グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
渡邉 貴之(WATANABE Takayuki)
出生年月
1972年6月
所属・職名
経営情報学部経営情報学科 准教授
経営情報イノベーション研究科 准教授(兼務)
Eメールアドレス
watanat(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://pana4405.u-shizuoka-ken.ac.jp/
研究シーズ集
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/file/132twatanabe.pdf

学歴

1995年3月 静岡大学工学部光電機械工学科卒業
1997年3月 静岡大学大学院工学研究科光電機械工学専攻修士課程修了
2000年3月 静岡大学大学院電子科学研究科博士後期課程修了


学位

博士(工学)(静岡大学・2000年)


専門分野

計算機援用工学、電子設計自動化、並列分散処理、数値シミュレーション


担当科目

【学部】情報リテラシⅠ・Ⅱ、ネットワーク管理、プログラミング3、プログラミング4、情報工学実習
【大学院】計算機援用工学特論、シミュレーション特論


主要研究テーマ

・実装設計用シミュレーション技術に関する研究
・並列計算アルゴリズムに関する研究
・ネットワーク分散システムに関する研究


所属学会

IEEE
電子情報通信学会(常任査読委員)
情報処理学会
エレクトロニクス実装学科
信号処理学会


主な経歴

1998年4月 日本学術振興会 特別研究員 DC2
2000年4月 静岡県立大学 経営情報学部 助手
2004年3月 米国ジョージア工科大学 客員研究員
2004年3月 (社)電子情報通信学会 学術奨励賞
2004年12月 (財)浜松電子工学奨励会 高柳研究奨励賞
2005年4月 静岡県立大学 経営情報学部 講師
2008年4月 静岡県立大学経営情報学部准教授 現在に至る


主な社会活動

 


主要研究業績

○雑誌論文・主要国際会議
1). Takayuki WATANABE and Hideki ASAI, "A Framework for Macromodeling and Mixed-Mode Simulation of Circuits/Interconnects and Electromagnetic Radiations," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. 86-A, No. 2, pp. 252-261, Feb. 2003.
2). Takayuki WATANABE and Hideki ASAI, "Macromodel Generation for Hybrid Systems Consisting of Electromagnetic Systems and Lumped RLC Circuits Based on Model Order Reduction," IEICE Trans. on Fundamentals, Communications, Vol. E87-A, No.2, pp.398-405, Feb. 2004.
3). Takashi MINE, Hidemasa KUBOTA, Takayuki WATANABE and Hideki ASAI, "An Efficient Simulation Method of Linear/Nonlinear Mixed Circuits Based on Hybrid Model Order Reduction," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E87-A, No.9, pp.2274-2279, Sept. 2004.
4). Yuichi TANJI, Masaya SUZUKI, Takayuki WATANABE, and Hideki ASAI, "New Criteria of Selective Orthogonal Matrix Least-Squares Method for Macromodeling Multiport Networks Characterized by Sampled Data," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E88-A, No.2, pp.524-532, Feb. 2005.
5). Takayuki Watanabe and Hideki Asai, "Modeling of Power Distribution Networks with Signal Lines for Spice Simulators," Proc. ISCAS2005 (IEEE International Symposium on Circuits and Systems), Kobe, Japan, May 2005.
6). Takayuki WATANABE, Yuichi TANJI, Hidemasa KUBOTA, and Hideki ASAI, "Parallel-Distributed Time-Domain Circuit Simulation of Power Distribution Networks with Frequency-Dependent Parameters," Proc. of ASP-DAC2006 (IEEE/ACM 11th Asia and South Pacific Design Automation Conference), Jan. 24, 2006.
7). Yuichi TANJI, Takayuki WATANABE, Hidemasa KUBOTA, and Hideki ASAI, "Large Scale RLC Circuit Analysis Using RLCG-MNA Formulation," Proc. DATE2006 (IEEE/ACM Design Automation and Test in Europe), March 7. 2006.
8). Hidemasa KUBOTA, Yuichi TANJI, Takayuki WATANABE, and Hideki ASAI, "An Enhanced Time-Domain Circuit Simulation Technique Based on LIM," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E89-A, No.5, pp.1505-1506, May 2006.
9). 丹治裕一, 渡邉貴之, 久保田英正, 浅井秀樹, "緩和法を用いた大規模インターコネクト回路網の過渡解析" ,電子情報通信学会論文誌C分冊, 2006年11月
10). Takayuki WATANABE, Yuichi TANJI, Hidemasa KUBOTA and Hideki ASAI, "Fast Transient Simulation of Power Distribution Networks Containing Dispersion Based on Parallel-Distributed Leapfrog Algorithm," IEICE Trans. on Fundamentals, 2007年2月
11). Tadashi ISHIKAWA, Takayuki WATANABE, Hideki ASAI, "Application of Frequency-Dependent Transmission-Line Model to INDUCTWISE and Fast Transient Analysis," Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, pp.285-288, July 2007.
12). Yuichi Tanji, Takayuki Watanabe, and Hideki Asai, "Generating Stable and Sparse Reluctance/Inductance Matrix under Insufficient Conditions," Proc. of ASP-DAC2008 (IEEE/ACM 11th Asia and South Pacific Design Automation Conference), Jan. 22, 2008.
13). 渡部和雄, 湯瀬裕昭, 渡邉貴之, 鈴木直義, "4映像伝送型遠隔講義システムの社会人を対象とした大学院レベル少人数講座における評価", 教育システム情報学会誌, Vol.25, No.1, pp.44-53. 2008年4月
14). 渋沢良太, 渡邉貴之, 酒井美那, 湯瀬裕昭, 鈴木直義, "動作学習のためのe-Learningシステムの提案", 日本e-Learning学会誌, Vol.8, pp.49-55, 2008年5月
15). 渋沢良太, 渡邉貴之, 佐藤智子, 岡本恵理, 米桝誉洋, 湯瀬裕昭, 松浦博, 青山知靖, 鈴木直義, "客観的な指標に基づく触診型手技の学習支援システムの試作", 日本e-Learning学会誌, Vol.9, pp.64-73, 2009年5月
16). Yuichi TANJI and Takayuki WATANABE, "Generating Stable and Sparse Reluctance/Inductance Matrix under Insufficient Discretization," IEICE Trans. on Electronics Vol.E93-C No.3 pp.379-387, March 2010.
17). Takayuki Watanabe, Hideki Asai, "Equivalent Circuit Modeling of Multilayered Power/Ground Planes for Fast Transient Simulation", Proc. of DATE2010 (IEEE/ACM Design, Automation and Test in Europe), March 2010.

○著書
1).「ネットワーク社会の情報リテラシ」編者:渡部和雄、湯瀬裕昭、著者:鈴木直義、福田宏、武藤伸明、渡邉貴之、勝矢光昭、共立出版、平成14年4月
2).「電子回路シミュレーション技法」著者:浅井秀樹、渡邉貴之、科学技術出版、平成14年12月
3).「大学必修情報リテラシ」編者:渡部和雄、湯瀬裕昭、共著者:鈴木直義、福田宏、武藤伸明、渡邉貴之、小林みどり、池田哲夫、共立出版、平成21年4月


教育・研究に対する考え方

教育:狭い分野にとらわれず、何にでも興味を持ち、自発的・継続的にチャレンジする人材を育てたい。
研究:様々な分野の研究成果を最終的には結び付けることで、単独の分野を深く掘り下げることだけでは得られない成果を創出したい。


研究シーズ集に関するキーワード

CAD、CAE、EDA、回路とシステム、計算機シミュレーション、回路シミュレーション、実装設計、計算機システム・ネットワーク、遠隔作業支援、ICT


モバイル表示

PC表示