グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
澤崎 宏一(SAWASAKI Koichi)
出生年月
1965年2月
所属・職名
国際関係学部国際言語文化学科 准教授
国際関係学研究科 准教授(兼務)
部屋番号
国際関係学部棟 3502号室
Eメールアドレス
sawasaki(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/105sawasaki.pdf

学歴

1989年3月 都留文科大学文学部卒業
1998年8月 ポートランド州立大学応用言語学部修士課程修了
2007年3月 オハイオ州立大学東亜言語文学部博士課程修了


学位

MA: TESOL(ポートランド州立大学・1998年)
MA in East Asian Languages and Literatures (オハイオ州立大学・2005年)
Ph. D. in East Asian Languages and Literatures (オハイオ州立大学・2007年)


専門分野

文処理、第二言語習得


担当科目

日本語表現法ⅠAB、日本語表現法ⅡAB、日本学研究AB、日本学特殊研究、演習Ⅰ Ⅱ、
日本語表現研究(院),日本語表現特殊研究(院)


主要研究テーマ

・日本語母語話者と学習者の文処理方略について


所属学会

言語科学会 (JSLS)
日本第二言語習得学会 (J-SLA)
第二言語習得研究会 (JASLA) 等


主な経歴

1989年 (社)国際交流サービス協会(1991年まで)
1991年 (株)横浜国際平和会議場(1995年まで)
2003年 静岡県立大学国際関係学部講師
2010年 富士市立看護専門学校非常勤講師
2010年 静岡県立大学国際関係学部准教授
2012年 常葉大学短期大学部非常勤講師


受賞歴

2000年 Hamako Ito Chaplin賞
2016年 静岡県立大学学長表彰


主な社会活動

2007年 日本第二言語習得学会 運営委員(2014年まで)
2007年 言語科学会 運営委員(2016年まで)
2014年 第二言語習得研究会 大会運営副委員長(2015年まで)
2016年 第二言語習得研究会 大会運営委員長


主要研究業績

[1] 松浦博・北條友梨・澤崎宏一・和田淳一郎・犬飼周佑・秀島雅之(2016)「音声セグメントラベルと基本周波数を用いた日本語学習者のための文節アクセント・イントネーションのe-Learningシステム」『日本e-Learning学会学会誌』16, 29-39.
[2] Sawasaki, K., & Kashiwagi-Wood, A.. (2015). Issues in L2 Japanese sentence processing: Similarities/differences with L1 and individual differences in working memory. In M. Nakayama (ed.), Handbook of Japanese Psycholinguistics (pp. 511-544). Berlin: de Gruyter Mouton.
[3] Shirahata, T., Yoshimura, N., Nakayama, M, & Sawasaki, K.. (2015). Japanese EFL learners’ knowledge of coreference in tensed and infinitive constructions. Studies in English Language and Literature, 35, 57-69.
[4] 澤崎宏一(2015)「日本語の目的語省略における有生性の影響—量的データからの考察—」深田智・西田光一・田村敏広(編)『言語研究の視座』(pp. 220-234) 開拓社
[5] Sawasaki, K. (2014). The role of reading experience in construing Japanese gapless relative clauses. In Editorial Committee for the Research Papers Celebrating the 50th Anniversary of the Foundation of the Department of English, Tsuru University (ed.), Linguistics, literature and beyond (pp. 81-109). Hituzi Syobo Publishing.
[6] 澤崎宏一・寺尾康・白畑知彦 (2014). 「英語学習者の談話における三人称代名詞の使用—固有名詞との比較をとおして(予備的研究)—」『ことばと文化』17, 1-21.
[7] 澤崎宏一 (2013). 「L1日本語文処理研究とL2日本語文処理研究 —即時処理の観点から—」『第二言語としての日本語の習得研究』16, 229-247.
[8] Fujimori, A., Yoshimura, N., Nakayama, M., Sawasaki, K., & Takeda, S. (2013). Acquisition of English perfectives by Japanese adult learners. Ars Linguistica, 20, 62-72.
[9] Yoshimura, N., Nakayama, M., Sawasaki, K., Fujimori, A., & Kahraman, B. (2013). The development of long-distance zibun: Roles of L1 and L2 in L2 acquisition. In Y. Otsu (ed.), The proceedings of the Fourteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics (pp. 221-236). Tokyo: Hituzi Syobo Publishing.
[10] 澤崎宏一 (2012). 「読書経験と作動記憶が文理解に及ぼす影響—『が』格・有生名詞連続文の難易度判定より—」 『Ars Linguistica』 19, 21-40.
[11] Yoshimura, N., Nakayama, M., Fujimori, A., & Sawasaki, K. (2012). L3 acquisition of Zibun by Chinese learners of Japanese. Ars Linguistica, 19, 133-144.
[12] Yoshimura, N., Nakayama, M., Shirahata, T., Sawasaki, K., & Terao. Y. (2012). Zibun and locality in L2 Japanese. Journal of Japanese Linguistics, 28, 89-110.
[13] Yoshimura, N., Nakayama, M., Sawasaki, K., Fujimori, A., & Shimizu, H. (2012). L2 Knowledge at the Syntax-Pragmatics Interface: Interpretations of Reflexives by Japanese, Korean, and Chinese ESL Learners. In Yukio Otsu (ed.), The Proceedings of the Thirteenth Tokyo Conference on Psycholinguistics (pp.305-323). Hituzi Syobo.
[14] 澤崎宏一 (2012). 「大学生の読書経験と文章理解力の関係」 『国際関係・比較文化研究』 10(2), 213-231.
[15] 武田修一・仁科明・澤崎宏一・寺尾康・坪本篤朗・吉村紀子 (2010). 「教育言語学の展開と可能性」 『ことばと文化』 13, 1-30.
[16] 澤崎宏一 (2009). 「名詞項連続と『が』格連続文の難易度とメモリースパンの関係」 『Ars Linguistica』 16, 15-31.
[17] 澤崎宏一 (2009). 「日本語学習者の関係節理解ー英語・韓国語・中国語母語話者の読み時間からの考察ー」 『第二言語としての日本語の習得研究』 12, 86-106.
[18] 澤崎宏一 (2009). 「『カリフォルニア州高校生のための日本語プログラム』における静岡県立大生の国際交流活動:ランチパートナーとカンバーセーションパートナー」 『国際関係・比較文化研究』 7(2), 335-349.
[19] 吉村紀子・寺尾康・澤崎宏一 (2008). 「ポッドキャスティングを利用する大学英語教育—ケーススタディ—」 『中部地区英語教育学会紀要』 38, 213-218.
[20] 澤崎宏一 (2008). 「英語を母語とするL2日本語学習者の関係節理解—読み時間からの考察—」 『Ars Linguistica』 15, 1-20.
[21] 澤崎宏一 (2008). 「平易な文における日本語母語話者グループ間の文処理方法の違いについて」 『国際関係・比較文化研究』 6(2), 303-320.
[22] Sawasaki, K. (2007). L2 reading by learners of Japanese: A comparison of different L1s. Unpublished dissertation. The Ohio State University, USA.
[23] 吉村紀子・中山峰治・澤崎宏一 (2006). 「短期海外研修プログラムと英語力の向上」 『Ars Linguistica』 13, 92-103.
[24] 水野かほる・澤崎宏一 (2006).「学校現場における静岡県立大学生のボランティア支援活動」 『国際関係・比較文化研究』 4(2), 241-261.
[25] 吉村紀子・澤崎宏一・寺尾康・中山峰治 (2006). 「オンデマンド海外英語研修の試み」 『国際関係・比較文化研究』 4(2), 293-308.
[26] 澤崎宏一 (2005) 「日本語教育における普通体と丁寧体の使い分けに関する考察と提案」 『外国語学習と外国語教育』 1, 1-16.
[27] 澤崎宏一 (2005). 「学習者層の変遷から見る米国の大学の日本語教育」 『国際関係・比較文化研究』 3(2), 183-202.
[28] Sawasaki, K. (2004). L2 sentence processing by English-speaking learners of Japanese. Ars Linguistica, 11, 136-155.
[29] 澤崎宏一 (2004). 「家族間の敬語表現の変化—ふたつの『東京物語』を比較して」 『国際関係・比較文化研究』 2(2), 15-36.
[30] Sawasaki, K. & Nakayama, M. (2001). Remarks on Japanese benefactive V-te moraw construction. Journal of the Modern Linguistics Society of Korea 17:2, 285-314.
[31] Sawasaki, K. & Nakayama, M. (2001). Null pronouns in English-speaking JFL learners' Japanese. In M. Nakayama (ed.), Issues in East Asian language acquisition: Kuroshio linguistics workshop series vol. 7 (pp. 149-182). Tokyo: Kuroshio Publishers.
[32] Sawasaki, K. (2000). On adversity in English get-passives. Journal of Hokkaido Linguistics, 1, 15-28.
[33] Sawasaki, K. (1998). Perception of English passives by Japanese ESL learners: Do adversity passives in L1 transfer? Unpublished master's thesis, Portland State University, Portland, OR, USA.
[34] Sawasaki, K. (1998). On the acquisition of passive constructions by Japanese ESL learners. Tsuru Studies in English Linguistics and Literature, 26, 57-70.
[35] Sawasaki, K. (1996). Topic-prominence as an obstacle for Japanese EFL learners. The ORTESOL Journal, 17, 41-54.


教育・研究に対する考え方

大学で勉強したことが社会に出てとても役立っている。直接は役立っていないかもしれないが、毎日の営みの中で大学で勉強したことをふと想い出すことがある。ーーこれから長い人生を歩いていく中で、どちらも素敵な勉強の仕方だと感じます。少しでもそのお手伝いができたら嬉しいです。授業でお会いしましょう。


研究シーズ集に関するキーワード

日本語、言語習得、読書習慣


モバイル表示

PC表示