グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
小林 佐知子(KOBAYASHI Sachiko)
所属・職名
短期大学部こども学科 教授
Eメールアドレス
kobayashi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2002年3月 名古屋大学教育学部人間発達科学科卒業
2004年3月 名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士前期課程 修了
2007年3月 名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士後期課程 単位取得後退学


学位

心理学博士(名古屋大学・2008年)


専門分野

心理学


担当科目

教育心理学、保育の心理学Ⅰ、発達と老化Ⅰ、心のしくみ、乳幼児・児童の心理、保育・教職実践演習、卒業研究


主要研究テーマ

・子どもの発達初期における親のメンタルヘルスの影響
・発達の遅れや偏りがある子どもへの支援
・子育ての動機づけ


所属学会

日本発達心理学会、日本教育心理学会、日本心理臨床学会、日本児童青年精神医学会、日本小児保健学会


主な経歴

2003年5月 名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター 技術補佐員
2007年10月 名古屋市立大学人文社会学部 非常勤講師
2011年4月 名古屋大学発達心理精神科学教育研究センター 技術補佐員(臨床研究助手)
2012年4月 大垣女子短期大学総合教育センター 准教授
2017年4月 静岡県立大学短期大学部こども学科 教授


主な社会活動

2011年 愛知県小牧市母子保健協議会委員(2014年3月まで)
2016年 岐阜県大垣市地域創生総合戦略推進委員(2017年3月まで)


主要研究業績

<主要学術論文>
1.小林佐知子、乳幼児をもつ母親のソーシャル・サポートと抑うつ状態との関連、小児保健研究、67(1)、p96-101、2008
2.小林佐知子、乳児をもつ母親の抑うつ傾向と夫からのサポート、ストレスへのコントロール可能性との関連、発達心理学研究p189-197、20(2)、2009
3.小林佐知子、児童の抑うつ傾向と日常ストレッサー、ソーシャルサポートとの関連、児童青年精神医学とその近接領域、50(5)、p526-533 2009
4.小林佐知子・北川朋子、母親の抑うつ状態に対するマスタリーの効果:ストレスへの対処とマスタリーとの関連性に着目して、発達心理学研究、20(4)、 p373-381、2009
5.西野泰代・小林佐知子・北川朋子、日常ストレッサーが抑うつ傾向に及ぼす影響と自己価値の役割についての縦断研究、パーソナリティ研究、17(2)、p133-143、2009
6.西野泰代・小林佐知子・北川朋子、高学年児童の抑うつに対する社会環境の影響と自己価値の役割、心理学研究 80(3)、p252-257、2009
7.小林佐知子・永田雅子・松本真理子・小松尚、心理面接室の改修に伴う面接者の空間イメージの変化と物理的要因の意味について、名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学)、59、p71-79、2012
8.小林佐知子・森山雅子・長谷川有香・丸山笑里佳・小山里織、乳児をもつ父親の育児・家事行動と子どもの気質および育児困難感との関連、小児保健研究 71(3)、p386-392、2012
9.小林佐知子・小山里織、乳児期における父親の抑うつ傾向と関連要因、児童青年精神医学とその近接領域55(2) p189-195、2014
10.小山里織・森山雅子・小林佐知子・長谷川有香・丸山笑里佳、父親と母親のsensitivityの発達と育児行動の関連:妊娠期から生後4ヶ月までの縦断的研究、小児保健研究、 73(5) p680-699、2014
<著書>
「助産学講座第4版 母子の心理・社会学」 医学書院 東京 村瀬聡美・我部山キヨ子(編) ①第1章第2節「流産、死産の悲嘆反応」 p49-52、②第2章第5節「多胎児の子育て」 p117-120


教育・研究に対する考え方

人の生涯発達において、乳幼児期の養育環境はとても重要なものです。研究面では、親支援を含めて子どもの適切な発達支援のあり方について考えていきたいと思います。教育面では、一人一人の子どもを包み込むようなあたたかい心と、子どもの能力や発達状態を的確に捉える力をもった保育者を育成したいと思います。


モバイル表示

PC表示