラ列島K島の事例」『日本民俗学』 第179号 日本民俗学会: 1-46 (1989).


教育・研究に対する考え方

教育: 地球規模の視点を学び、現在の世界に対する世界観を養うこと、視野を広げること、批判的に考えること、独創性を伸ばすことを目指している。地域に根ざした、国際開発・国際協力の新しいあり方を提案し、地域の諸問題の解決に資する人材を育成したいと考えている。
研究: フィールドワーク(臨地調査)を主要な方法とする人類学的地域研究の立場から、地域社会におけるグローバリゼーションを研究している。調査研究を通じて、貧困、紛争、難民、平和構築、環境、資源、メディア等の様々な問題に取り組んでいる。


研究シーズ集に関するキーワード

東アフリカ、ケニア、牧畜民、遊牧民、マーサイ、サンブル、国際開発、国際協力、国内避難民、経済人類学、生態人類学、物質文化


モバイル表示

PC表示