グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:吉村 文彦

氏名
吉村 文彦(YOSHIMURA Fumihiko)
出生年月
1974年3月
所属・職名
薬学部薬学科(医薬品製造化学分野) 准教授
薬学研究院(医薬品製造化学教室) 准教授(兼務)
電話番号
054-264-5740
部屋番号
薬学部棟6511号室
Eメールアドレス
fumi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://us-yakuzo.jp/

学歴

1996年3月 東北大学理学部化学科卒業
2002年3月 東北大学大学院理学研究科博士課程修了


学位

博士(理学)(東北大学・2002年)


専門分野

有機合成化学、天然物化学


担当科目

 


主要研究テーマ

・複雑な構造を有する生物活性天然物の全合成
・新規合成反応の開発


所属学会

日本化学会
日本薬学会
有機合成化学協会


主な経歴

2002年5月 米国スローン・ケタリング研究所 博士研究員
2004年4月 北海道大学大学院理学研究科 助手
2007年4月 北海道大学大学院理学研究院 助教
2017年5月 静岡県立大学薬学部 准教授


受賞歴

2006年 Asian Core Program Lectureship Award
2012年 第25回有機合成化学協会田辺三菱製薬研究企画賞
2014年 平成25年度日本化学会北海道支部奨励賞


主な社会活動

2004年~2016年 天然物化学談話会世話人


主要研究業績

○学術論文
“Synthesis of Aryl Amine Derivatives from Benzyl Nitriles via Electrocyclization of in Situ Generated N-Silyl Ketene Imines” Org. Lett., 18, 1630-1633 (2016).
“Nucleophilic Addition Reactions of Nitriles to Nitrones under Mild Silylation Conditions” Synlett, 25, 1863-1868 (2014).
“ゾアンタミンアルカロイドの化学合成“ 有機合成化学協会誌, 71, 124-135 (2013).
“Total Synthesis of Zoanthamine Alkaloids” Acc. Chem. Res., 2012, 45, 746-755.
“Stereocontrolled synthesis of carbocyclic compounds with a quaternary carbon atom based on SN2’ alkylation of γ,δ-epoxy-α,β-unsaturated ketones” Org. Biomol. Chem., 10, 5431-5442 (2012).
“Intramolecular Conjugate Addition ofα,β-Unsaturated Lactones Having an Alkanenitrile Side Chain: Stereocontrolled Construction of Carbocycles with Quaternary Carbon Atoms” Synlett, 23, 251-254 (2012).
“Synthetic Studies of the Zoanthamine Alkaloids: Total Synthesis of Zoanthenol Based on an Isoaromatization Strategy” Chem. Asian. J., 6, 922-931 (2011).
“Total Synthesis of Zoanthenol” Angew. Chem. Int. Ed., 48, 8905 (2009).
“Stereoselective SN2’ alkylation reaction sequence of theγ,δ-epoxy α,β-unsaturated ester system via γ,δ-chlorohydrin intermediates by the use of a R3Al–CuCN reagent” Tetrahedron Lett., 50, 5126-5129 (2009).
“Synthetic Studies of the Zoanthamine Alkaloids: The Total Syntheses of Norzoanthamine and Zoanthamine” Chem. Eur. J., 15, 6626-6644 (2009).
“Stereospecific interconversion of cis- and trans-γ,δ-epoxyα,β-unsaturated ester systems” Tetrahedron Lett., 49, 6991-6994 (2008).
“Palladium-Catalyzed Stereospecific Substitution ofα,β-Unsaturatedγ,δ-Epoxy Esters by Alcohols with Double Inversion of Configuration: Synthesis of 4-Alkoxy-5-hydroxy-2-pentenoates” Angew. Chem. Int. Ed., 47, 750-754 (2008).
“Synthesis of the entire carbon framework of the kedarcidin chromophore aglycon” Chem. Commun., 3057-3059 (2007).
“Discovery of (E)-9,10-Dehydroepothilones through Chemical Synthesis: On the Emergence of 26-Trifluoro-(E)-9,10-dehydro-12,13-desoxyepothilone B as a Promising Anticancer Drug Candidate” J. Am. Chem. Soc., 126, 10913-10922 (2004).
“Synthesis and Conformational Analysis of (E)-9,10-Dehydroepothilone B: A Suggestive Link between the Chemistry and Biology of Epothilones” Angew. Chem. Int. Ed., 42, 2518-2521 (2003).
“Complex Target-Oriented Total Synthesis in the Drug Discovery Process: The Discovery of a Highly Promising Family of Second Generation Epothilones” J. Am. Chem. Soc., 125, 2899-2901 (2003).
“A Direct and Efficient α-Selective Glycosylation Protocol for the Kedarcidin Sugar, L-Mycarose: AgPF6 as a Remarkable Activator of 2-Deoxythioglycosides” Angew Chem. Int. Ed., 40, 946-949 (2001).
“Synthetic study of kedarcidin chromophore: atropselective construction of the ansamacrolide” Tetrahedron Lett., 40, 8281-8285 (1999).

○著書(分担)
“天然物合成で活躍した反応”、有機合成化学協会編、化学同人、pp8-9他8章 (2011).
“ゾアンタミンアルカロイドの全合成研究”、北泰行監修、シーエムシー出版、pp191-212 (2009).


教育・研究に対する考え方

教育:薬の活性や物性を化学構造レベルで理解するためには、有機化学の素養が重要となります。論理性を重視した授業と実験を通して有機化学の理解を深め、社会で活躍できる薬剤師・創薬科学者の育成に努めます。
研究:複雑な構造をもつ天然物の全合成とそのために必要な新規合成反応の開発を通して、静岡から最先端の有機合成化学を発信したいと考えています。また、その過程で、学生に研究の楽しさと厳しさを伝えたいと思っています。


モバイル表示

PC表示