グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


写真:田中 瑞己

氏名
田中 瑞己(TANAKA Mizuki)
出生年月
1983年7月
所属・職名
食品栄養科学部食品生命科学科(生物分子工学研究室) 助教
食品栄養環境科学研究院 助教(兼務)
電話番号
054-264-5548
部屋番号
食品栄養科学部棟5409号室
Eメールアドレス
mizuki.tanaka(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2006年3月 東北大学農学部生物化学科卒業
2008年3月 東北大学大学院農学研究科修士課程修了
2011年3月 東北大学大学院農学研究科博士課程修了


学位

博士(農学)(東北大学・2011年)


専門分野

応用微生物学、遺伝子工学、分子生物学


担当科目

食品生命科学実験Ⅲ、生物分子工学特論


主要研究テーマ

・麹菌の有用酵素遺伝子の発現制御機構
・酵素タンパク質高生産時における麹菌・酵母の細胞応答機構
・麹菌・酵母による有用タンパク質高生産


所属学会

日本生物工学会
日本農芸化学会
糸状菌分子生物学研究会


主な経歴

2009年4月 日本学術振興会 特別研究員
2011年4月 東北大学大学院農学研究科 博士研究員
2014年7月 東北大学大学院農学研究科 特任助教
2016年4月 東北大学大学院農学研究科 博士研究員
2017年4月 静岡県立大学食品栄養化学部 助教


受賞歴

2012年 日本農芸化学会東北支部若手奨励賞
2015年 日本農芸化学会東北支部奨励賞


主な社会活動

 


主要研究業績

○学術論文 (†Equally contributed)
1) Zhang S, Sato H, Ichinose S, Tanaka M, Miyazawa K, Yoshimi A, Abe K, Shintani T, Gomi K.
Cell wall α-1,3-glucan prevents α-amylase adsorption onto fungal cell in submerged culture of Aspergillus oryzae.
J. Biosci. Bioeng., in press.
2) Yokota JI, Shiro D, Tanaka M, Onozaki Y, Mizutani O, Kakizono D, Ichinose S, Shintani T, Gomi K, Shintani T.
Cellular responses to the expression of unstable secretory proteins in the filamentous fungus Aspergillus oryzae.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 101: 2437-2446, 2017.
3) Zhang S, Ban A, Ebara N, Mizutani O, Tanaka M, Shintani T, Gomi K.
Self-excising Cre/mutant lox marker recycling system for multiple gene integrations and consecutive gene deletions in Aspergillus oryzae.
J. Biosci. Bioeng., 123: 403-411, 2017.
4) Tanaka M†, Yoshimura M†, Ogawa M, Koyama Y, Shintani T, Gomi K.
The C2H2-type transcription factor, FlbC, is involved in transcriptional regulation of Aspergillus oryzae glucoamylase and protease genes specifically expressed in solid-state culture.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 100: 5859-5868, 2016.
5) Tanaka M, Shintani T, Gomi K
Unfolded protein response is required for Aspergillus oryzae growth under conditions inducing secretory hydrolytic enzyme production.
Fungal Genet. Biol., 85: 1-6, 2015.
6) Hiramoto T†, Tanaka M†, Ichikawa T, Matsuura Y, Hasegawa-Shiro S, Shintani T, Gomi K.
Endocytosis of a maltose permease is induced when amylolytic enzyme production is repressed in Aspergillus oryzae.
Fungal Genet. Biol., 82: 136-144, 2015.
7) Suzuki K†, Tanaka M†, Konno Y, Ichikawa T, Ichinose S, Hasegawa-Shiro S, Shintani T, Gomi K.
Distinct mechanism of activation of two transcription factors, AmyR and MalR, involved in amylolytic enzyme production in Aspergillus oryzae.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 99: 1805-1815, 2015.
8) Ugai T, Minami A, Fuji R, Tanaka M, Oguri H, Gomi K, Oikawa H.
Heterologous expression of highly reducing polyketide synthase involved in betaenone biosynthesis.
Chem. Commun., 51: 1878-1881, 2015.
9) Tagami K, Minami A, Fujii R, Liu C, Tanaka M, Gomi K, Dairi T, Oikawa H.
Rapid reconstitution of biosynthetic machinery for fungal metabolites in Aspergillus oryzae: Total biosynthesis of Aflatrem.
ChemBioChem., 15: 2076–2080, 2014.
10) Ichinose S†, Tanaka M†, Shintani T, Gomi K.
Improved α-amylase production by Aspergillus oryzae after a double deletion of genes involved in carbon catabolite repression.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 98: 335–343, 2014.
11) Tanaka M, Tokuoka M, Shintani T, Gomi K.
Transcripts of a heterologous gene encoding mite allergen Der f 7 are stabilized by codon optimization in Aspergillus oryzae.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 96: 1275-1282, 2012.
12) Tanaka M†, Sakai Y†, Yamada O, Shintani T, Gomi K.
In silico analysis of 3'-end-processing signals in Aspergillus oryzae using expressed sequence tags and genomic sequencing data.
DNA Res., 18: 189-200, 2011.
13) Tokuoka M, Tanaka M, Ono K, Takagi S, Shintani T, Gomi K.
Codon optimization increases steady-state mRNA levels in Aspergillus oryzae heterologous gene expression.
Appl. Environ. Microbiol., 74: 6538-6546, 2008.

○総説
1) Tanaka M, Tokuoka M, Gomi K.
Effects of codon optimization on the mRNA levels of heterologous genes in filamentous fungi.
Appl. Microbiol. Biotechnol., 98: 3859–3867, 2014 (Invited review).
2) 田中瑞己, 徳岡昌文, 五味勝也
麹菌における異種遺伝子 ORF 内への異常 poly(A) 付加による nonstop mRNA 生成
バイオサイエンスとインダストリー, 66(3), 135-139, 2008.

○著書
1) Tanaka M, Gomi K.
Strategies for increasing the production level of heterologous proteins in Aspergillus oryzae.
Microbial production: From genome design to cell engineering, Chapter 14, 149-164, 2014.
2) 田中瑞己, 五味勝也
麹菌を宿主とした異種タンパク質の分泌生産
微生物を活用した新世代の有用物質生産技術, シーエムシー出版, 115-123, 2012.


教育・研究に対する考え方

真核微生物(カビ・酵母)の細胞応答機構・遺伝子発現制御機構を分子レベルで解明し、タンパク質生産を中心とした高度利用への応用を目指した研究を展開する。
研究の面白さを理解し、論理的思考力を持つ人材を育成することを目標とする。


モバイル表示

PC表示