グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
石川 紀子(ISHIKAWA Noriko)
所属・職名
看護学部看護学科(母性看護学) 准教授
看護学研究科(助産学) 准教授(兼務)
Eメールアドレス
n.ishikawa(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1999年3月 明治学院大学社会学科卒業
2002年3月 明治学院大学社会学研究科社会学専攻博士前期課程修了


学位

社会学修士(明治学院大学・2002年)


専門分野

母性看護学・助産学


担当科目

【学部】対象の理解Ⅲ、母性看護学Ⅱ、母性看護学演習、母性看護学実習、看護統合セミナーⅡチーム医療、発展看護実習Ⅰ・Ⅱ
【大学院】助産学特論B-Ⅰ


主要研究テーマ

・中堅助産師の現任教育に関する研究
・助産外来におけるルーブリック評価票の運用に関する研究
・妊娠・出産の医療化に関する研究
・周産期医療における医師と助産師の協働、チーム医療に関する研究


所属学会

日本母性衛生学会
日本助産学会
日本母子看護学会
東京母性衛生学会
日本看護評価学会
日本看護管理学会


主な経歴

1985年4月~恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター愛育病院勤務 
茨城県立大学非常勤講師、東京大学母性看護学非常勤講師、慶応義塾大学非常勤講師
2017年4月~静岡県立大学看護学部 准教授


主な社会活動

日本助産評価機構理事
東京母性衛生学会理事
日本母子看護学会理事
日本分娩監視研究会常任幹事
日本母体救命システム普及協議会(J−CMELS)認定委員会委員


主要研究業績

○学術論文
・「30歳代初産婦の妊娠・出産に対する意識調査 —20歳代初産婦との比較を通してー」日本母性衛生学会機関誌、2000年3月
・「院内助産システムにおける医師と助産師の恊働」日本周産期新生児学会学会誌 111-113. 2014年

○著書
・「在日外国人の母子保健 第7章在日外国人の出産現場からー愛育病院における実際」医学書院 89−98.1988年
・「新生児のフィジカルイグザミネーション」助産師のためのフィジカルイグザミネーション 医学書院 115-130.2008年4月
・「助産学講座10 第4章病産院における助産業務管理 産科外来における助産管理」日本看護協会出版会 2010年〜
・「助産実践能力習熟段階活用ガイド 第4章クリニカルラダーにおける総合評価 日本看護協会出版会 60−67. 2013年
・「手術室での夫の立ち会い」ペリネイタルケア春季増刊号、メディカ出版272-277.2013年
・「ハイリスク妊娠のマタニティケアプラン」ペリネイタルケア夏季増刊号 メディカ出版 76-86.2014年
・ 助産業務要覧第2版 実践編産褥期のケア「第4章 助産師の業務」日本看護協会出版会 117-134.2015年2月
・「助産実践能力習熟段階ステップアップ研修と総合評価」医学書院151-184.2015年4月
・ 臨床助産テキスト妊娠第1巻「エコー中の悪心・嘔吐」「妊婦の喘息発作」メディカ出版 152-157,158-163 2016年
・「実践例③麻酔分娩学級」メディカ出版 30-35, 2017年


教育・研究に対する考え方

教育での実践的な知識が知恵となり臨床現場に活用できる研究を心がけていきたいと考えています。
助産師であることに誇りがもてるような自立した助産師を養成する助産教育を目指しています。臨床現場と協力し、学生と共に学び、妊産婦とその家族中心の助産ケアと助産師の専門性を追求していきたいと思います。


モバイル表示

PC表示