グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
名倉 一美(NAGURA Kazumi)
所属・職名
短期大学部こども学科 助教
Eメールアドレス
k-nagura(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

1998年3月 群馬大学 教育学部 卒業
2009年3月 静岡大学大学院 教育学研究科 修了


学位

修士(教育学)


専門分野

保育学


担当科目

幼児理解、人間関係と援助技術、教育実習指導、保育実習指導、保育・教職実践演習、卒業研究


主要研究テーマ

・幼児の集団づくりにおける保育者の指導・援助
・発達の気になる幼児の集団生活における保育者の指導・援助
・保育者の専門性に関する研究


所属学会

日本保育学会、日本乳幼児教育学会、日本保育者養成教育学会、日本発達心理学会、こども環境学会、日本教育福祉学会、日本こども学会


主な経歴

1998年4月 磐田郡浅羽町立浅羽南幼稚園 教諭
(1999年4月から1年間、社会福祉法人三宝会ルンビニ保育園)
2002年4月 磐田郡浅羽町教育委員会 (2005年3月まで)
2008年4月 静岡福祉会こぐま保育園 臨時保育士
2009年4月 浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科 助教
2011年4月 同上 専任講師
2013年4月 同上 准教授
2017年4月 静岡県立大学短期大学部 助教  現在に至る


主な社会活動

H29年度  社会福祉法人 みんなの森福祉会 評議員
H29年度  社会福祉法人 三宝会 評議員
H27年度~ 静岡県子育て支援員研修 講師


主要研究業績

学術論文等:
○再就職保育士の実態と復職要因に関する調査―静岡県西部地区保育所のアンケート調査結果を手掛かりにして―、浜松学院大学紀要、第12号、pp.45-58、2016
○幼児教育における「協同」的な経験の定義と目的・目標について-保育内容「人間関係」のテキスト分析から―、浜松学院大学教職センター紀要、第5号、pp.57-72、2016
○保育現場における自閉症児の対人関係の発達支援について-保育者との情動的交流遊びによる愛着形成-、保育士養成研究、第27号、pp.19-28、2010
著書:
○保育内容「人間関係」 第7章 特別な支援を必要とする幼児と他の幼児が共に育ちあうためのかかわり、(株)みらい、pp.77-86、2013


教育・研究に対する考え方

子どもの目線に立ち、なぜ?どうして?と考えながら、いつでも創意工夫ができる保育者を目指してほしいと願っています。そのために大切なのは、実践と理論を結びつける“気づき”です。その気づきのきっかけとなるような、教育や研究を目指しています。


モバイル表示

PC表示