グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
桝谷 貴洋(MASUYA Takahiro)
所属・職名
薬学部薬学科(生薬学分野) 特任助教
薬学研究院(生薬学教室) 特任助教(兼務)
Eメールアドレス
t.masuya(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
ホームページアドレス(URL)
http://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~kenji55-lab/

学歴

2012年3月 京都大学農学部応用生命科学科卒業
2014年3月 京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻修士課程修了
2017年3月 京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻博士課程修了


学位

農学博士(京都大学・2017年)


専門分野

天然物化学、生物有機化学


担当科目

 


主要研究テーマ

天然物の生合成機構の解明


所属学会

日本農芸化学会
日本農薬学会


主な経歴

2015年4月 日本学術振興会特別研究員
2017年4月 静岡県立大学薬学部 特任助教


主な社会活動

 


主要研究業績

1. Masuya, T., Okuda, K., Murai, M. and Miyoshi, H. “Characterization of the reaction of decoupling ubiquinone with bovine mitochondrial respiratory complex I” Bioscience, Biosci. Biotechnol. Biochem. 80, 1464-1469 (2016).
2. Murai, M., Inaoka, H., Masuya, T., Aburaya, S., Aoki, W. and Miyoshi, H. “Specific methylation of Asp160 (49 kDa subunit) located inside the quinone binding cavity of bovine mitochondrial complex I” Biochemistry 55, 3189-3197 (2016).
3. Masuya, T., Murai, M., Morisaka, H. and Miyoshi, H. “Pinpoint chemical modification of Asp160 in the 49 kDa subunit of bovine mitochondrial complex I via a combination of ligand-directed tosyl chemistry and click chemistry” Biochemistry 53, 7816-7823 (2014).
4. Masuya, T., Murai, M., Ifuku, K., Morisaka, H. and Miyoshi, H. “Site-specific chemical labeling of mitochondrial respiratory complex I through ligand-directed tosylate chemistry” Biochemistry 53, 2307-2317 (2014).


教育・研究に対する考え方

多くのことにチャレンジしてみることが大切だと考えています。


モバイル表示

PC表示