グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:坂本 多穗

氏名
坂本 多穗(SAKAMOTO Kazuho)
出生年月
1978年2月
所属・職名
薬学部薬学科(生体情報分子解析学分野) 講師
薬学研究院(生体情報分子解析学教室) 講師(兼務)
部屋番号
薬学部棟6628号室
Eメールアドレス
kazuho(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/rinsho/

学歴

2001年3月 名古屋市立大学薬学部製薬学科卒業
2006年3月 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士課程修了


学位

薬学博士(名古屋市立大学・2006年)


専門分野

薬理学


担当科目

薬物療法学Ⅰ、Ⅱ、臨床検査学、医療系薬学実習(生体情報分子解析学)


主要研究テーマ

・性差が運動器・循環器疾患に及ぼす影響の解明
・ヒトiPS心筋細胞における電気生理学現象の解析と創薬への応用


所属学会

日本薬学会
日本薬理学会(学術評議員)
日本生理学会


主な経歴

2006年4月 福島県立医科大学医学部 助手
2007年4月 福島県立医科大学医学部 助教
2010年2月 福島県立医科大学医学部 講師
2010年9月~2012年12月 University of California San Francisco Visiting Assistant Professor
2017年9月 静岡県立大学薬学部 講師


受賞歴

2006年 第45回日本薬学会東北支部会 若手研究者発表賞
2007年 第2回トランスポーター研究会年会 ベストポスター賞
2008年 第35回 日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞
2010年 第83回 日本薬理学会年会 年会優秀発表賞
2013年 平成24年度 福島医学会 学術奨励賞


主な社会活動

 


主要研究業績

Lipopolysaccharide inhibits myogenic differentiation of C2C12 myoblasts through the Toll-like receptor 4-nuclear factor-κB signaling pathway and myoblast-derived tumor necrosis factor-α. PLOS ONE.  12 e0182040 (2017)
Molecular mechanisms underlying pimaric acid-induced modulation of voltage-gated K+ channels. J Pharmacol Sci. 133, 223-231. (2017)
DCEBIO facilitates myogenic differentiation via intermediate conductance Ca2+ activated K+ channel activation in C2C12 myoblasts. J Pharmacol Sci. 133, 276-279. (2017)
The CHC22 Clathrin-GLUT4 Transport Pathway Contributes to Skeletal Muscle Regeneration. PLOS ONE. 8, e77787. (2013)
Hypoxic Stress Induces Transient Receptor Potential Melastatin 2 (TRPM2) Channel Expression in Adult Rat Cardiac Fibroblasts. J Pharmacol Sci. 118, 186-197. (2012)
Inhibition of Rab1 GTPase and endoplasmic reticulum-to-Golgi trafficking underlies statin's toxicity in rat skeletal myofibers. J Pharmacol Exp Ther. 338, 62-69. (2011)
Mechanism of statin-induced contractile dysfunction in rat cultured skeletal myofibers. J Pharmacol Sci. 114, 454-463. (2010)
Involvement of Na+/Ca2+ exchanger in migration and contraction of rat cultured tendon fibroblasts. J Physiol (London). 587, 5345-5359. (2009)
Involvement of organic anion transporting polypeptides in the toxicity of hydrophilic pravastatin and lipophilic fluvastatin in rat skeletal myofibers. Br J Pharmacol. 154, 1482-1490. (2008)
Voltage-sensitive oxonol dyes are novel large-conductance Ca2+-activated K+ channel activators selective for β1 and β4 but not for β2 subunits. Mol Pharmacol. 71, 1075-1088. (2007)
Rab-small GTPases are involved in fluvastatin and pravastatin induced vacuolation in rat skeletal myofibers. FASEB J. 21, 4087-4094. (2007)
Molecular mechanisms for large conductance Ca2+-activated K+ channel activation by a novel opener, 12,14-dichlorodehydroabietic acid. J Pharmacol Exp Ther. 316, 144-153. (2006)
Cardioprotective effects of estradiol include the activation of large-conductance Ca2+-activated K+ channels in cardiac mitochondria. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 289, H1635-1642.(2005)
Molecular basis of pimarane compounds as novel activators of large-conductance Ca2+-activated K+ channel α-subunit. Mol Pharmacol. 62, 836-846. (2002)


教育・研究に対する考え方

教育でも研究でも、膨大な知識を求められるご時世ですが、物事の本質や原理の徹底的な理解と、論理的発展力の育成を通して、情報の氾濫に対応できる医療人・研究者の育成を目指します。


モバイル表示

PC表示