グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



静岡県立大学教員データベース


教員情報詳細


氏名
後藤 隆昭(GOTO Takaaki)
所属・職名
言語コミュニケーション研究センター 特任講師
Eメールアドレス
t-goto@u-shizuoka-ken.ac.jp

学歴

2007年 シドニー大学メディア実践学課程卒業
2011年 熊本大学社会文化科学研究科博士後期課程文化学専攻英語教授学領域修了

学位

文学博士(熊本大学・2011年)

専門分野

英語コミュニケーション、英語教育、応用言語学

担当科目

Freshman English、TOEIC英語、Listening、基礎英語、検定英語、英語購読、英語コミュニケーション

主要研究テーマ

  • 地域発信英語プログラムの開発
  • 英文多読
  • ジャンルに基づく英語教育
  • ピア・リーディング
  • クリエイティブ・ライティング

所属学会

大学英語教育学会
全国英語教育学会

主な経歴

2011年 熊本大学社会文化科学研究科非常勤講師
2011年 熊本保健科学大学共通教育センター非常勤講師   
2017年 静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター特任講師

受賞歴

2009年 時事英語学会奨励賞

主な社会活動

地域連携の英語発信活動
図書館連携の英文多読活動

主要研究業績

○学術論文
  • 後藤隆昭(2010)「英文ライティングにおけるジャンル分析方法論の比較研究」『熊本大学社会文化研究8』熊本大学大学院社会文化科学研究科、pp. 179-187.
  • 後藤隆昭(2011)「大学英語教育における地域発信ライティング授業に関する研究—現状と課題—」『熊本大学社会文化研究9』熊本大学大学院社会文化科学研究科、pp. 185-198.
  • Goto, T. (2011). Reviewing the First Trial of Kumamoto Reporting Project. Proceedings of The JACET50h Commemorative International Convention. pp. 274-277.
  • 後藤隆昭(2011)「コーパスに基づく英文記事の特徴語分析に関する研究—英文ライティング活動に向けてー」『Media, English and Communication』第1号、pp. 57-71.
  • Goto, T. (2012). Utilizing Specific Tasks for Multiple Reporting Projects. On Task 2 (2), The JALT Task-Based Learning SIG, pp. 83-87.
  • Goto, T. (2013). Exploring Students’ Learning Attitudes to Recording Shadowing Practice in LL and PC Classrooms. International Journal of Social and Cultural Studies 6, Kumamoto University, pp. 25-33.
  • 後藤隆昭(2013)「学習者企画実践活動による意識変化の探究—「英語ニュース・ワークショップ」を導入してー」『日本教育工学会報告集』JSET13-5、pp. 25-30.
  • Goto, T. (2013). Generating Synergetic Effects on Extensive Reading through Supportive Activities. In Toyota, M. & Kikuchi, S. (eds.) (2013). New horizons in English language Teaching: Language, Literature and Education Selected Papers from the Kansai Gaidai IRI Forum (pp.101-119). Japan: Kansai Gaidai University.
  • 後藤隆昭(2015)「『地域発信英語プロジェクト』の実践報告」『日本教育工学会報告集』JSET15-1、pp. 565-568.
  • 後藤隆昭(2016)「英字新聞記事多読における学習者の情意面の変化に関する研究」『熊本大学社会文化研究14』熊本大学大学院社会文化科学研究科、pp. 109-122.
  • 後藤隆昭(2017)「多読参加者が問題として考えることの研究」『第43回全国英語教育学会島根研究大会発表予稿集』全国英語教育学会、pp. 362-363.
  • 後藤隆昭(2017)「生徒をひきつける多読授業の展開」『英語教育2017年11月号』第66巻、第9号、pp. 28-29.
  • 後藤隆昭(2017)「『ビブリオ・トーナメント』における学習者の振り返りレポートの探求」『日本教育工学会報告集』JSET 17-4、pp. 45-50.
  • 後藤隆昭(2018)「英文ライティングのための『ピア・リーディング』に関する研究―学習者は『ピア・リーディング』から何を学ぶのか―」『国際関係・比較文化研究』静岡県立大学国際関係学部、第16巻、第2号、pp. 39-51.

教育・研究に対する考え方

Whatever you can do or dream you can, begin it. Boldness has genius, power and magic in it.

モバイル表示

PC表示